人気ブログランキング |

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ヒッキー、君は・・・

ヒッキー、君は・・・

ヒッキーこと宇多田ヒカルは、クマちゃんが大好きだ。

エヴァのテーマ曲も歌っているが「ぼくはくま」という歌も歌っている。

そして本当にクマちゃんになってしまった。

これだ!中身は本人だ。

http://www.u3music.com/message/index.php?m=1&l=JP&d=2007112019022j.xml

好きだなー、こういうヒッキー。
by forceyoshi | 2007-11-30 00:59 | インターネット

食品偽装と商品偽装

食品偽装と商品偽装

ここ2年で、食品偽装、商品偽装、欠陥商品が次々明らかになってきている。

というか、最早詐欺行為だ。

これは総務省、経済産業省、公取が明確に消費者保護へ転換した成果だ。

今までは、潜在化していたものが一気に顕在化してきたといえる。

食品偽装では、ミートホープ、不二家、白い恋人、赤福、船場吉兆、

九州の明太子メーカー、そしてついに我がマックに崎陽軒とでてくるわでてくるわ、

今までの老舗もブランドもあったものではない。

「お早めにお召し上がりください」は、鮮度ではなく危険度だったと、しゃれにもならん。

これらは、日付を偽装し賞味期限切れ商品を、商品化したものが多い。

崎陽軒は成分重量順ではなく、記載し販売していた。

特に消費期限のラベル張替え、オイオイ!これは人の口に入る食品だぞ。

特に乳製品や肉類、卵類は食中毒や細菌が繁殖しやすく、死ぬ場合もある。

マックは品質基準導入のハセップの生みの親だ。

この惨状で、ミッシュラン上陸で星が増えて浮かれている場合か。

JASだろうとハセップだろうと、認可の基準を満たしても守らなければ

意味を成さない。この会社は、消費者の信頼にこたえてくれるだろうと

行政府は認可を出しているのだ。

雪印が食中毒を出した事件をこれらのメーカーは忘れているのか。

相変わらず蓄積すると体に害を及ぼす食品添加物も多い。

この際、ラベル張替えを困難にするシステムや食品表示の成分グラム表示も

必要だろう。

食中毒を起こす危険性の食品に関して故意にやった場合は、今後営業停止処分を

重くする必要がある。

もう一つは、まったく効能が無いのにTVなどで宣伝しまくってる

もはや完全に詐欺商品といった類だ。

最近では超音波蚊取器、銀イオン消臭剤「セボン」アース製薬だ。

いずれも公取より排除命令が出た。

銀イオンといいながら0.001ppmとほとんど検出されず主成分ではないが、

表示も広告宣伝も恥ずかしげも無く宣伝している。

このようなまぎらわしい商品が、実はまだまだたくさんある。

残念ながらこんな嘘八百を平気で売りつけてるメーカーが多いと

金商法改正や薬事法のように成分含有量表示と効果に対し

正しい表示を義務づけるとともに、効果の科学的根拠の表示など法改正が必要だ。

もちろん、商品自体がインチキで食中毒起こしそうな

偽装表示食品メーカーも、効果のない商品を売るメーカーも

消費者を裏切ったのだから、返金に応じるのは当たり前で、

あんまりなめていると今後行政府や消費者団体、弁護士らから

詐欺罪で告発されてもおかしくないぞ。
by forceyoshi | 2007-11-29 03:15 | 生活

又かよ、構造癒着

またかよ、癒着構造

先の継続居抜き内閣では、根本的に何も解決しないことを述べた。

その通りの結果が、今回の防衛収賄事件だ。

居抜きだから、小泉、安倍内閣の顔ぶれとあまり代わっていない。

今回守屋が国会で証人喚問に応じ、野党の追及により二人の大臣の名を明らかにした。

久間と額賀だ。いずれも元防衛大臣で、額賀は現職財務大臣でもある。

たーしか安倍は継続時に、今までのかばい体質批判に答え、問題があった場合は

辞めていただくと答えた。

福田に代わってもそれは代わらない筈だが、「会合に出ることは良くあること」と

言ってしまった。その感覚がおかしい。福ちゃんには、少しがっかりだ。

政府責任者として放置でいいのか。

ある財界人の主催で密室において官僚、企業、に加えて政治家が出席すること自体

癒着といわれるのだ。元大臣は否定しているが、山田洋行の元専務も守屋の発言の

信憑性を裏づけている。いまさら嘘を言ってもしかたあるまい。

それと、その黒幕の財界人とは誰かだ。表面上は山田洋行と守屋だが

影で国民の税金を食い物にする絵を描いていた人物が、居るということだ。

長年にわたる山田洋行の当時の専務と守屋が1,500万のゴルフ接待を受け

そこに当時の防衛大臣が企業の専務と事務次官が居る席に同席する。

企業は仲良しクラブではない。まして、会社から接待費が出ているのだから

純然たる企業営業活動だ。

で、その見返りに数百億の受注を防衛庁から受けるわけだ。

しかも、過度な割り増し請求までして。

東京地検は徹底的に真相を暴け。

で、その金はいったいどこから出ているか。守屋でも防衛庁でもない。

全部の金が1円まで国民の税金から出ているのだ。

こんなことばっかりしているから

国の借金は増え続け、一般国民の生活は楽にならないはずだ。

今後予算使途チェックは、与党や政府、防衛庁以外の第三者機関でやれ。

第3者機関と言っても政治家や官僚の息のかかった大学教授や税理士じゃあ

意味ないから、関係ない民間であることは言うまでもない。
by forceyoshi | 2007-11-17 00:36 | 政治、ニュース

ちょんまげ課長

ちょんまげ課長

脱力系第2弾 

よろしく哀愁・・・

こちら http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00093/v00824/
by forceyoshi | 2007-11-16 17:17 | インターネット

行政訴訟裁判員制度

行政訴訟陪審員制度

先日、このブログのコメントで多くの行政機関対国民との行政訴訟に対して

裁判に国民を参加させるべきだというコメントをいただいた。

大いに賛同する。そもそも、国会議員及び行政機関は国民に対して

サービスを提供するための機関なはずだ。

それが、何もせんで給与をもらえることいいことに、20年も薬害問題を放置し

業者と癒着した内部文書が明らかになった今でも、個人被害者を小出しにしている。

防衛庁では、山田洋行と守屋初め業者との癒着や過去の自民党大臣までの関係性まで

東京地検のメスが入り始めている。

それは今日始まったことではなく戦後ずっと

癒着システムが定着し、国民の血税を無駄にするどころか吸い取り、

逆に国民に対して命を奪うことさえしていることなのだ。

これを是正するためには、行政や政治に市民グループや弁護士などの

オンブズマングループが今後関与しなければ立ち行かないほど

麻痺しているのが実態だからだ。

行政訴訟において、被害者や原告である国民に対し裁判陪審員として

国民が参加することは、その被害の大きさから言っても、いつ自分も

同じ目にあわないとも限らない。

今、重大刑事事件のみ陪審員制度が始まるが、行政訴訟の国民参加も重要だ。

ぜひ国民が参加できる法律を作るべきだし、個人としても著名活動でもあれば協力したい。
by forceyoshi | 2007-11-15 00:15 | 生活

値上げをとめろ.2そのからくり

値上げをとめろ2.そのからくり

原油高騰から端を発した値上げラッシュ。ここでもっと分析してみよう。

原油高騰の主な原因のひとつは今後の中国やインドの需要増としている。

しかしインドはともかく中国は一人っ子政策で、今後日本より急激に少子化に向かう。

世界的にも車メーカーは、燃料電池車などエコカー開発にしのぎを削っている。

イラク戦争の影響もあるが基本的にアラブ諸国は増産体制だ。

しかも、オイルサンドは280年分あるといわれ、それまでに代価えエネルギー化は

人類が存続していれば、できるだろう。

で、本当の原因は先物投機で、失敗したサブプライムローンから

多額のファンドなどの投資マネーが原油や穀物に流れていることだ。

つまり人為的ということだ。これは明らかに生産価格から乖離しているバブルだから

どこかの国で政治介入すれば本当は、崩壊する。

二重課税のガソリン税を一時的廃止すれば、流通が安定化することはこの前述べたとおりだ。

そこで、他の値上げ品目で明らかに便乗と思われるものがある。

先のオイルショック時、トイレットペーパーを生産する製紙メーカーは

その生産過程の教訓から原油から原子力などに変えているはずだ。

もちろん天然ガスを使用するガス会社、タクシーも関係ない。

穀物をバイオ燃料にする小麦に由来する製品だが、

政府には必ずストックがあるから調整が出来るはずだ。

この際減反政策をやめ、一部建設会社がやっているように新しい農業の道も出来る。

こうしてみると、なぜ同時期一斉値上げなのか消費者は、おかしいと思うのが筋だ。

政府と公取は厳しく対応すべきだろう。
by forceyoshi | 2007-11-10 02:11 | 生活

辞任問題

辞任問題

民主党の小沢が連立構想の件で辞意を表明した。

安倍の時は国民の審判を無視して続投して結局自民の身内の

不祥事で党首を退いた。

今回は、密室協議に乗ったとはいえ、持ち帰り判断を仰いだのだから

辞意するほどのことではない。

当然密室協議に応じた国民に対する説明責任もあるし、今後の対処の仕方もある。

だが、そういうことなら自民の福田も同様に辞職せねばならない。

なんせ、連理構想に失敗したのだから。現在、1本も法律が通っていないと

連立の理由付けをしているが、そうではなかろう。国民にとって不要な法律は

1本もいらん。深く議論もしないで数の論理で押し切ってきた

今までの姿勢が問題だからこうなったのだ。

むしろ、今回の連立構想などという前時代的な策を弄したほうが攻められるべきだろう。

小沢が言っていた、民主党に対する中傷と一部マスコミの世論操作とは、なにか。

これは、読売のナベツネ事、渡邊恒雄と中曽根泰弘が

そもそも連立構想の仲介の仕掛け人だということだ。まさに前時代的構想から

一歩も出てない老害である。これらは、単に今までの自民の己らの利権が崩壊するのを

食い止めようとしているに過ぎない。福田も小沢も義理から断れなかったかもしれんが

国民からの大ブーイングで目が覚めただろう。時代は変わったのだ。

肝炎問題、格差問題、物価問題、急を要するこれらを放置し、

自分らの利権の政争道具にする無駄な時間はないはずだ。
by forceyoshi | 2007-11-07 01:00 | 政治、ニュース

広末ベーカリー

広末ベーカリー

今日はオフモードという時、ゆるーく楽しもう。

広末さんがパンつくりに挑戦している。

自分でもやってみたくなった。

こちら http://tv.freak-web.jp/hirosue/

他にも国仲さんや戸田さんが陶芸や、散歩!をしている。

こちら http://www.freak-web.jp/

スローライフだなあ・・・
by forceyoshi | 2007-11-04 03:22 | 生活

連立はいらない

連立はいらない

議会制民主主義というのは、国民から仕方なくでも選択された代議士が

国民の代理として政策を決定する。

本来、自民と民主の党首が密室で会談するのもどうかと思うが。

結果、自民が連立を模索していることが解った。

過去、自民は政権が危なくなると社会党でも連立を組み、社会党支持者からは

そっぽを向かれ取り込みにより弱体化に成功していた。

このニュースにはまったく国民が蚊帳の外に置かれ、勝手に話が進んでいた

事をあらわしていた。もし、目先の権力のえさに釣られ民主が連立を組もうというなら

今までの追及や、国民の参院逆転への信頼は裏切られたことになる。

さすがに、民主党は早く反対の意思表示をしたがそれでよい。

緊張関係があってこそ、自民も少しはまともになるというものだ。

国民は選択肢のない政治なぞ、今よりチェックが効かなくなるから望んではいない。

国民の信任を得ていると思うなら、民主党は参院から法案をどんどん出せばよい。

第1号の年金流用禁止法案も、長年社保庁を放置していた自民から先には

でんだろう。

これを即座に衆院で否決すれば、国民の事は相変わらず考えてない政党の烙印を押す。

そうなると自民も、改革の為に何が出来るかもっと深く考える事になる。

そこで国民にとって最善の法案に仕上げればよい。

今まで、官僚の言いなりが通らなくなるけど、今の福田ならできそうな気もする。

安倍時代の強行採決もやり直しだ。

今、耐震偽装から肝炎の薬害問題、格差、物価問題と後手後手に回る政策で

何が国民を泣かせてきたか、国民はよく知っている。

民主党は奢ることなく、街に出て市中の国民の声をよく聞き、王道を歩け。

自民も猛省し、厚労大臣や防衛大臣をコケにした官僚支配から抜け出し

国民のために何が出来るか考える時期だろう。
by forceyoshi | 2007-11-03 02:26 | 政治、ニュース

値上げをとめろ

値上げをとめろ

ガソリン代がリッター150円に突入した。それに付随してビールも

値上げだ。ガソリン代にいたってはリッター6円の値上げだ。

ここ2年の間に、リッターあたり50円もの値上げだ。

それは原油がないのではなくて、思惑で今後ガソリンの需要が益々増すだろうと

先物取引の投機の対象になっているからだ。

投機である以上、いつまでも上昇することはあり得ない。

利益確定の飽和点が来るからだ。エントロピーの増大後は一気に崩壊するだろう。

これは日本だけでなく世界市場で起こっているから、仕方ないとの見方もある。

果たしてそうであろうか?

ガソリン代の半分は税金だ。だから何に本当は使われるか解らん税金を

下げれば済むことだ。

ガソリン代値上げは、当然物流コストにも影響を及ぼし、

生活必需品の価格にも影響を及ぼす。

それだけではない。国内の車販売にも多大な影響を及ぼすのだ。

アメリカでは車は必需品との感覚だから、その場で乗って帰れるし

重量税や自動車税などのわけのわからんものもない。

最早若者は、車離れを起こしさほど欲しいと思っていない現実。

他方地方では、移動手段として車は欠かせないが

より家計に負担のない車にシフトする。

政府の無策でサラリーが増えずに逆に減っている状況で、

政府がこのまま放置していれば国民生活に、影響を及ぼすことは確実だ。

今、大企業は空前の利益を上げウハウハだろうが、

その利益を社員や社会に還元しない企業姿勢は、

消費者の手痛いしっぺ返しを食らうことを覚えておいた方が良い。

これは、放置している政治家にも言える。

資本主義の世界は需給で決まるのだ。生活を脅かすものに対し消費者は

だまっていない。本当に必要な商品以外買わなくなる。

企業の商品を買ってくれる消費者を大切にしない企業も政権も

消費者であり一般国民は必要としないのだ。
by forceyoshi | 2007-11-02 02:52 | 生活