人気ブログランキング |

カテゴリ:エンタメ( 37 )

道重さゆみ、宿命公演

約半年振りの道重さゆみ、宿命公演に
行ってきた。
今回で3回目である。
本人はさんまの番組で、チケットが売れてないからバラエティに出たと言っていたが、
それはバラエティ用の嘘である。

実際は、平日以外は完売、平日も一般販売で
完売。
取れたのはラッキーだった。
会場は、またコットンクラブ 。
この会場は、本来ジャスが得意な小さい会場だがレイアウトがよく考えられていて、どの席でも近い距離で観れる。

前回は、SFファンタジー仕立てだったが、
今回は日常的なコンセプトアルバムぽく
マジックは少なめ、
全体がミュージカルのような組曲構成だ。

しかも、全て新曲でほぼ休みなく、
さらに歌とダンスは上手くなっていた。
特に難しい高音部でも、きっちり出し
切っていた。
さらに、また若がえっていた。
多分世界に数%しかいない
歳とらない族の一員からかもしれん。

楽曲は、どれもメロディラインがきれいで
つんく、大久保、大森らの
競作だ。
他の共演者、元ベリーズ工房清水佐紀 、前回同様北林明日香 、堀江葵月らが、
いろんな役柄を演じて絡んでくる。
MCコーナーは、相変わらず絶妙なキレの
あるトーク力だ。
これから、大阪公演があるが観れる人は
是非観て欲しい。
オリジナル曲がどんどん増えているので、近い将来
是非、武道館単独公演もやって欲しい。
元°C-uteの鈴木愛理は、いち早く武道館公演を
決めたが、さゆみんも充分できると思う。



by forceyoshi | 2018-04-19 05:14 | エンタメ

道重さゆみ 再生公演に行ってきた

先程、道重さゆみ再生公演に行ってきた。
先ず、東京駅周辺はまるで変わっていた。
新宿経由中央線で行ったが
雨が降っていたので、一旦丸ノ内線側まで地下を降りて左に向かう。
そこには、変貌した地下街ができていた。
三叉路みたいになってるので、斜め左に向かう。
分からなかったら、ガードマンがいるので聞くといい。
すると、あの名古屋味噌トンカツの「矢場とん」があった。
そのまま歩くと商業施設TOKIAがあるので、中のエスカレーター
で登り地上に出て、さらにエスカレーターで二階に行けば
コットンクラブだ。ここは、ブルーノート系で本来ジャズライブが主の
落ち着いた空間だ。スペース的には、割とコンパクトで横に広い。
と言うことは、アーティストに非常に近い。前の席は、テーブルはないが更に近い。
私が一般販売ダメで、チケキャンでようやくゲットした席は、
4人がけのbox指定席だった。
しかも、中側で後から美女が来ると言う偶然まであった。
因みに親父率は非常に高いが、若い女性率も同じくらい高い。
男性は昔からのさゆみんファンで、女性はモーニング娘。14辺りのファンが
多いのではないかと思う。
尚、私はノーネクタイのスーツで行ったが服装はカジュアルで大丈夫。
例のさゆみんTの人もたくさんいるし。

ほぼ、定刻で始まったさゆみんの公演は、モーニング娘。14の時より若返っていて
かつ、非常にアクティブだった。
プロジェクトマッピングを駆使し、全くわからない速さのイリュージョン有り、
客席の間を走るパフォーマンスもある。
これは、コットンクラブだからこその演出で、こんなに近くで見れる場所は
そうそうない。
ソファーや椅子に座って優雅に観れるのは、立ち見のライブハウスとは違う。

で、さゆみんは格段に進化していた。内容はこれから見る人のため言わないが
歳をとらない種族なのか若返ったのはもちろん、健康的で自分の世界観を表現する力と
キレキレのダンス、よく伸びる歌声。凝った新曲も完璧に踊り歌いきった。
特にアカペラで歌う所は、さゆみんファンなら進化を実感できるだろう。
可愛さも圧倒的で、無敵は本当だった。
終わりの方はさゆみん得意のMCがあり、これまたさゆみん節全開で
面白い。マジックな時間はあっという間に過ぎる。
最後に会場を走り挨拶をするけど至近距離のさゆみんは、
目がキラキラしてた。
さゆみんファンは、その進化をコットンクラブの優雅さの中
かなり近い距離で見れるから、一度は、なんとかチケットゲットして
行った方がいいだろう。
大阪付近の人は、これから大阪公演もあるので楽しみに。


by forceyoshi | 2017-04-02 00:42 | エンタメ

道重さゆみと言う女神の再生

さゆみんこと、道重さゆみが約2年ぶりに再生した。
ファンは、この日をいかに待っていただろう。
しかも、可愛さがさらに増し、美しさが加わりまさに現代の女神と言って良いだろう。
客感的に見ても、アイドル界では別格な
存在となった。
「インフルエンサー」である。
コットンクラブのチケットは早々に売り切れ、一般販売も回線がダウン。
残念ながらイープラスからのチケットは
取れなかった。
だが、ファン思いのさゆみんの事、必ずアンコール公演をやってくれるだろう。
定期公演化してくれた方が、さらに良い。
後は、DVD化すれば良い。写真集も是非出して
欲しい。
新曲も大森靖子、田中ヤスタカらさゆみんファンが書いてるので
心配ない出来だと思う。
先ず、さんまのヤンタンで復帰しそこにテレビも
セッティングして、さらに木村拓哉迄遭遇させる
力技は、なかなかだと思う。
さゆみんの美貌同様、トークのキレも冴え渡っていた。返しの速さ、声の可愛らしさもさらに磨きがかかかっていた。癒しませんのセクハラコーナーでは
敢えてセクシーさを封印して答えたのも良い。
今後バラエティオファーも来るだろうけど、
変に弄り、タダのいじめにしか見えない
お笑いのクズ番組には一切出る必要はない。
視聴者はとっくに離れている。
情熱大陸、アナザースカイ、徹子の部屋など
出てより良くなる番組なら良いだろう。
「可愛さ」と言う世界標準を作り出した
さゆみんなら新たなステージが待っている。
パフォーマーとプロデューサー。
さゆみん、再生おめでとう。

by forceyoshi | 2017-03-20 04:42 | エンタメ

道重さゆみ再生、ワクワクしかない!

道重さゆみがモーニング娘。卒業後、鞘師りほ、鈴木香音と言った
二人の重要メンバーが抜けていった。
これは予期してないことなので、相当のファンがショックだったはずだ。
健気にパフォーマンスしている現モーニング娘。のメンバーもだ。

同時期スマイレージ改めアンジュルムは、佐々木莉佳子、上国料萌衣と言った
圧倒的ビジュアル良し、歌良しのメンバーが入り、中島卓偉という天才ロッカーの
作詞作曲、和田彩花リーダーの可愛いだけでないカッコいいパフォーマンスで
グングン成長して行った。
それは良いのだが、今度は全員が歌もダンスもうまく可愛い奇跡のグループ
°C-uteが来年で解散という古参のハロオタにはダメージが大きいことが続いた。

で、さゆみんの最後のブログ、「道重再生、いつの日か」の文面に
わずかな希望を持ち、時々コメントして復帰を願っていた。

そして、卒業2年後に合わせ階差数列と縦読み暗号を組み込んで、
突如、ブログを再開した。
ブログだけで、こんな演出をするのが頭の良いさゆみんだ。
当然、半分寝てたさゆみんファンは、叩き起こされた。
それに加え、これまた全員可愛いカントリーガールズのサブリーダー、
真性さゆみんオタの山木梨沙ちゃんが、さゆみんの行動を
巡礼トレースすると言う事を、忙しいのにやってのけ
益々ヒートアップさせてくれた。

ブログでさゆみんは、新たなパフォーマンスをやると書いた。
それは、随時発表される。
久しぶりに、ワクワクしかない。

これは、圧倒的存在感を見せつけた宇多田ヒカル、
キングクリムゾン以来だ。
by forceyoshi | 2016-11-27 05:18 | エンタメ

鈴木香音と泡沫サタディナイト

さゆみん事、道重さゆみが卒業後1年でセンターの鞘師里保が抜け、それから2ヶ月で
鈴木香音の卒業が発表された。
いくらメンバーチェンジを繰り返し進化するといっても、
多すぎる。これでは、ファンはともかく一般人は誰がいるのか認識しづらいだろう。
実際、世間的には鈴木香音と佐藤優樹くらいだ。
さゆみんが卒業した時から、応援する気持ちは半減したが、
鈴木香音と佐藤優樹は、音楽的スキルが高く可能性は相当ある。
りほりほの時もそうだが、メンバーを本当に大事にし化けさせたいなら
消耗品扱いはやめる事だ。個人に対してのパワハラもどきの注意もだ。
それと、歌が基本なのにサーカスまがいの危険なアクロバットとか
ハイヒールによる足の怪我とか方向性がずれている。
本当は辞める気が無かった香音ちゃんを、辞める決断をさせてしまったのは
何かをよく考えたほうが良い。
本当に長続きしているグループは、滅多にメンバーチェンジをしない。
若しくは、個人が突出しているグループだ。
ファンはグループやメンバー個人は好きだろが、イコール事務所を
好きでは無い。ネットでの評判通りだ。
幸い「赤い公園」が作った「泡沫サタディナイト」は文句無く
昔のファンも聴くようなノリの良い良い曲だ。
香音ちゃんもラストにして美味しいところをもらっている。
香音ちゃんは福祉の道と言っているが、今の活動も
多くの人を元気にする。いつでも戻っておいで。
by forceyoshi | 2016-05-14 01:36 | エンタメ

新生モーニング娘。

さゆロス中だが、さゆみんは頃合いを見計らい復帰するだろう。
ブログのコメントが定期的に増えてるからだ。
で、新生モーニング娘。だが、さゆみんが育てたメンバーは、
確実に成長していると言っていいだろう。
特に12期が入って、刺激を受けたはずだ。
中でも佐藤優樹、まーちゃんは、自らPC、やミキシング機材、楽器を駆使して
作曲をしている。これは、モーニング娘。に入ってからやっているとの事だから
相当な腕になっいるはずだ。今は曲を貯めている段階だろう。
もちろん、歌もビジュアルも進化している。
これは、12期の英語はペラペラ、ピアノの腕も凄腕、歌もダンスもうまい
ちぇる事、野中美希が加入してきたから、刺激を受け覚醒したとも言える。
まーちゃんが、どんな曲を作ってくるか、それにちぇるがどう言う音楽的ハーモニーを
奏でるか非常に楽しみだ。
過去、アイドルグループが自ら単なる人形では無く。自ら曲作りをする事は
あまり無かった。だから、可能性を感じる。
二人とも絶対音感の持ち主だが、他にも鈴木香音、小田さくらもそうだ。
この二人は鞘師里穂と並んで天才的歌唱力の持ち主だ。
今は、集団パフォーマンスで売っているが、本来音楽そのもので
勝負すべきだ。コンサートでは、ダンスは重要かもしれんが
CDでは、音楽を聴くのだ。
天才つんくが身をすり減らして今まで、バラエティーに富んだ曲を作ってきた。
そこで、つんくの負担を軽くし、まーちゃんとちぇるが曲作りに参加すると
本当の新生モーニング娘。になるだろう。
後は、プロデュースの負担を軽くする事たが、
つんく以上にメンバーを知っている人間が一人だけいる。
もちろん、それはさゆみん事、道重さゆみ、君の事だ。
by forceyoshi | 2015-04-22 05:44 | エンタメ

道重ソロはスタンダードになる

モーニング娘。14をひっばってきたリーダー、さゆみんこと道重さゆみが
11月に卒業する。最長在籍でいい時から下降線を、脱したのはさゆみんと
現場スタッフの力が大きい。卒業後は少し休業するとのことだが、
充電したら若いうちは、なるべく早く戻ってきた方がいい。

それ程、「シヤバダバドゥ~」の出来がいいからだ。
元々ウィスパーブォイスは、さゆみんに合っている。
ジャズ的アプローチを分解して、現代的にアレンジし直した
楽曲も新鮮でいい。
PV製作も非常に優れていて、これまたさゆみんのカワイサ1,000%を
うまく表現している。
レコードコレクター誌で、アイドル特集をしていたが今は、グループ全盛で
ソロが不在だ。だけど、一人でも大丈夫なさゆみんや吉川友、板野友美など少数だがいる。
ぜひ、さゆみんにはソロを出してもらいたい。

それと、アイドル好きで、モーニング娘。が大好きなさゆみんだから
できる仕事がある。それがプロデュースだ。
電通と組めば最強だろう。
多くのファンも望んでいるのではないか。
プロデューサーも年を取る。年齢の乖離が大きいと感性が違うことになる。
若い感性が一番必要なのが、アイドル業だ。今までキティ、コージーコーナー
さゆ丼など勝手に増殖するサユミンパワーは、こだわりの有るさゆみんだからできる。
タレントとしては、今までモー娘。のために我慢していたことを
全開放して良い。
by forceyoshi | 2014-10-17 02:33 | エンタメ

前田憂佳

前田憂佳ロスト症候群と言う病気がある。
スマイレージの初期メンの前田憂佳を推し、脱退と同時に
思いがさまようことになる病気だ。
モー娘。の亀井絵里と並んで復帰を待望しているファンも多い。
こちらが知ったのは、さゆみんこと道重さゆみのブログで
ゆーかりん「だいすきー」の写真をUPしたからだ。

この前のスマイレージ武道館コンサートに、
その前田憂佳ことゆーかりんが小川紗季こと佐吉と
コンサート会場に応援のため来ていた。
当然、ネットではファンの話題になりロスト症候群も
再燃することになる。
結成当初から、このグループはアイドルらしからぬ
会長の趣味で全員ショートカットにさせられたり
豚の格好をさせたりで本人たちの意向を全く無視した
酷い扱いだった。

そして佐吉を辞めさせたことが、エースゆーかりんの脱退につながった。
二期面とあやっちょ和田彩花とまろこと福田花音は、高い忍耐力と知性で
その間よく耐えた。
あやっちょの知性と理解力、想像力は彼女の著書
「乙女の絵画案内」でも垣間見える。
武道館コンサート後、あやっちょとゆーかりんは親友で
会ったそうだが、今まで大人の理不尽な扱いの中
頑張った友情は固い。
佐吉とともにゆーかりん揃ったスマイレージを是非また見たいものだ。
by forceyoshi | 2014-08-09 04:38 | エンタメ

ベリーズ工房

ベリーズ工房が、無期限停止を宣言させられたのかしたのか
とにかく発表した。
「普通アイドル10年やってられないでしょう」と言う
自虐曲を歌わせる方も、どうかしている。
MAXは、30代でも現役だぞ。
さゆみんもいないし、来年夏以降は寂しいハロコンになりそうだ。
ベリーズでは、何かとももちこと嗣永桃子が有名だが
菅谷梨沙子がダントツかわいい。
さゆみんと幾つかユニットを組んでいるので、ネットパトロールすれば
ロボキッスなど出てくるだろう。

さゆみんが自分でプロデュースするなら、かわいい子だけのグループを作って
かわいい歌を歌うと言っていたが、えり、れいなの6期ーずとともに
ゆーかりん、りさこ、あやっちょ、そしてさゆみんのユニットも
いいだろう。
ベリーズ自身も、固定ファンが付いているのだから
続けたいなら続ければいい。
ファンの力は絶対だ。アミーゴこと鈴木あみが復活したのは、
ファンがずっと応援していたからだ。
逆に言えば、ファンの意向を蔑ろにする事務所は
手痛いしっぺ返しが来ると言うことだ。
事務所が、ただの商品としか考えてないとしたら
大きな間違いだ。ファンはかけがえのない宝物と考えている。
by forceyoshi | 2014-08-09 04:31 | エンタメ

伊藤萌々香

現役高校生グループ「フェアリーズ」のメインヴォーカル
伊藤萌々香が「ポーカーフェイス」でソロデビューした。
同時期にメンバーのM3(林田真尋、藤田みりあ、下村実生)
が、セカンドシングルを出す。
フェアリーズと言うグループは、安室奈美恵やスピードがいる
ヴィジョンファクトリーに所属している。
キレキレのダンス、高い高音の伸びは、本格派だ。
彼女らは、電通のような強力なテレビ媒体と提携してないが
地道にイベント会場などで歌い、昨年はソロコンサートができるようになった。
スタイル抜群で中高生には、人気だ。
一部評論で、中高生に人気があっても金がないから、利益にならない
と言う評論があったが、それは、音楽論ではなく短期的ビジネス論に過ぎない。
中高生は、すぐに大学生や社会人になる。
ファンを大切にし、良い楽曲があればやがて他の層にも浸透する。

さて、伊藤萌乃香はその可愛いルックスで、フェアリーズとは違った大人びた
表情とライブで鍛えた歌唱力で「ポーカーフェイス」を歌っている。
軽快なテンポと裏腹に歌詞の内容は、現代の孤独感を表し非常にヘビーだ。
「夜回り先生」の話を思い出す。
先ずは、ソロおめでとう。
by forceyoshi | 2014-07-24 09:50 | エンタメ