人気ブログランキング |

<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

銃規制

銃規制

アメリカでとんでもない30名以上の死者を出した、銃乱射事件がおきたと思ったら

日本の長崎で市長候補が暴力団幹部に銃で、背後から撃たれ死亡した。

日本は建前上は、銃規制がしかれている。

アメリカのように、銃が野放しだったらこのような悲惨なことも十分起こりうる。

アメリカでは、コロンバイン事件のとき銃規制論議が起きたが、結局

ライフル協会の圧力が政治家にかかり規制ができなかった。

で、たびたびこういった銃乱射事件が起きるようになった。

銃という代物は、包丁やナイフと違って人を殺傷するだけにある。

しかも離れて、引き金を引くだけで簡単に人が死んでしまう。

今回の長崎の事件は、どのような理由があろうと許されるべきものではない。

もちろんアメリカの事件でも同じだ。その動機はいたって自己中だ。

長崎の犯人は、表面上は建設の入札において、行政への不満の鬱積だということだ。

そりゃあ、誰だってあまりにトロイ役所仕事と、裏金まで作るいいかげんさに頭にくるだろう。

だが、そこで暴力で解決しようとしても何も解決しない。

それどころか、被害者の家族と自分の家族を不幸のどん底に落としいれ、被害者は犯人を

決して許さないだろうし、加害者の家族も一生世間の負い目を背負って生きるしかなくなる。

特に今回の場合、孫の泣き顔を見るにつけ市民には怒りしかないだろう。

銃規制の網をかいくぐる密輸、銃所持などは、この際徹底的に取り締まるべきだ。

人殺しの道具でしかない銃なんか、日本にはいらん。
by forceyoshi | 2007-04-20 02:56 | 事件、事故

アスベスト検査の実態

アスベスト検査の現状

以前、私の友人が作ったアスベスト専門のサイトを紹介した。

http://blogs.yahoo.co.jp/iseyoshi2006/

そこから、新たに検査状態の現状報告があったので転載しとく。

そりゃあ、検査項目少なくすれば、合格となるかもしれんが

それでアスベストの脅威が、無くなるわけないだろう!

以下転載文(そのまま掲載)

先月、「分析者の責任、分析会社の責任?」とブログした課題が、

「アスベスト問題の波紋49」(環境新聞社4/11)にまとめて載っています。

 http://www.kankyo-news.co.jp/ps/qn/usr/db/d_file1-0002-0657.pdf

 記事を紹介すると

 分析結果に対してその科学的根拠が厳しく求められる「訴訟社会」の米国。

国家標準技術研究所(NIST)の「NVLAP」と呼ばれる全国的な自主監査制度のほか

州ごとに毎年監査を実施する仕組みを持つ。

 それに対して日本では「こんないい加減な分析はほかにない」計量証明事業者は自嘲気味だ!

上越環境科学センターの所長さんは「法的な資格・スキル等の規定がないのが現状」と話す。

 本当に、恐ろしい世界です。

 だからこそ、グローバルスダンダードが求められています。

 グローバルスタンダードの分析サービスは

 http://homepage2.nifty.com/ecokaitai/sakusaku/4_1.htm
by forceyoshi | 2007-04-17 15:34 | 生活

国民投票法案

国民投票法案

今回の選挙は石原が都知事になるも、全体では民主が躍進した。

で、中国の首相が来日し、松坂イチロー対決が前面にクローズアップしているさなか

与党多数で(先の小泉郵政民営化法案で衆院は圧倒的与党)野党など

紛糾するも数の論理で可決された。

問題はその中身だ。投票%によっては、1/4で可決なんてトンデモな数字のマジック

なんて事もある。だから、最低投票率は50%以上とか決める必要がある。

又投票前2週間は宣伝活動禁止としているが、じゃあその前は金のある政党が

ガンガン宣伝できるのかということもある。だから宣伝時間は各党公平に割り振るべきだろう。

次に公務員、教育者の活動禁止ってのがある。

私がまさに憲法、しかも9条の大切さを先生から学んだのは小6の時だ。

憲法は本来日本の背骨で無ければならないが、最早だいぶ時の政権に

拡大解釈され、その背骨は歪んでしまっているが。

9条は、また現実にアジアの安定化に、大変な役割を帰している。

これが改悪されて、どこでも戦争に子供たちを行かせるもんね。

(ただし政治家と官僚幹部、大企業子息は除く、イヒヒ)

となれば経済も食料輸入もアウトだ。

つまりどこで具体的に線引きできるかということだ。

だから、現況の憲法精神を尊重し加憲なら考えるが。

そこで現況では憲法を尊重する教育は当然だろう。でなければ、法治国家でなく放置国家だ。

私は基本的には現与党の現実的な経済政策も、官僚への天下り規制対策も

しっかりやれば別に異論はない。

ただし、今の格差是正のほうが遥かに重要で、国民優先順位は遥かに高いはずだ。

国民の幸福度調査で52位なんてのは、政策に希望が無いからだ。

だから、国会議員の2/3が憲法の改悪を可決しても、主権である私は現況では

きっぱり否決に投票する。
by forceyoshi | 2007-04-13 02:18 | 政治、ニュース

捏造と行政処分

捏造と行政処分

関西テレビが先日、捏造検証番組を放送した。

製作会社のアジトのディレクターの顔も氏名もプロデューサー名も

出ない検証番組は、根本の下請け法違反の受注体制や今後の具体的対策を

テロップで羅列しただけで終わった。

で、総務省が今後介入する場合があるとしてきたわけだ。

捏造自体はあってはならぬことだ。だが一方、放送は自由に報道機関として

放送する義務がある。

特に報道番組などは、時の政治権力、行政権力の監視役でなくてはならない。

昔は完全なテレビ大好きっ子だったので、あえて言う。

こんな当たり前の事をパスしてきたから、ネットに攻撃されるのだ。

総務大臣はドラマもコントも行政処分がありうると答弁しているが、

どちらも創造の産物だ。従って、行政処分に当たらない表現の自由の権利は明白だ。

だが、バラエティでもダイエットや病気など国民の関心事にデータを捏造されたら

誰でも怒る。常識の範囲を大きくはみ出しているからだ。

以前フジテレビ系列でニュースキャスター主演のドラマがあった。

そこに、細木数子をモデルにした占い師が登場した事があった。

その後DVDで発売されたが、その回は細木側の抗議で発売されなかった。

フィックッションなのだから自分に非がないなら抗議する必要もないだろうし

フジもビビル必要はさらさらないはずだ。

だから、ジャーナリズム宣言や報道を宣伝するなら、下請けの素材で各局たらいまわしで

流さないで、ちゃんと取材して政治家だろうと行政マンだろうとビビルことなく報道しろ。

自浄能力もなく、各社の新聞並べ立ててただ読むのが報道か?単なる手抜きだろう。

国民ではなく政治や行政にこびた「無難な番組」など電波の垂れ流しで誰も見ぬ。

きっちり報道機関として事実をあぶりだしていけば、国民はしっかり支持する。
by forceyoshi | 2007-04-11 02:40 | 生活

選挙で選ぶ

選挙で選ぶ

明日は統一地方選挙だ。

今時のIT化時代には、旧態依然の代理民主主義ではなく

十分民意が反映された直接民主主義が可能なはずだ。

そうなると今の民意を反映せず、己の偏った野心と私欲にまみれた

政治家ならぬ政治屋は、全員失業となる。

いずれそうなるだろうが、現在のところ選挙で選ぶ制度になっている。

そこでだ、主権は在民にあるということをもう一度思い出してもらいたい。

格差社会なんて非常に恥ずかしい国のありようだ。

国家で一番主導権を握ってよいのは一般国民だ。政治家も行政もその僕だ。

その逆ではない。やつらを食わしているのは国民だ。

もちろん選挙は、あなた個人の権利だ。いかなる組織に属していようが

いまいが堂々と個人の権利を行使すればよい。

だから、選挙で選ぶ時は以下の点に有権者諸君は候補者を選ぶに当たり

充分注意することだ。


1.あなたの生活向上に役立つ身近な具体的政策を持っているか。

2.あなたと子供たちに、戦争のない平和な生活をもたらすことを約束しているか。

3.常に国民の目線で発言しているか。国民を馬鹿にしたりする発言を過去にしているか。

4.あなたの生活向上に為に過去何を具体的にしてきたか。新人ならこれから何をしてくれるか。

5.政治が国民のためであることを忘れ、政治を己の思想や野心、

周辺の利権のために利用していないか。

6.そのような利権を予想させる政策を掲げていないか。

あなたの1票でも政治が変わることは、ある。少しでも、ましな候補者を選ぼう。

で、その候補者がその後クズだった場合、さっさとリコールしてしまおう。
by forceyoshi | 2007-04-07 08:27 | 政治、ニュース

ネットでの政見放送

ネットでの政見放送

あれから1週間、政見放送はたった関東で2局NHK関連の決まった時間にしか

流れないし、石原、浅野、黒川といった有名と証する人物にしかTV報道はされていない。

ところが、ネットではこの前触れた政府転覆をアジル外山恒一氏のドラゴンボールの

キャラみたいな風貌がユーチューブ 
http://www.my-little-lab.com/tubeli/view/6b23fb7ddbb などに大量UPされている。

ちなみに私はエヴァンゲリオンヴァージョンが好きだが改変含めUPされている。

で、都選管がこの特定候補者だけUPするのはいかんとユーチューブに対して

削除要請をしたわけだ。

だが、我々選挙民はいつも放送局の都合に合わせて、政見放送を見る習慣なんぞない。

この前もたまたま、早朝にやっていたのを見ただけだ。

その論理でいうなら、キー局は有名候補者以外の候補者も

平等にニュースで扱っているのか。

外山氏や佐々木氏らが政見放送以外で、ちゃんとニュース報道されたことはあるか?

その点、ユーチューブなどネットを通じて好きな時間に、各候補者を選択することは

現代では当たり前だろう。公平性を欠くというのならユーチューブが主体になり

全候補者が見れるようにすれば良いことだ。

現にアメリカでは大統領選の際、ユーチューブが主体で選挙用にUPしている。

候補者の過去やってきたこと、発言の中にその人の本質が隠されている。

それをネットで知ることは、国民の権利であるはずだ。
by forceyoshi | 2007-04-07 00:14 | インターネット

政見放送の見方

政見放送の見方

最近は、「東大将棋」というプレステゲームに再びはまり「めざにゅー」の

時間までやっていることもある。

東大将棋は、日々脳細胞が破壊されていく成人以上の人間にとって

脳トレやそれ以上の論理力が身につく。

そうして「めざにゅー」の時間になることもしばしばだが、

「杉崎美香」の顔でも見て仮眠デモするかと何気にテレビをつけたら、

東京都知事選の政見放送をやっていた。

東京に事務所はあるが、住民で無いので投票券はない。が、当然都政には関心がある。

黒川、浅野、石原など普段報道されている以外、どういう候補者がいるのかが

政見放送である。政見放送は個人の主張を当然ながらカットしない。

で、これが各人結構ぶっ飛んでいて個性があって面白いのだ。

易者から政府転覆をアジるストリートミュージシャン。

なかでも、何気に聞いていて後半これは!と感じたのは

「佐々木 崇徳(ササキ スウトク)」氏の政権放送である。

元来大阪出身の警官である彼がどうして東京知事選に出たかは、

彼の話の後半にある。

彼が逮捕した事件が、実は「松下電工の耐震性に疑問のあるエレベーター」で

検察、裁判官判事ともども事件の隠蔽に関わっていると

全部実名入りで告発しているのだ。

彼にとっては都知事選は、都知事に受かることよりもこの事実を

全国に知らしめたかったのだ。

当然このことを知った全国の視聴者、ネットの機動力、

捏造事件で仮死状態のマスコミがまともに動けば、

そのエレベーターのある建物が

関西地区のどこであるかが判明される。

そして法の番人である判事が証拠隠滅を図るとなれば

事が人命に関わることだけに重大な犯罪となる。

もう大方の国民が知ってしまった以上、隠蔽はできんぞ。
by forceyoshi | 2007-04-01 02:12 | 政治、ニュース