人気ブログランキング |

<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

教育改革の中身1.

教育改革の中身1.

安倍新政権の顔ぶれを見ると、中,壮代わり映えしないとの報道がある。

だが、政治はパフォーマンスではない。現実主義を採っただけだろう。

まず格差問題、中国、韓国問題が当面の現実的な課題だ。

これに具体的な対策を、着実に打ち出せるかどうかだろう。

一方教育基本法だが、立花氏が言われる先祖帰りを現実に行えば

国民から猛反発を食らうのは必至だ。そんな時代錯誤はもはや世界で通用しない。

国という行政機関でなく、国土を大切にするのはいいだろうが、

そこに全時代的な国家主義を重ね持ち出すのは間違いだ。

ましてや通知表に自由主義国家の教員が、個々の心の問題を

評価してよいわけがない。

歴史学者トインビー博士は、一見イデオロギーの対立に見える構図も

実は国家間のエゴの張り合いに過ぎないと論破している。

そのエゴの張本人は、実は一部の政治家や官僚だ。

過去の歴史の教訓に学ばないものはサル以下の知能だと言える。

で、実は今の教育の問題は、モラル低下と基礎学力低下、格差による社会環境、

食育と多重構造化している。それは、子供だけでなく

大人の問題でもあるのだ。
by forceyoshi | 2006-09-29 00:36 | 生活

最悪の自作自演

傑作(0)
2006/9/25(月) 午後 4:03 | 力の元 | 政党、団体




先週、愛読の「きっ子のブログ」http://www.kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

を読んでいたら、「新党を欲する人」さんと同様な記事が出ていた。

元ネタは同じだが、昨年末、安倍やアメリカネオコンらが集まり

「中国と日本をいかに戦争させるか」というテーマで自作自演のテロ計画

を話したという内容だ。

映画「V フォー ヴェンデッタ」と同様な内容で自作自演によりテロを起こし

憲法を改正させようというとんでもない犯罪計画だ。

で、事の真偽はともかくとして、このようなことを知ってしまった国民は

今後テロが日本国内であった場合、マスコミのデマによる扇動放送では無く

自分たちで検証しなくてはならなくなったわけだ。

そのリトマス試験紙としては、次のことが考えられる。

ミサイル、細菌テロで一般国民のみが犠牲になった場合

自作自演の可能性がある。

現政府閣僚全てがミサイルや細菌テロの犠牲になった場合

本物のテロ活動である可能性が高い。

9.11も事件が仕組まれた可能性であることを示唆する報道も現れている。

アメリカ上院議員報告会で、イラクとアルカイダのつながりを否定され

ベネズエラ大統領に、悪魔呼ばわりされた

支持率急落の共和党ブッシュ政権の今後の動向、

一方、中国とアメリカが先日共同軍事演習を行った事実。

中国幹部がアメリカ留学をして、実は太いパイプが

政治的、経済的にある事実。

もちろん、兵器輸出産業でなりたっている国としては自国民は

最小限の犠牲が望ましい。だから、必至で無人爆撃機を開発しているのだ。

こうみてくると、北朝鮮と日本の代理戦争の構図が浮かび上がる。

貧乏くじを引くのは、残念ながら一般国民だけだ。

そうなりたくなかったら、真相と国民の声を結集するしかないだろう。

で、プロ固定みたいに人間の卑しさを結集するより

本来の国民の力を結集した方が、政治に正気を取り戻す事となる。
by forceyoshi | 2006-09-25 16:05 | 政治、ニュース

自由の意味

自由の意味

教職員に、国歌、国旗掲揚を強制したとして教職員が訴訟した事件で

東京地裁は、明快な違憲判決を出した。

我々は今、幸いにして自由主義の陣営にいる。だから、この地裁の判決は

きわめてまともな判断といえる。

思想、言論の自由は犯してはならない自由だ。誰にも強制することはできない。

何も国歌、国旗掲揚がいけないというのではない。

度を過ぎた強制は、人権を無視した行為だということだ。

この自由であることと、人権は表裏一体だ。

先の第二次世界大戦は、国家ファシズムの犠牲により多くの国民の

財産と生命を奪った。

もし、先の戦争が無かったらより多くの国民が、今この世界に存在してたはずだ。

それを一握りのファシストどもが奪ってきたのが、この国の歴史だ。

それは、教育の現場で、マスコミを通じて疫病のように侵攻する。

で、疫病を食い止めるのも国民の力にかかっている。

自分たちの子供を、国家という行政機関の犠牲になって死に追いやりたくなかったら

殺人者にしたくなかったら、だんな些細なことでもファシストどもを注意深く監視することだ。

仕組まれた扇動に乗ることなく、冷静に判断することが自由を守る基礎だ。
by forceyoshi | 2006-09-22 10:53 | 生活

こんな方法もある。

昨日予告した、解決策のサイトはこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/koyanagimeijin/41537512.html

この人の問題定義の解決策は、他にも是非現役の政治家や

行政が実施してもらいたいことばかりだ。

この事例から、今の利権にしがみついて国民をわかっていない

政治家より、よほど国民の利益にたって物事を考えられる優秀な

ネットの住民(つまり一般国民)の方が多いことがわかる。

ネット国民党でも、必要なときかもしれない。
by forceyoshi | 2006-09-21 15:18 | 生活

飲酒運転問題

飲酒運転問題

世の中、まったく酒が飲めない人もいれば、酒が三度の飯より好きな人もいる。

酒好きの場合、度を越すとアル中やキッチンドリンカー、そして酒酔い運転で

大事故を起こす可能性が高まる。

どんなにベテランドライバーでも、酒が入ると反射神経が鈍くなり

気がついていたら事故を起こしている。

都会の場合、遅くまで飲んで終電がなくなったとしても

会社、サウナ、漫画喫茶などで時間をつぶし酔いを醒ますことが可能だ。

だが、主に車でしか移動できない地方だと、タクシーや代行を頼むことになる。

代行は、まだ営業してない地方がいくつもあるし、タクシーだと翌日車を

取りに行かねばならない。で、つい車で帰ろうとし事故を起こす。

起こした後、逮捕されたくないから逃走し、翌日出頭して酒酔い運転をごまかす。

こうして、事故を拡大化してしまっているのが現状だ。

酒酔い運転撲滅を訴えているのに、CMではおいしそうにビールや酒を飲んでいる。

人間、飲食の誘惑には勝てない習性だ。

あれだけ、九州の事件が問題になった後でも、酒酔い運転が後を絶たないのは、

古来から酒と親しんできている人間の業かもしれんが、事故にあった方はたまったものではない。

で、この状態の解決策に、アホ政治家より具体的に提案してきている

すばらしい常連さんがいる。現実化することを祈って次回転載することとする。
by forceyoshi | 2006-09-20 16:02 | 生活

官の役割

の役割

最近経済産業省や金融庁が、相次いで危険な機器の回収や

保険やサラ金などの違法罰則を強化している。

金融庁後藤田政務次官がサラ金の上限金利を巡って

グレーゾーン存続の圧力に異議を唱え、辞表をたたきつけたのは

あっぱれと評価したい。

現在、一部証券マンや国会議員がこれに異を唱え規制緩和に逆行していると

唱え、25%据え置き期間ありで決まったそうだ。

が、本当のところは株価が下がる、献金者から圧力が来ている

てな自分たちに都合の良い論理だ。

規制緩和は、今まで閉ざされ大企業だけに特権を与えていた制度が疲弊し

ベンチャー育成ができなかった反省による。

同時に今までの大企業護送船団をやめ、一般消費者やユーザー重視に

転換したからだ。

実は、これが本来官の機能として重要なことなのだ。

公僕とは常に、国民目線で国民と共にあり国民の安全と利益を

守ること、これは政治家にも当てはまる。

だから、これに関し監督官庁は正しいことをしているのである。

これは、大企業もいい加減な機械や契約は、作れないという反省にもなり

企業にとってもよい。行政官でも皆が皆、岐阜県みたいな人間ばかりではない。

現在,国の省庁は部署により非常に激務で夜遅くまで働いている。

これは、圧倒的に書類をこなす量より、人手が不足しているからだ。

かといって、人員を増やしていたら赤字が膨らむばかりだ。

これからは、中小企業との相互乗り入れで省庁として重要優先度を決め

そうでないものは、どんどん民間委託すべきだろう。

逆に、消費者の苦情や事故の検査など行政がやるべきことは

しっかり行政がやるべきだ。
by forceyoshi | 2006-09-17 02:21 | 生活

本当に美しい国とは2

本当の美しい国とは 2.

そこで国土、河川や森を美しくするために再生させるには、

できうる限り自然の特性を生かした、工法や手段が必要である。

魚や水草が、富士忍野や安曇野の河川のように、美しく生息する所では、

水はいちいちミネラルウオーターに頼らずすむ。

それから河川の水源は、余談だが本来、国民のものだ。

1企業の独占は、禁止すべきだ。

地方自治体が安く販売するには地域振興かねてよいだろうが。

人心面では、戦後まだ日が浅いころ何も無かった日本は

ないがゆえに、人に親切で何でも分け合って飢えをしのいできた。

今のように一極集中で富を見せびらかすような、セレブ脳タリンはいなかった。

学校が終わって塾通いなんてことも無く、ひたすら外で自由に遊びまわっていた。

この自由というのが、一番大事なことだ。

9.11テロ事件以降、政府も人々も恐怖のあまり、政府に安全をゆだねるようになった。

だが、生きていく以上、本当の安全などどこにもない。

文明社会は自ら作り出した交通手段である車や飛行機、鉄道などの速さと

引き換えに、危険を手に入れてしまっている。自然災害は言うまでもない。

もちろん自由は、安全の担保にはならない。

政府が、故意に事件を起こして、人々の恐怖心をあおり

マスコミを使い人心をコントロールする

映画「V フォー ヴァンデッタ」なの様な国にしてはならない。

自由は、その人間が生きていく上で、空気と同じように大切なものだ。

だからなんだかんだ言っても、アメリカ始め欧米諸国は、

自由かどうかを最大の人間尊厳基準としてきた。

現在のような一件情報であふれている時代こそ、その自由に発言、行動する

普通の常識の持ち主である個人が、だまされ洗脳されないよう

自由意志を持ち、発信する事が重要なのである。

美しい国とは美しい国土で、個人が自由にのびのび、

優しく暮らせる国だ。
by forceyoshi | 2006-09-15 23:28 | 生活

本当の美しい国とは

本当の美しい国とは、1

美しいという言葉は抽象的な言葉だ。

人によって美的感覚が違うから、何を持って美しいというのか

人それぞれだろう。

後期の抽象画のピカソを見て美しいというのか、

青の時代のピカソを見て美しいというのか、まあ国というくらいだから

行政機関と国土を指すのか。美しい行政機関など

聞いたことが無いから、国土を指すのだろう。

戦前、戦後日本は、大きく工業に依存しこの国の河川を荒らしてきた。

そのツケが水俣病などの公害である。

行政機関は政治、企業と美しいトライアングルを形成し、もちろん皮肉だが血液製剤

建築偽装、株操作、アスベスト問題と山の様な困った人災を引き起こしている。

だからこの国を美しくしようと思ったら、政治家、行政機関は己の私欲を捨て

美しい河川や森、美しい都市づくりを考えねばならない。

実際は、一部の心無い人間の醜い所為で自然も、都市も、人心までも

現在の荒れようは今までの政治、経済の結果だからだ。
by forceyoshi | 2006-09-13 23:51 | 生活

継続審議のまやかし

継続審議のまやかし

以前、良識ある国民、ネット、日弁連などみんなのおかげで、

取りあえず廃案になった共謀罪、教育基本法。

だが、過去記事を見てもらえれば解るとおり、本当は廃案ではなく

継続審議というまやかしだと指摘した。

どうやら、自民党の一部議員は時期国会でインチキしてでも法案を通したいらしい。

日本という国は、先の大戦で多くの犠牲者から学び、アメリカより

憲法を受け入れ民主主義国家を標榜していたはずだ。

それには、当然自由が含まれる。自由といっても法の下の自由だ。

テロとの戦いは良いが、それを拡大解釈して全てにすり替え

自由を奪うことは、現実的にアメリカ国民、国際社会も許さない。

自由経済社会と民主主義は、現実的な最高とはいえないが

今のところ最良な道だ。

これを破壊しようとする悪の権化、ファシストは絶対許すべきではない。

ましてや日本国民を、詐欺カルト宗教などに売り渡すことは許さん。
by forceyoshi | 2006-09-12 19:17 | 政治、ニュース

下北サンデーズ

下北サンデーズ

豪徳寺、梅が丘、土曜の次はサンデーズ!って下北沢の

小劇団を舞台にした、テレ朝の上戸彩主演のドラマが,終了した。

実際の下北の街並みが見れてよかった。なんか、ほっとする街、下北を,

たまにレコードを買いに散歩するのは、面白い。

小さな店がたくさんあり、そのどれもが個性的だからだ。

6畳ぐらいしかないレコード屋、2階にびっしり輸入盤がおいてある店

取りあえず、定番のディスクユニオンに行った帰りは、そのようなレコード屋巡り

をするのだが、他にもアメリカの古着屋やおいしい小さな店がたくさーん

あり、スズナリも本多劇場も、そういった街に住む人たちの情熱から生まれた劇場だ。

で、これが今、分断道路計画があり、大きく街並みが変貌する恐れが出てきて

「美しい日本」ではなくなろうとしている。

私の地元の商店街は、昔アーケード市場みたいで、中野ブロードウエイの

超ミニ版だったが、それなりに活気づいていた。

八百屋、肉や、魚や、雑貨屋が軒を連ね、いつも威勢のいい声が飛び交っていた。

それが、高層マンションの中に引っ越す計画があり、

引っ越したとたん閑古鳥が鳴くようになった。

人間の目線は、いつも水平方向を見ていてめったなことでは、上を見ない。

せいぜい2階どまりだ。しかも、上へ移動するとなると目的がない限り

面倒になる。それに、大型スーパーが近郊にできればなおさらだ。

文化というのは自然と同じで、一度失うと再生には非常に労力がいる。

どこの駅も高層ビルおったてて、似たようなテナントやブランド店が入っても

しかたなかろう。下北には下北の固有の文化がある。

世田谷区は文化人が多いところだ。役人にも文化の意味がわかるなら

下北はそっとしとけ。独自に文化をちゃんと作り続けてるのだから。

あと、吉祥寺や中野もね!
by forceyoshi | 2006-09-10 02:51 | 生活