人気ブログランキング |

不正選挙の実態は、暴力団ビジネス。

自民関係者からの第2弾として、不正選挙は2006年から
山口組などの暴力団ビジネスである事が判明した。
票は金で買って都議なら内田、堺は西村公認を得るのだが、払えない議員候補は
保険をかけ、後で暴力団が資金回収する仕組みだ。
小池は笹川財団をバックにつけ、選挙を金で買った。
猪瀬、舛添と投票グラフが相似形だら、解りやすい。

自民別働隊、維新は馬場を通じて行われていた。
補填分は官房長官と安倍だけが機密費を管理できるから、そこから補填した。
元を正せば国民の血税だ。これは、超党派で行われている。
どうりで議員から不正選挙の話があまり出ない訳だ。
これに、日本会議北朝鮮議員人脈、カルト統一教会、創価選管、警察が協力して
行われていた。

今は終了悪魔崇拝戦争屋は、最後の金ヅル日本だけが頼りだ。
だが、良識ペンタゴン、NSA、CIA、FBIは、昨年から壊滅計画を練っていた。
それには、悪魔崇拝カバール側のCIAやFBI、NSAなど身内の膿みも一緒に出す必要がある。
同じく手先の大手クズメデイアの摘発も必要だから、
今回の発覚でどう報道するか見ている。もちろん警察トップの動きもだ。
さすがに、安倍が命令して沖縄女性殺害の警備にあたらせる予定の警官を、
辺野古工事に護衛に向かわせて、あろう事か沖縄市民の首を絞め、
全世界に流れたのは、不味かった。

今回の山口組分裂で、既に日本会議サイコパスナチ北朝鮮人脈は、
全世界に暴力団と癒着し、民事主義を踏みにじった事がはっきりと
ばれた。カバールの逃げるところは無い。


https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115046
by forceyoshi | 2016-08-05 20:52 | 事件、事故
<< テロ準備対策法と名を変えた共謀... 不正選挙手口 追加情報 >>