人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

毒入り餃子事件.2

毒入り餃子事件2

生協の調査でその後、天洋食品以外の中華まんにも残留濃度の高い農薬入り

中華まんがみつかった。これは、日本の食品会社の管理下にある中国の工場だ。

一方徳島では、日本国内で殺虫剤をまいた時混入された可能性の冷凍食品も発見された。

昨日は、なんとJR東海の新幹線お弁当でも、消費期限偽装が行われた。

1年前から常習的ということだ。で、私は昨年新幹線で弁当食っているではないか。

どうやら大丈夫だったが、中には体調を悪くして方もいるだろう。

テツや弁当の楽しみを裏切るような行為は今後絶対やめてほしい。

まったく、食の安全は遠い昔の話のようだ。

だが、食の問題こそが生きていくうえで基本中の基本だ。

天洋食品の社長は「我々が最大の被害者だ」といっているが、本当の被害者は

高濃度農薬を食わされた日本の一般国民だろうが。一歩間違えれば確実に死者が出ていた。

で、厳重な管理下におかれている工場で農薬毒物混入は無いと主張しているが

日本で製造されていない農薬が検出された点、袋の内部からも見つかった点を

考えると中国でこの事実が報道されているかわからんが、きわめて中国内で起こった可能性は高い。

今後中国、日本の警察合同チームがどう捜査するかだが、

現に中毒者が多数出ていることは紛れも無い事実だ。

事実である以上必ず生産から、加工段階で意図的な方法がとられたことも事実だ。

しかも現在、小麦粉輸入価格は昨年よりほぼ50%値上げしているという異常事態だ。

食料自給率が米以外のきなみ30%代の今、自給率を高める政策に転換した方が

良いだろう。その上で、安全な食物輸入システムを中国などの外国と一緒に作り上げれば

今回の命がかかった教訓も生かされる。

江戸時代の昔から日本には農薬など無いから、田んぼや畑に肥溜めを作り

人糞や家畜の糞を飼料として、後はアブラムシの天敵のナナホシテントウムシなど

自然の摂理を生かした農業をしていた。まったく無駄の無いエコシステムを完成していたのだ。

今は住宅街だが、私の住んでいるところも昔はそういった畑ばっかりだった。

だが、戦後アメリカから進駐してきた進駐軍は、日本人が人糞を飼料にしていると知り

びっくりして近代農業の農薬を使うよう指導した。

そうして農薬による農法は、人糞より衛生的という観念から急速に普及した。

だが、残留農薬という人体に蓄積するという害までは考えが及ばなかった。

確かに人糞だと回虫なども発生するが、元々自然のものなので虫下しを飲めば治る。

いまさら人糞には戻れないが、生ゴミを堆肥にしたり益虫を繁殖させたり

ニームなど害虫駆除に役だつ植物栽培など、自然と共に生きてきた日本人なら

必ず新しい安全な食物を作り出せるはずだ。それを世界に広げていけば

新たな「安全な食文化」を生み出す国になるかもしれない。
by forceyoshi | 2008-02-25 02:38 | 事件、事故

栞と紙魚子

栞と紙魚子(しおりとしみこ)

今、日本テレビ系列で深夜やっている「栞と紙魚子の怪奇事件簿」

というホラー+ギャグ系ドラマをご存知か。

原作は、諸星大二郎で、70年代にジャンプで「孔子暗黒伝」というとんでもない

天才的な漫画を書いていた。栞とは,本の栞、紙魚とは本の虫のことだ。

で、ここの登場人物は、胃の頭町というところに住んでいる。

胃の頭町・・・そう、井の頭だ。東京京王線、吉祥寺の。昔、吉祥寺のレストランから

広告デザインを依頼されたこともあって、下北沢と並んで雰囲気が好きな町だ。

小さくても個性的な店が多いほうが、人の町のぬくもりがする。

で、登場人物はほとんど偉大なホラー作家、元祖ラグクラフトの小説からとっている。

このラグクラフトは、今の人類の前に実は異形の旧支配者がいて、

これが人類の地位を奪還しようとしているとした、宇宙規模のスケールでホラーを書いた人だ。

中でも原典とされる「ネクロノミコン」とク・リトルリトル神話体系は知る人ぞ知る本だが、

国書刊行会、創元文庫ともなかなか探すのは難しい。

私は、偶然図書館のリサイクル本でク・リトル・リトルの2巻から5巻まで手に入れたが

未だ他の巻は遭遇していない。諸星の本も新刊でもすぐ廃刊にしてしまう出版状況だと

テレビドラマ化をきっかけに復活してくれるのを待つしかない。

主演は、ブレーキの利かない栞に南沢奈央、巻き込まれ役、紙魚子に

AKB48(もち論アキバのアイドルグループ)の前田敦子が扮する。

ホラー要素を諸星大二郎がギャグでシェイクしてるのが面白い。

宇論堂という古本屋が舞台なのは同じだが、漫画の方の紙魚子は冷静沈着である。

ドラマは関東だと土曜深夜24:50分という時間だけど、

ネット仲間はみんな、当然起きてると勝手に思う。

後、今までの話は第日テレというネットテレビで、全部見れる。

ココ、http://www.ntv.co.jp/shiori/daini/index.html イヨッ!太っ腹!
by forceyoshi | 2008-02-23 22:50 | インターネット

車と道路

道路と車

今、国会で道路特定財源とガソリン税暫定税率で審議している。

国交省のでたらめさはどんどん民主党が暴いているが、本来それは自民政府与党が

予算審議するのだから精査すべきことだ。これだから官僚と癒着構造といわれるのだ。

国民は、しっかり見ているし、給与が上がらず物価が上がる一因の物流費に対しても

その対策をどうするか現実の生活でしっかりみている。

次の選挙ではっきりするだろうけど。

で、前回実際若者などが車を必要としていない事実を書いた。

現に、車の販売台数は3年連続で減少し、軽自動車までも減少に転じた。

水準は35年前まで逆戻りだ。養老氏風にいうと、GDPには貢献しないが

CO2削減に貢献していることになる。

なぜ必要としていないかが、新聞などのアンケートで浮かび上がってきた。

「車は無くても良いし、免許をとる気も無い」とその必要性を感じていないのだ。

もちろん価格と、バカ高い税金のせいで維持費が大変なのと駐車場保管場所確保も

問題にしている。

なんせ、普通車自動車税が39,500円、

ガソリンが今安いところでリッター143円X60リッター=8,580円

月3回でも25,750円となる。

そのうちガソリン税はリッター約55円X60X3=9,900円にもなる。

これに、もれなくなぜか消費税5%で1287円がプラスされ、27037円の合計となる。

他にもまだ任意保険と車検がある。2回目の車検だと約20万近くかかった。

そのうち税金として重量税37,800円、自賠責30,830円、印紙代1,100円

合計69、730円が税金だ。

まとめるとこうなる。

維持するだけで、毎年自動車税39,500円プラス新車を除き2年事に車検として69,730円

車に乗るとガソリン税月9,900円X12ヶ月=118,800円。これに駐車上が必要な場合

地方都市で年間12万くらいはかかる。

年間車関係で出る費用はガソリンだけで暫定税率のままだと324,444円。だが下がる保証は無い。

そのうち税金は158,300円となる。ほぼ半分だ。車検代は入っていないとしてだ。

そうなると今や端なる移動手段と見られている車なら、電車やバスの方が

はるかに割安だ。生活水準が伸びないなら、今後この傾向は益々拍車がかかるだろう。

だから、自動車を今後も売り続けたいなら、

アメリカ並み手続きを簡素化しその場で乗って帰れて

しかも税、車検など維持費も安くしなければだめだろう。

官とメーカーの消費ゲームにのせられるほど、今の国民は若者含め甘くないのだ。

これは人口動向でも交通網が発達している都市部に転入者が、増加している事実でもわかる。

交通網の発達していない地方では車が必需品のところ多いが、次の世代では

自分が地方でも都市部に移動することで、生活スタイルを一変させてしまうだろう。

車が無ければ、高い高速を地方に作る意味そのものが無い。生活道路の周りには

場合によれば家も増えるが、高速上に家は建てられない。

予算や維持費が高速よりがかからず

一般の人が利用しやすいバイパスのほうが良い。

又、地方都市を発展させるには、新幹線などの鉄道駅導入の方が

はるかに効果が高いといえる。

これは、長野新幹線で新設された駅のその後の人口増の動向で実証済みだ。

こう考えると、必然的に、国民生活に密着した事に予算を使うのが道理だ。

車所有者の国民だって財布は無限じゃないし、

しまいにアホらしくて車放棄するまえに、よーく考えた方が良い。
by forceyoshi | 2008-02-23 03:42 | 生活

イージス艦事故

イージス艦事故

先日起こったイージス艦事故は、きわめて人災の可能性が高い。

当日は、波も穏やかで視界も良好だったからだ。

回避義務は、右舷に船が見えた場合、右舷に確認した方にある。

今回の場合は、イージス艦にある。監視は3交代だが、そのハザマで

起こった可能性もある。問題は、事故からの対処の仕方である。

事故の被害者は、漁船だ。千葉の港を活動拠点にしている一般漁船だ。

当然そこの、航路上に入っていくわけだからイージス艦は細心の注意をしなければならない。

で、事故を起こしてしまい強化プラスティックの船体が真っ二つに分断され、乗船していた

2名の乗組員が行方不明となった。海上保安庁が漁船のGPSを回収したので、今後

事故の状況が明らかになるはずだ。

そこで、事故から実際政府に報告があがってくるまで2時間かかり、地元の千葉県に

連絡が入ったのはさらに2時間後の4時間後だ。これは石破防衛大臣など

閣僚に速やかに報告しなければならないという義務を怠っていることだ。

このような事故の場合、情報の遅れが人命に関わることは言うまでも無い。

事故が起こり自分たちで何とか対処しようとする気持ちも解るが、出来ないから

通達義務を課しているのだ。

これからは、法的義務を明記し、違反したものは厳重に処罰すべきだ。

又、必死に自分たちの仲間を助けようとしている

漁民たちに対し、マスコミと話すことを辞めさせようとした海自の幹部が居たようだが

自分の保身しか考えず言語道断だ。まず、深く謝罪し捜索手段を講じるのが筋だ。

とかく大きな乗り物に乗っていると、車でもそうだが自分も大きくえらいと錯覚してしまいがちだ。

だが、それはあくまで錯覚で降りてしまえば、ただの人間だ。

大型艦船は、民間だろうが自衛隊だろうが、今後混雑する海上では、警笛をならすとか

空港の管制塔のように交通整理するシステムが必要かもしれない。

行方不明になっている息子さんの方は、ホームレスに釣った魚を差し入れするなど

非常に立派な方なようだ。今は、一刻も早い救出を望む。
by forceyoshi | 2008-02-21 15:57 | 事件、事故

道路特定財源のでたらめ、2

道路特定財源のでたらめ、2

既に800兆実質1,000兆もの国の借金を抱えていて

どうしてこうなったかというと、その大半が国民の血税を湯水のように

使う官僚組織とそれに癒着するとりわけ道路族議員を初めとする族議員のせいである。

あまりに姑息な「ガソリン暫定税率つなぎ法案」は、取り下げたが

本質は今の与党では変わらんだろう。もちろん自民でも,この暫定税率は明らかに

おかしいと考えている議員もいるが。

本来行政や政治の役目は国民を豊かにするためのサポートだ。

だが、実際はその逆だ。だから年金問題、ガソリン税の問題、食の安全、建築偽装

ワーキングプアなどで国民が苦しまなければならんのだ。

官僚が決めるのではなく、国民が自分たちの金を何に使うか選択しなくてはならない

時代となってきたようだ。でないと、国民は一向に楽な生活が出来ん。

前回道路財源のでたらめさを書いたが、さらに明らかになったことがある。

予算の基本である道路財源根拠の統計が、最新のものでなく作成されていたということだ。

これは、今後人口減少に伴い必然的に流通が減るのに、馬鹿の一つ憶えのように

延々と道路が絶対必要で、初めに予算有りきだということだ。

さらに、ETC車専用の簡易インター予算が、国会答弁時には低コストを売りの8億円規模

だったはずだが、20箇所で3,000億円に膨らんでいた。

丼勘定通り越して、大盛り丼勘定だ。

この国の国交省官僚と道路族議員は、一部を除いて「節約」という文字を知らんらしい。

それ単年度予算使いきり制度という、およそ企業経営ではあり得ないシステムだからだ。

しかも国民から集めた自動車、道路関連税は検査もなくスルーで国交省に入る

システムになっている。之なら、これだけいるという数字合わせさせすれば、

使いたい放題だ。

しかも国交省にぶらさがる道路関連の特殊法人は、交通関係を独占し天下りの温床だ。

道路を作れば工場がきて、地方が発展するという妄想を平気で口にする議員もいる。

そんなのは、IT以前のはるか昔の話だ。本当に企業が必要なら、とっくに進出している。

道路が出来たからといって効率の悪い所に企業は進出しない。

道路を奥地へ作れば作るほど、美しい自然は破壊され動物たちや植物環境は汚染される。

そんなに日本を汚染して環境基準を守れるのか。日本の自然を世界や子孫に誇れるのか。

地方財政は当然必要だ。だが、それは之から益々高齢化が進む地域の医療や福祉

あるいは、起業育成に当てた方がはるかに国民のためになる。

これからは国民のためと本気で言うなら、政治家も官僚も

まず国民の生活基盤を立て直すことを考えろ。

年間、3万人以上が、若者、中・高年問わず自殺していく現状を直視しろ。

私は、東京の事務所に行く時、電車で行く。時間が読めるからだ。

で、週末は買い物、ドライブに車を使用するが乗ろうが乗るまいが日々、税金がかかっている。

であるなら、その税金はアスファルトではなく、道路族や天下り機関の飲み代でもなく

今困っている若者や中高年に直接役に立つことに使われるなら一向に構わない。

そういう国民参加型のシステムがあって始めて国民生活は向上する。
by forceyoshi | 2008-02-10 02:48 | 生活

毒入り餃子事件

毒入り餃子事件

ここ、1週間JTフーズの毒入り餃子に触れない報道は

なかった。私は、基本的に冷凍食品はあまり食べず、どちらかというと

作って食べる方だ。

が、利便性から冷凍食品を食べる人は年々増加している。

今回の毒物事件は、当初有機リン系のメタミドボスという舌をかみそうな

名前の農薬が、基準値をはるかに超える状態で冷凍餃子として食べられ、

何人も中毒症状を起こした。報道は最近だが、事件発生は去年6月まで

さかのぼる。さらに表面化したのは昨年11月だが、厚生労働省に

あがってきたのは今年になって最近のことだ。

こうして、消費者の訴えにもかかわらずJTフーズはろくに検査もせず

患者が担ぎこまれた病院の医師は、食中毒かウイルス性かも解らず

保健所に報告しなかった。さらに悪いことに、消費者が検査要求したのに

頭が固い保健所の職員は臨機応変に対応せず、結果として被害者が増大することになった。

この製造元の天洋食品は、JTフーズに限らず味の素や日本ハムなど食肉加工品を

多く卸している。本来ならJTフーズの名前で出しているのだからOEM生産といっていいかもしれん。

だが、実際は検査を厳格に実施してないし、管理職にJTフーズやコープの職員がいないようなら

コープの名もJTフーズの名前を製品に使うべきでなかった。実際コープは過去2度にわたり

安心が売り物で会員から金を取っているのに中毒事件を起こしている。

今回の場合は、袋内部で毒物が見つかったことから、中国の製造過程で、しかも事件性が

きわめて高い。これがどのように解決するのか様子を見るしかないが、

加工食品の検査基準も厳格化すべきだろう。現在の40%を切っている食料自給率問題や

輸入検査体制などの見直しなどシステムや法整備も必要となる。

そのためには、相次ぐメーカーの隠蔽犯罪により消費者が、

ということは一般国民が命の危険に晒されるなら「消費者省」というものも

必要になってくる。政府や消費者有識者会議を立ち上げたが、実際日々

スーパーなどで買い物をしている国民生活者を入れないと本当に必要な

システムは機能しない。そしてこれは、あらゆる分野に及ぶ。
by forceyoshi | 2008-02-09 02:56 | 事件、事故