人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

PPPだぞ、福田

PPPだぞ、福田

普通人間というものは、昨日自分で発言したことを何の

説明もなしに覆さないものだ。

それこそ、信頼がまったく出来ない人物となる。

それを福田はやっちまった。しかも自分の言葉でなく他人の言葉でだ。

昨日は、暫定税率は検討したいといっといて、今日は続けると

ねじが一つ緩んだか?それとも、党内で孤立するからか。

御手洗を呼んでの賃上げ要求、消費者、生活者重視の姿勢、支持率は

お先真っ暗だが、この事は一定の評価をしていた。

ガ、それと矛盾する発言を次の日するようではまったくいただけない。

以前書いたように、ガソリンが下がったからといって急にCO2も増えやしない。

車の量も運転者も一定だからだ。むしろ、今後少子化に向かい減少する。

こんな簡単な論理のすり替えで、だませると思うのか?

今はガソリン高騰が、物流などにも原料費とプラスされ、生活自体を圧迫している事実を

なぜ解らないのだろう。そうか、自分たちは公用車で税金で車乗っているからか。

ホント、PPP(ポケポケプー)だ。さっさと政権交代したほうが良かろう。
by forceyoshi | 2008-03-30 01:32 | 政治、ニュース

コレステロールとメタボ

コレステロールとメタボ

以前、メタボの根拠の85センチ説は、まったく医学的根拠に乏しい

事を述べた。私の親しい人で、ウェスト92センチだが、体脂肪11%の人がいるが

いつもジムで鍛えていて「身長、体重とのバランスを考えなければ意味ない」

といっていた。彼がスポーツインストラクターの適切な指示に従っている

ことは言うまでもない。

ダイエット洗脳に踊らされているわけだ。

その槍玉にあがっているのが、コレステロールだ。

ところが、まったく反対な説が出てきた。

血中の総コレステロール値が低い人は死亡リスクが高いことが、

浜崎智仁富山大教授、大櫛陽一東海大教授らの研究で分かった。

特に男性の場合、総コレステロール値が高いほどリスクが低くなる傾向となる。

 大櫛教授らの別の疫学調査では、「悪玉」とされるLDLコレステロールでも同様傾向ということだ。

これは17万人以上のメタ分析の結果明らかになった。

元々、このメタボという発想は心臓秒や肥満が多いアメリカ人からの発想だ。

幾ら体質が欧米化したからといって、本来の日本人の体質は

違うのだから比べても意味のないことだ。

思うに基本的に人間は、通常に動いていれば普通に機能するように出来ている。

私は、昔必ずチョコを登山に持っていったが、これはチョコのカロリーが運動量を支援し

糖分とカフェインが頭をすっきりと活動させ、判断を鈍らせないためだ。

通常に動いている身体を自分の意思に反して、非日常的なことを行うから

ストレスが蓄積するのだ。別に私は、太ってないが体質的に太っている人は

いつもテレビやメディアで攻撃するものだから余計なストレスとなるのだ。

はっきりいって、太っていようがやせていようが、そんなの本人の自由だ。

今後は、医学的根拠もないのに社会医療費を削減させるために

やたらメタボ診断などしないことだ。

それはこの前摘発された「ラ・パルレ」のように消費者に無理なローンを組ませ

るエステの格好の餌食となるような犯罪行為まで作り出している。

そのような、実際は医学的な裏付けに乏しい

イメージ先行CMのいわゆるダイエット機器や飲料のなんと多いことか。

消費者保護の観点から経済産業省と、総務省は効果のないくせにCMで

詐欺的販売している業者に販売中止命令を出しているが、被害が多くなる前に

今後もガンガンと摘発をしてもらいたい。
by forceyoshi | 2008-03-29 01:53 | 生活

ガソリン税は廃止か

ガソリン税は廃止か

いよいよ国民の70%以上が廃止を支持し、カウントダウンになってきたガソリン税、

今までいいように使ってきた道路特定財源だが、野党や小泉べったりマスコミ批判の反省からか

マスコミも本来の目的である、悪しきを正す方向に向かいつつあるのか

ガンガンとそのあまりにお粗末な国交省や道路族のあり方を追求し始めた。

カラオケは買うわ、マッサージ機を買うわ、旅行は丸抱えだわ、タクシーチケットは

使いたい放題だわ、いらんハコモノを作るわのやりたい放題で

冬柴大臣は、毎日このアホどものおかげで謝ってばかりいる。

だが、毎週、毎年ごっそりわけのわからん税金を取られ、こんなことに使われている

我々車所有者の身になってみろ!ガソリンが多少安くなったって許さん。

とっくに道路以外、「自分たちの都合の良い一般財源化」をしていたではないか。

それを今の今まで放置し、甘い汁を吸っていた議員も、市民団体に見せかけた

偽装を行っていた、実は省と随時契約の利害関係がある女性団代も

良心は宇宙の彼方へ捨ててきたのか。国民を、ただの都合の良い他人の

財布としかみてない者に、明日の日本も道路も語る資格なんてない。
by forceyoshi | 2008-03-25 04:13 | 生活

花粉症対策

花粉症対策

今、あちこちで飛びまくっている花粉。車にもびっしり積もる。

数年前、私も花粉症にかかってから毎年この季節は、最悪だ。

かかった人にしかわからないが、鼻水は出るわ、くしゃみが止まらないわ、

目は痒いわ、頭はボーっとして物事に集中できんわの日々だ。

この病気は現代病の1種で、数十年前はなかった。

あったとしても、患者が顕在化するまでではなかった。

今では、花粉注意報がテレビで放送され、一大花粉症市場を形成するまでになった。

ぜんぜんうれしくないが。

原因はいろいろ言われるが、アレルギーを押さえ込もうとするレセプター因子

が防御的に作用するといわれている。

ある大学教員によると、食物の添加物、排気ガスの粒子も作用するのではないかと

いっている。有機野菜を徹底して取るのと食品添加物に極量注意して

花粉症が治まったからだ。現代人と、昔の人間の差は確かに食物添加物の摂取量だろう。

水銀や残留農薬も蓄積している身体は、自然治癒力や抵抗力を徐々に

奪いつつあるのかもしれない。

花粉症になったことのない人は、ある日突然発病するから、

自分は大丈夫だと思わないほうが良い。現に私がそうだからだ。

で、いろいろ薬も試した。

今年は、第2世代の抗ヒスタミン剤で、宣伝している「サジテン」も試した。

はっきりいって、効くのだろうが超強力な睡魔が襲ってきて、寝てる間効いている感じだ。

眠れない時はよいだろうが、運転中は危険だから、服用してはいけない。

仕事中も、これだとぐっすり寝てしまいそうだから、仕事中寝るのが趣味

以外、注意したほうが良いだろう。

で、買ってしまったサジテンは寝る用にして、今は「ペアコールLG」に

している。薬との相性もあるだろうが、これだと鼻と頭はすっきりするし

眠くならないのが良い。

後、花粉症の経験上重宝しているのが、「ホールズ」だ。

ホールズのメントールの味付けが鼻をすっきりさせるので、電車などでは重宝する。

同じ結論に至った花粉症の人たちもいるらしく、この前ホールズだけ

スーパーで売り切れていたけど、お勧めだ。

桜が満開になるころには、治まっていくので同病の人たち、がんばろうぜい!
by forceyoshi | 2008-03-24 03:23 | 生活

しょこたん的生活リターンズ

しょこたん的生活リターンズ

ある最近の統計によると、睡眠は、寝すぎても足りなくても身体に良くなく

糖尿病などの危険性があるといわれる。

で、最適な睡眠は7時間だというのだ。ほっといてほしい!

今時の社会環境で、そんなことが守れるならとっくにやっているワイ。

このブログも、深夜越してたまにもう朝になろうとするのに、

なぜか見てくれている人がけっこういる。

コメント嵐防止のため今はコメント受け付けてないが改めて感謝する。

私は、人間という動物は、結構環境になれる動物だと思う。

判で押したような規則的な生活をしても、人間として幸せとは限らない。

「しょこたんこと中川翔子」は、貪欲に生きるため生活の睡眠時間を削っているが

体内のどこかで調整している。私は健康のためタバコを勧めないが

かといって喫煙者に対し強制的に辞めろとは当然言わない。

そんなのは個人の自由だからだ。同様にメタボと騒いでいる連中にも

厚生省とダイエットメーカーに踊らされているんじゃないといいたい。

太っていようがやせていようが個人の自由だ。中身には関係ない。

それにウエスト85センチの医学的根拠なんてないからだ。85センチ以下でも

60%が糖尿病だ。むしろ不安をあおる社会的ストレスのほうがはるかに

害が大きい。CMでも何でも仮想敵を作るアメリカとのんびりとした隣接する

カナダでは犯罪発生率が断然カナダが低い。

昔日本の田舎や街で家に鍵をかける人はいなかった。物がなかったのもそうだが

スローな生活が人と人の関係を安心感を与えていたといえる。

寝ない、眠れないにはこうした獏とした不安要素と逆に今は代償として

ネットで繋がっているという安心感が代わりを果たしているのかもしれない。

だって、世界中の人間と繋がっているから。

これって寝なくたって、すごくワンダホーーー!!
by forceyoshi | 2008-03-16 02:58 | 生活

メタミドホス1万倍

メタミドホス1万倍

千葉で見つかった中国餃子だが、新たに基準値の1万倍もの

メタミドホスがみつかった。

これは下手すると死んでしまう量だ。

幾ら、中国の残留農薬だってさすがにこんな農薬を残さないだろう。

そうなると、益々事件性が高くなるが、既に製造元の天洋食品では

従業員をほぼ解雇し、散々になってしまった。これを報道したのは

新聞で1紙だけだが、今後警察の捜査は困難を極めるだろう。

農薬浸透実験だが、中国と日本では調査に大きな開きがある。

それなら合同で、実験をやるべきだろう。科学的調査により

初めて本当のことが解る。それと、以前記事に書いたが古来の方法

益虫を使った農作物栽培も真剣に考えたほうが良いだろう。これは、

農薬に頼らず自然界の摂理を利用するやり方だ。アブラムシの天敵の

ナナホシテントウムシやハチ、害虫に寄生する納豆菌の1種など、既に宮崎県などで

実験的に取り組み始めた。いかに、先人の日本人や東洋人は自然と共存してきたかが

解ろうというものだ。

「鹿男あをによし」ではないが、八百万の自然界の神と共に自然に対し謙虚に

いきていたことを忘れてないか。

現在農薬市場は3,500億とされている。だが、自然界の昆虫を生かした方法をやれば

コスト減にもなる。これは通常農薬で26万円くらいだが、菌糸や昆虫を活用した場合

16万円位なるという高知県の農業振興センターのデータでも実証済だ。

今や、中国はあらゆる面で世界の工場だ。だが、こうした日本の優れた知恵を

生かし協力し合えば、世界に安全な食料の供給も出来る。それもこれも、

今後の日本の農業政策がキーを握っている。
by forceyoshi | 2008-03-15 04:15 | 事件、事故

円高と原油高

円高と原油高

一時、1ドル100円を切った為替相場だが、サブプライムの問題が

ここにも波及してきている。同じように、NYの原油が110ドルを突破した。

今の原油需給は、現実的には問題なく供給量はあるのに、なぜ高いのか。

これは、投機マネーがサブプライム問題を口実に

有利な行き場を求めて、意図的に価格を吊り上げているからだ。

いずれ沈静化するだろうと思ったが、意図的である以上各国政府が

もっとインパクトがある経済手段を講じなければ、だめだ。

投機である以上、投機マネーを入れ込んだ人間だけが

ぼろ儲けするようになっている。それに伴い、必ず損する人間が出る。

それが、アメリカ国民を含め一般の国民というわけだ。

こうしたドル売りは当然円高を加速する。

円高になれば自動車など輸出産業は痛手をこうむるが、円安の時は黙ってガンガン

稼いでいたのだから、まあイーブンてとこだろう。

基本外需頼みの日本だが、円高は、輸入には当然値下げ効果が期待できる。

ガソリンや穀物など輸入に頼っている物資は、安くなる。

もっとも以前指摘したように、政府にはいざという時の備蓄があるし、

ガソリン税は、国民の特定財源を勝手に「自分たちのお楽しみ旅行」のため

国交省の役人どもが使っているのだから、辞めてしまえばいいだけの話だ。

そうすれば、あまりの無策でここ急激に倒産した運輸会社も助かるし、

物流コストも下がる。円高がきいてくるのは、現物の在庫が減ってからだろうが

何かと理由をつけ値段を吊り上げる企業も、ホッタラカシの政治対応も

今後鋭く見ていく必要がる。
by forceyoshi | 2008-03-14 03:46 | 経済

わからん携帯料金

わからん携帯料金

毎年、4月になると社会人や学生需要で携帯電話の移動が多くなる。

ソフトバンクが携帯料金に風穴を開けてくれたおかげで、ウイルコムなども参入し

携帯料金引き下げが始まっている。まあ、これからが勝負なわけだが。

日本の携帯は肩がけ時代からすごい勢いで進化し、今や財布代わりにも、

音楽プレイヤーにもテレビにもなったわけだ。これでもかのてんこ盛りで

その分価格も高く説明書も分厚くなって、それをカモフラージュするために

携帯を0円で販売すると見せかけ、分割で料金に上乗せして回収する

仕組みになっている。買う方としてはそちらの方が買いやすいから良いが

各社入り乱れて新料金プランを出すものだから複雑でまったく

他社より安いのか高いのかわからん。でも、比較サイト先駆者

「価格コム」 http://kakaku.com/keitai/ranking/ で

料金比較が出来る。これは大変参考になる。細かく比較しなければ

解らない料金体系に問題がある

ガー、もう一つ注目すべき落とし穴がある。

それは他社に乗り換えるのを防ぐために、解約手数料を取られることだ。

その解約手数料の根拠はいったい何だ。

これはだいたい2年更新で行われるが、問題なのは各種割引更新が自動更新ということだ。

元来契約条項で、しかも金銭に絡む重要事項だからメーカー側は消費者に対し詳しい説明を

行うべきだし自動更新ではなく事前に告知すべきだ。

他社へ移動するたびに料金がかかっていたのでは

何のためのナンバーポータビリティだかわからん。

総務省は、消費者にわかりやすい料金体系に整理させ、その上で各社競わせるべきだろう。

現在、携帯市場は世界的に見て実は外国メーカー、アメリカ、モトローラ社、フインランド、ノキア社と

韓国、サムスン、ソニーエリクソンなどの独占化が進んでいる。特に、ノキアは世界の35%の

シェアだ。日本は、これだけ機能があるのに「その他」項目で大きく水をあけられている。

となると、限られた日本のパイを取るには各社子どもにも携帯を持たせ、

使えない老人にも持たせ、いらない人にもあの手この手で持たせるという手段になる。

だが、よく考えてほしい。家族でメールもいいが、チャンと顔を会わせて、その倍話したほうが良い。

料金はかからないし、電磁波も飛びかわないし、情のつながりはプライスレスだ。

それに小さい子供に携帯は不要だ。電磁波の脳の影響が不安だし、

メールでいじめに使われる可能性が多い。

私の友人の子供は、携帯のネットゲームに夢中になり、パケ放題が無ければ

15万の請求が来るところだった。一昔では考えられない方法で、家計破綻だ。

携帯は持てば便利この上ない。

特に待ち合わせや仕事では手放せないが、携帯に行動を支配され

それでかえって本当の人間関係が希薄になるなら本末転倒だ。

後数年もすれば、「そういえば、ついこの間まで用も無いのにやたらメールや

ゲームしてたけどあれはなんだったんだ。あの時間は・・・」なんてことになるかも。
by forceyoshi | 2008-03-12 03:04 | 生活