人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

審判は下った。

審判は下った。

参院選は、予想通り自民惨敗、民主勝利となった。

これは、能天気に国民の声を甘く見て真摯に対応してこなかった政府と

自民党のいい加減さにたいする不信票の結果だ。

年金問題、教育問題、憲法どれをとっても時代錯誤な屁理屈な論理と

国民の平和と安定を踏みにじる本性には、国民が我慢ならないからこういう結果になった。

公明党も平和と国民の暮らし安定を標榜するなら、

今後まったく相反する今の自民とは一線を引くべきだろう。

普通これだけ負けると、当然責任を取って政府の幹部及び首相は

辞めるが、なぜか安倍は続投するといっている。

中川、青木が辞任するのに、なぜ総責任者が辞任しない。

たぶん自民党内で、このままだと自民が崩壊し小泉や森、あるいは閣僚が困るから

ブリッジとして続投してくれと懇願されたかもしれんが、それは単に利用されているだけだ。

時期が来たら、めためたに踏みつけられ変わりのものが出ようとするだけだ。

いったいどっちを見て政治をしているのか。国民かそれとも自民内部の権力亡者か。

どの道国民から引導を渡されたら清く退くのが、民主主義のルールだし

責任を取るということだ。

これ以上国民を怒らせるな!レッドカードだ。即刻ずれてる閣僚と共に退場しろ。

変わりはもっと国民に近い民主初め野党にいくらでもいる。
by forceyoshi | 2007-07-31 04:31 | 政治、ニュース

値上げの嵐

値上げの嵐

参院選後、消費税問題含め値上げの嵐が待っている。

これは、今や我々国民の知らないところで浪費続けた政治と

官僚の長期債務借金1,000兆以上

http://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.html とは無関係といえない。

まずサラリーマンは、厚生年金が上がる。

もちろんずさんな社保庁と賛成して

予算を通してしまった小泉時代のツケを国民が払うわけだ。

住民税も上がり、そのしわ寄せは中小企業、自営業、零細企業に及ぶ。

これも、破綻寸前にしてしまった行政、政治のツケだ。

勘定は全て国民に回るようになっているからだ。

それではいかんと、行政が真摯に取り組んでいる村もあるから

それは次回で紹介しよう。

で、次は外的要因だ。これは石油資源、環境問題が大きい。

ガソリンが値上げするが、それは光熱、物流、生産工程全てに影響を及ぼす。

主にイラク戦争などの石油産出国イスラム圏の不安定化とアメリカの事故による稼動停止

が原因とされているが国際商社がコントロールしている可能性、先物取引による過熱化もある。

ロシア、中国には広大な油田があり日本としては全方位で対処すべきだろう。

これに伴い、いろんな屁理屈をつけて便乗値上げしようとする企業があるだろうが、

行政は厳しく便乗値上げを監視すべきだ。

特に国民生活に欠かせないインフラ、食、生活必需品などは厳しく対処し

商社や企業を調査し、過剰ストックを吐き出させるべきだ。

良く、テレビでコメンテータがこの値上げ対処法でつつましい

節約方を紹介しているが意味ない。

最早それでは追いつかないほど、生活を圧迫している事実は計算すればすぐわかることだ。

例えばガソリンの半分は実は税金だ。一時的に政府が減税し価格コントロールしなかれば

いずれ国民生活は破綻する。なぜなら、インフラは物価上昇と共に給与が上がるが

格差社会では、給与は下がり物価が上がる異常事態になりつつあるからだ。
by forceyoshi | 2007-07-28 00:56 | 生活

審判は国民が下す。

審判は国民が下す。

自民党内で相次いで失言や不始末をしでかす閣僚が、参院選後大敗しても

政権を続けるといっているが笑止千万だ。国民の審判として

即刻総辞職すべきだ。責任をトラン政治家は国民を無視した、ただの権力亡者だ。

まず、失言を平気で繰り返す政治家は、本音のところでそう思っているからで

周りに指摘されて謝罪する。それだけ政治家としての配慮や認識がないということだ。

事務所費問題で二重計上が明るみに出た赤城農水相、赤坂議員宿舎光熱費で

4500万以上の光熱水道費に疑問が出ている小池百合子防衛相、環境大臣時代に

沖縄の海底調査でもアセス違反のボーリングを許可している。この問題はいま

反対派牧師が建設側ダイバーに海底で酸素ボンベの弁を閉じられたとして

殺人未遂事件としてニュースになっている。

安倍の周りにはこのように国民よりも己しか考えない資質にかけ、足を引っ張るやからばかりだ。

この十年で日本は確実に全体の生活水準が落ち、官僚を養うため国民の税金は増え続けた。

一方談合、天下りや国民の年金や社会保険料を流用する官僚が後を立たない。

数年前は格差社会という言葉さえなかったが、今ではすっかり定着してしまっている。

それ自体、正常な政治運営といえない。これ以上我慢ならないなら、黙ってないで声を上げる必要がある。

それは、明後日の投票だ。夏休み本番だが、今では期日前投票も出来る。

キッチリ審判を下そう。
by forceyoshi | 2007-07-27 16:42 | 政治、ニュース

原発トラブル

原発トラブル

新潟中越地震により、柏崎刈羽原発でトラブルが50件に上ったことが明らかになった。

今回の地震は、原発から震源地まで非常に近く改めて日本が地震国であること

を否が応でも確認させられた。日本の国土では、

絶対的に安全なところはあるかというと実はない。

どこに建設されようが常に地震はありうる。

従って建設に関してはより厳しい基準が設けられているし安全マージンも2から3割

とって設計されている。では、どうしてこのようなトラブルになったか。

消火用配管が損傷したり、変圧器で火災が発生したのは、想定規模より大きかったこと

があげられるが、そもそも地震のような天災の場合、過去のデータ以上のことが

ありうることは、過去の阪神淡路地震の時、分断された高速道路や倒壊した

マンションを見れば明らかだ。それでなくても、過去原発は東海でも周辺住民を

危険に晒す事件を起こしている。また、政府や関係省庁に事故報告を遅れて報告している。

今回もそうだ。住民に直接的危険が及ばなくても、真っ先に政府や関係省庁に報告すべきだろう。

早く情報が住民に流れることにより、不安感が少しは和らぐのだ。

原発や基地を抱える地方の住民は、私もそうだがいつも危険と隣り合わせに住んでいる。

原発は一方、そこに住む住民の雇用や地方助成金の対象でもあり危険や不安の中

仕事や暮らしている事を忘れてはならない。そうなると今出来うる最高の技術や耐震性基準と

実際の施工で対処するしか住民の不安を和らげることは出来ない。

しかも、原発ではないが原子力研究所施設は原発の何十倍も日本にあるのだ。

現状ではまだまだ原子力発電に頼るしか手立てはないが、太陽発電によるコジェネ、

アイスランドの例のように天然ガス、水素の利用、クリーンエネルギーの可能性は

まだまだあるし、実際日本はその分野を生かすことがしっかり政府や行政の

支援があれば出来るはずだ。地震が来てもライフラインは安全に確保できる。

これが地震で何度も辛酸をなめた地震国日本の理想だろう。
by forceyoshi | 2007-07-19 00:52 | 事件、事故

参院選突入

参院選突入

年金も新農水大臣の事務所経費も未解決のまま、参議院選挙に

突入した。デシャブのような事務所経費の国会のやり取りを見てると

政治資金規正法は、やはり政治家に都合の良いザル法だったわけだ。

で、そんな奴らが今度は選ばれる立場になる選挙だが、選ぶ基準は単純だ。

以前に比べてこの日本という国の人々の生活はよくなったか?

はっきりとした事実としてそうではなかろう。

国民の金は一部官僚と政治家の私腹を肥やすために使われ、そのツケが

消えて年金や、耐震偽装、食品偽装と一般国民だけが馬鹿を見ている。

派遣社員増加に伴い、若者も中年も実質収入は、減っている。

住宅ローン破産やネット難民相変わらずの年3万人以上の自殺者がそれを物語っている。

人権に関しては、国際社会とアメリカからさえ改善しろと勧告されている。

このままでいいのか?いいわけないだろうが!

兵庫のおじさん」http://www.youtube.com/watch?v=sJACwH7auEE

のいうように国民がマゾで奴隷根性でないのなら、リセットしてしまえばよろしい。

人生はリセットできないが、政治家をリセットする権利を国民が持っている。

それが投票行為だ。まあ、投票数そのものがインチキでなければの話だけど。
by forceyoshi | 2007-07-13 04:17 | 政治、ニュース