人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タミフル

タミフル

インフルエンザ治療薬タミフルの副作用により、事故が

22件起きていることを厚生労働省が発表した。

当初からタミフルには服用による異常行動によるとびおり等が

指摘されていた。そもそも、インフルエンザウイルスは人間の英知を

ものともせず、年々進化を遂げて抗生物質に対する耐性を強めてきた。

今回の鳥インフルエンザは、既に東南アジアで人間にも感染し上陸も

間もないだろうと危惧されていた。

それで、唯一つ効くであろう「タミフル」世界争奪戦が報道により過熱したのが1年前だ。

で、厚生労働省は備蓄に勤めたわけだが、ふたを開けてみると8割が日本で購入されていた。

つまり2割しか世界の国では購入してないことになる。

そして服用による副作用に当初は因果関係はないとしていたが、その間も死亡事故を含む

事故が続いていた。全体に比べて事故件数が少ないから放置していたわけだ。

だが、人命に関して本来統計で比較すること自体が間違っている。

統計上は一人の事故でも、その家族にとってはそれは全てで、代用のきかないものだからだ。

この経緯を見ると、薬害エイズの事件を思い出す。薬メーカー、斡旋する教授、服用被害者の

構図だ。今回も製造メーカーロシュ,販売元内外製薬、厚生労働省認可において導入を示唆した

内外製薬から1,000万の研究費をもらっていた大学教授。もし因果関係がないのなら

販売元から研究費をもらう必要は無かろう。

新たに、厚生労働省は因果関係について遅くなったが、白紙に戻し再調査を行うとした。

備蓄といっても薬には消費期限がある。今回の事件の因果関係を個別に検証し

問題があれば、すぐに情報公開し再購入を考えるべきだろう。

又、現状では充分な注意喚起が十代に限らず必要だろう。
by forceyoshi | 2007-03-22 22:58 | 事件、事故

胴体着陸

胴体着陸

ANAボンバルディアDHC8-Q400が、高知空港で胴体着陸した。

タッチ&ゴーなどの何度か前輪を出す試みをしたが、作動せず

止むを得ず胴体着陸を試み成功した。

これには機長の的確な判断と操縦、客室乗務員の対応、そして

恐怖に耐えながら冷静さを忘れなかった客、全ての人間力が良い方に

作用して幸い命が助かったといえる。

このカナダ製の機体、実は日本だけで過去77件の事故や故障が判明した。

判明といっても当の全日空は、当然把握してたはずだ。

商品にスカはつき物だが、これだけ大量に高い買い物をして、スカをつかまされたわけだ。

この欠陥飛行機は全日空が調査チームを送り込むほどだから、相当なものだったはずだ。

だが、今まで何も知らされなかった乗客にとって見れば命がかかっているのだから

情報開示は今後絶対必要だ。国交省もガス器具事故の公表に踏み切った

経済産業省を見習って、どの機種がどれだけ事故、故障を起こしているか

即時情報開示すべきだ。それが行政の勤めだろう。

今回、乗客が冷静でいられたのも機長、客室乗務員が

情報開示をきっちり行ったからだ。電子デバイスは近代工業製品の長所でもあり

短所でもあるが、バックアップの機械式まで故障するとなると、まったく意味を成さない。

故障原因はボルトが抜けていたそうだが、外からはわからない仕組みになっていた。

そんな、メンテが悪い設計をするなといいたい。全日空は緊急点検が終わるまで

全便欠航とした。これは,客と乗務員の安全を考えるなら当然だ。

さて、日本航空など他の航空会社はどうか、それが非常に気になる。
by forceyoshi | 2007-03-15 01:17 | 政治、ニュース

花粉症の季節

花粉症の季節

十年前以上は、何それといった症状がまれだったのが花粉症だ。

その言葉と症状の人に始めてあったのは、15年以上前で職場のデザイン会社だった。

その人は、写植という今では漫画のネーム以外あまり見かけない

絶滅寸前の職種についていた。

写植は、反転した文字を投影して印画紙に焼き付ける機械で、その人は熟練者だった。

で、その人が花粉症で目と鼻と頭に来るからつらいと話していた。

そのときは、「へー、そんな病気あるんだ。」ぐらいしか認識が無かった。

だが、徐々に花粉症が主にスギ花粉や排気による汚染などの複合現代病と

認知されるようになり、近年ではその患者も増大している。

同時に、なぜか花粉症関連の対策グッズや薬の市場も一大市場になった。

これは許容量を超えると、発病するらしい。

発病すると、目は痒くなるわ、鼻は出るわ、くしゃみが止まらないわ、頭が熱でボーっとするわ

散々だ。私も数年前から毎年発病している。去年、今年と比較的軽いのは幸いしているが

日により症状も違う。面白いことに、では花粉症の発生地である杉林に

梅見かたがた出かけたこともあるが、その時はなんともないのである。

街中に戻ると発病する。これには街中の排気物質となんらかの

因果関係があるのだろう。マスクもあるのだが、どうもあの圧迫感が気になる。

で、いろいろ試行錯誤した結果鼻炎薬と、ホールズが今のところ対策グッズだ。
by forceyoshi | 2007-03-08 02:06 | 生活