人気ブログランキング |

<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

横滑り内閣の行方

横滑り内閣の行方

選挙結果で惨敗し、本来なら早期に解散しなければならない

まったく国民の信任を得てない、福田内閣が誕生した。

安倍の側近の麻生は離れたが、担当大臣がほとんど同じの横滑り内閣だ。

居抜き内閣でもある。まあ、福田の方が思想的にはまともだが、取り巻きが

財務関係の谷垣と文科省大臣以外変わらないとなると、「政治とかね」問題を

引きずっている大臣もいることから、安倍を悩ますのと同じ結果も予想される。

これは福田がどうのこうのではなく、自民党の長年の癒着体質から生まれ変われるかだ。

早くも政治と金問題で1円領収書でも間に第3者機関を入れるが、国民には原則非公開

にしようとする動きがある。アホか!公人たるもの国民に公開するのが義務というものだ。

消費税の問題といい、空転した国会費用無駄金の責任や官公庁天下り機関の

削減政策を示さないで国民が納得するわけはない。

それに第三者機関の調査報酬は誰が払うのだ。結局は国民だ。

すんなり、公開すれば余計な手間が省け透明性が保てる。

与党と野党がお互いを調査し、公表するという手もあるぞ。

で、民主党のマニュフェストの方が、これからの日本にふさわしいことが解る。

自民が丸呑みすればそれは単なる受け売りで、自民でなくても良いということだ。

何とか体裁だけを取り繕うとしている今の自民を見ていると、問題を自ら山積し

国民に愛想をつかされた「最後のあがき」にみれる。

民主初め野党は、強行採決された教育基本法など含め、再考した対案をガンガン

国会へ提出すればよい。そうすれば、まともな自民党議員や公明議員が賛成し

福田もそうである事を願うが、少しはまともな法案となるだろう。

もちろん国民生活が第一であることを忘れてはならない。
by forceyoshi | 2007-09-27 02:28 | 政治、ニュース

飲酒運転厳罰化

飲酒運転厳罰化

道路交通法改正により、飲酒運転に対してより厳しい処置がとられるようになった。

 酒酔い運転の罰則は、従来の「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」から

「5年、100万円」に、酒気帯び運転も「1年、30万円」が「3年、50万円」、

飲酒運転者への車両提供は運転者と同等の罰則とし、

酒類提供や同乗者の罰則は、運転者が酒酔い運転した場合が「3年、50万円」、

酒気帯び運転は「2年、30万円」とした。

これはどういうことかというと、飲酒運転するとわかっている人間に車を貸したり

酒類提供者つまり居酒屋、焼肉や、焼き鳥や、スナック、キャバクラ、クラブ、バー

などおよそ飲みや全部が対象になるということだ。

実際駐車場に来ている客が「オイ、ビール!!」といっても提供する時

「車で帰る場合出せません」くらい言わないと、後で同罪になる可能性がある。

オネエチャンがちょっとぐらいと進めるのも「明らかに運転者」だとわかっている場合

進めた方も同罪となる。酒飲まして何ぼの世界だから、これからは客に対する

サービスの線引きが非常に難しくなる。

多分これからいろんなケースのトラブルが増える。

厳罰化の要因は、元々酒気帯びでつかまるのがいやだから

例え事故を起こしても、逃げてしまう人たちが多いからだ。

又、酒酔い運転事故が後を絶たないことも原因だ。

人間は物事を知覚、認識するまで0.5秒かかる。これが、酒を飲むともっと時間がかかり

判断が遅くなり取り返しのつかない事故の可能性が増える。

電車など他の交通機関が発達している都会なら、はしごしても良いが

田舎の場合はそうはいかない。一人で運転している時はぐっと我慢して飲まない、

友人と一緒の時は、交代で飲む日の取り決めをする。

味気ないが、いつなるか解らない加害者になるよりましだ。



 
by forceyoshi | 2007-09-25 23:02 | 政治、ニュース

金融商品取引法

金融商品取引法

9月30日に投資信託や株式購入者が損失が生じる可能性が

あることを明確に伝えなければならないと定めた、

金融商品取引法が全面施工される。

今まで、金融商品の投資信託などでよく見られた、儲かるメリットばかり謳い

リスクの元本割れ、ファンド解散などのリスク面は、虫眼鏡で見るような小さな文字で

「すいません、本当はこうなっちゃうかもしれません、テヘッ」といった感じで

表示されていた。がーー、一切そのような姑息な方法は許さんぜよ!となるわけだ。

最近金融庁、経済産業省は明確に消費者保護を打ち出してきている。

本来の監督官庁の消費者を守る姿勢は、大いに評価される。

それは、今まであまりにも消費者の無知に付け込んだ保険商品、金融商品を厚顔にも

販売し続けていた企業側の責任が大きい。消費者からは金を集めるだけ集め、高い手数料を

ぶったくり後は、知りませんとしてきたわけだ。当然のツケだ。

保険商品も、将来のリスク回避の為にかけるのに、それを支払わずに来た詐欺行為が

行政処分となり国民の不信感に繋がったのは、当たり前のことだ。

今後は、広告もリスクは大きな字で表示することが義務付けられる。

ネット広告も含めあらゆる広告メディアが対象となる。

説明義務も丁寧に果たさない場合は、投資者に対し損害賠償が生じる。

又投資適格者かどうか判断する顧客カードも残さなければならない。

これは無知な老人や若者をだまして勧誘する方法の抑制でもある。

元本割れはいやだと顧客に言われたら、投資信託は販売できない。

そうすると投資信託そのものが成り立たないが、知ってて販売されるのと

知らないのとでは雲泥の差がある。もう一つ、投資信託解約に関しては

レートの関係で換金化されるまで時間がかかること、これは株でも同じだ。

このような金商法だが悪質業者は、それでもいろいろな手を考えるだろう。

保険商品、集団投資スキームや投資信託などは投資した後の実際の運用は

企業任せにせざるをえない。

おかしいなと感じたら「金融オンブズネット」や金融庁に相談することだ。
by forceyoshi | 2007-09-22 02:13 | 経済

消費税問題

消費税問題

最早自民のなかで、どう頭を挿げ替えても大して変わらんといったのは

言っていることに具体性が無いからだ。

現に麻生も福田も言っていることは理念だけで大して違いがない。

安倍の参院選惨敗後続投を党として支持したことは、忘れてしまったかのように

混乱しか生み出さなかった党の反省も無ければ謝罪もない。

数年前消費税を3%から5%に上げるときも、福祉目的と言った様な気がする。

まず具体的に官庁や独立行政法人のどこを削減し、改革姿勢を示すか言わないで

消費税を上げることを容認する姿勢こそが問題なのだ。

そうでなくても、国民は無策の政策により重税にあえぎ、地方は疲弊しているのだ。

TVCMでは、あれもこれも買え買えせまっているが、そのどれもに高額な消費税がついて

回るようじゃ物は売れない。

消費税を上げれば、必ず一般消費が落ち込む。次に低所得者層は

いっそう重税に泣くことになる。ただでさえ所得税減税廃止、住民税実質値上げ

ガソリンの揮発油税、重量税、固定資産税、など全部足したら何%になると

思っているのか。それだけの代価を国民は得てきたのか?

そうではない。国民の生活や安心とは無縁のところや、既成権益を持つ輩の年俸や

退職金になっている。国民にリターンがないのだ。

これもはじめて知ったのだが、来年4月より後期高齢者保険が年金より天引きされる。

後期とはよく言ったもんだ。老い先短い老人からでも行政側は取り捲りますよという

なんとも血も涙もない情けない制度だ。ここでよく考えてみてほしい。

年金受給者になった人たちは、確か自分の金を保険料として預けていたはずだ。

保険商品だから当然利子がつく。保険会社は客から預かった金を運用しているのだから。

箱物造りや横領している社保庁だって、元来は同じように利子がつかねばならない。

だけど、受給した年金からは、なぜか所得税、介護保険料が引かれ75以上長生きすると

さらに利子がつくどころか保険料を引かれる。それにだ、過去納めた年金保険料の元の給与

または所得でずーーーと、実は所得税を引かれ続けていたはずだ。これはおかしいだろう。

年金は所得ではなく、預金と似た性格の保険商品なんだから。

実は消費税も実際何に、お題目ではなく、使われているか福祉目的なのになぜ他の

介護保険や後期高齢者保険があるのか答えてもらいたいものだ。
by forceyoshi | 2007-09-18 03:17 | 生活

安倍辞任へ

安倍辞任へ

国民の支持を失っても、続投しようとしてた安倍が辞意を表明した。

遅きに失したが、このまま続けてもテロ対策法で、問題が表面化した自民では無理だ。

問題とは、自衛隊のアメリカ戦艦に対する給油活動がアフガンではなくイラクにも、

利用されていた事実だ。その給油代金は国民の血税で肩代わりしている。

年間200億にものぼる。度重なる閣僚たちの政務費の記載不祥事がばれても

平然としている政治感覚、安倍自身にそのような落ち度は無かったが、そのような

閣僚をかばった責任がある。たぶん個人的には友達思いの人間なのだろうが

一番政治家がしなくてはいけないことは、国民に顔を向けどうしたら国民を

幸福にする政治活動が出来るか常日頃考えることである。

もし真摯に向き合うなら小泉投げっぱなし内閣が、地方や生活弱者を切り捨てた

結果の救済からはじめねばならないのに、教育基本法や憲法改悪など執行部自体が

時代認識があまりにも国民感情からかけ離れていた。

最早今の自民では、誰が今度の総理になろうが体質改善しない限り同じなのだ。

小泉チルドレンが小泉再登場を願っているらしいが愚の骨頂。

自分たちの選挙区で復党組みとブッキングするのを恐れているに過ぎない。

地方格差、生活格差を広げた政権であったことを国民は忘れていない。

安倍が投げ出したことを無責任だという声もあるが、投げ出したのは小泉政権だ。

安倍は少しは修復しようとしたがブレーンに恵まれなかった。

自分以外のことで不祥事が続けばそりゃ体調も崩す。

アナクロな時代錯誤思想はいただけないが、其の点は多少同情する。

同情はするが、現自民党の政権担当能力自体がもう賞味期限切れだ。
by forceyoshi | 2007-09-13 02:02 | 政治、ニュース

今日は9条の日

今日、9月9日は、語呂合わせで9条の日。

日本が率先して、国連の理想像を具現化した『憲法9条の平和思想」を

世界に広げていく日だ。
今日は9条の日_f0028256_444210.jpg

by forceyoshi | 2007-09-09 04:04 | 生活

茶番

茶番

小池大臣と守下事務次官を巡るすごーく低次元の面子問題、塩崎官房長官の事務所費

菅総務大臣の自己所有マンションの事務所費問題、選挙後出てくる、出てくる。

組閣が終わり相変わらずの憲法改悪論者のサークルだと思ったら、

又農水相が辞任する不正経理が見つかった。

いったい、何のため政治家をやっているんだ。政党費は国民の税金だ。

年金問題、格差是正、再チャレンジの中身何一つ解決に向かっていない。

もう、信頼を国民から得ていないのだから、さっさと野党にバトンタッチして

出直す方が良い。自民党の清和会派の小泉、安倍路線は規制緩和をいいことに、

アナクロな前時代国家主義でルールもなしに国民に痛みだけ押し付け、

安心と平和をおざなりしてきた。

その間、しっかり自分たちは、権力亡者となり金を自分の懐にいかに国民をだまして

入れるかで日々を過ごしてきたわけだ。

社保庁の大量の横領事件が明るみに出るに従って、それを問いただすだけの

今の内閣の透明性はないといわざるをえない。

で、その中身はもうすっかり制度疲労してしまっているのが現状だ。

自分たちを支えてもらっている宮城県自連などからも、過去裏切り続けてきた結果

NOといわれるに及んで、はっきりとした。

もう茶番はうんざりだ。
by forceyoshi | 2007-09-05 19:17 | 政治、ニュース