人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ストリートビューの功罪

グーグル・ストリートビューの功罪

昨年グーグルアースでぶっ飛んだが、今度のグーグル・ストリートビューは

もっと細かく上空ではなく人間目線で画像を見れるようにした。

見れるが、これって個別情報ではないのかと言う疑問がまず浮かんだ。

「やりすぎだよ、グーグル」と言う感じだ。

住所を打ち込むと自宅が写真で写り、しかもカーソルやマウスで画像を動かす事が可能だ。

道路面に面した、関東地区の多くと地図で指定した区域は見れる。

これは路上から勝手に撮影された自宅の映像が世界中に、

垂れ流しになっている事を意味する。

ネットを使わない人も使う人もこれは、よく考えなくてはならない問題だ。

これは元々水平方向の画像を取り入れ、

地図と画像のデータベース販売と近所のお店などの広告収益が目的だからだ。

官公庁のインフラや不動産屋にはいいだろう。

だがこれほどはっきり画像で解ると、以下のことが当然起こりえる。

居ながらにして他人の家の構造、間口、所有車が特定できるということは

泥棒やストーカー、リフォーム詐欺や場合によってテロなどの犯罪に利用される事も十分ありうる。

もちろんプライバシーの侵害にも当たる。

日本では盗撮による法的規制が不十分だが、現実に被害が出ている事を考えると

早急に法的整備が必要だ。

試しに自分の住所を関東近県と指定区域の人は打ち込んで見ればよい。

そこで映し出された自宅を見て、多分あまりよい気はしないはずだ。

と言うか気持ち悪い。

現に先行したアメリカでは訴訟問題になっている。

日本でもこれは今後大きな訴訟と損害賠償の対象となるだろう。

グーグルでは削除要請できるとして以下の一連の手続きで出来るとしているが

世の中、ネットと無縁の人も多数いることを考えると、手ぬるい。

グーグルは早急にシステムとして容易に削除できるシステムと

ネット以外の人に告知すべきだ。

一見便利なものでも度を過ぎると凶器となる認識を持ち、大変な問題になる前に

良識有るグーグルの幹部は早急に対処すべきだ。

もちろん私は削除要請した。

削除要請方:ストリートビューヘルプをクリック。画面下の「不適切な画像を報告する」

をクリック。以下、内容を入れ送信。
by forceyoshi | 2008-09-29 03:01 | インターネット

失言世襲内閣

失言世襲内閣

安倍、福田と放り投げ内閣を2度も無責任にし、国民の信も問えず

麻生内閣が誕生した。

小泉時代からの単なるスライドお友達内閣は、安倍の時と同じだ。

しかも、世襲議員が内閣の3分の2以上を占めるにいたっては、

国民感情から言っても、いいかげんにせーよである。

世襲も続くと、国民生活に疎いから国民への奉仕という事を忘れるらしい。

各大臣が決まって早々、失言と金のスキャンダルまみれとなった。

中山国交省大臣は、千葉のごね得から始まって単一民族発言や

差別発言のオンパレードである。

過去同様な発言で顰蹙をかったにも拘らず、懲りずにアルツ的発言をしている。

これは根っからのサイコパスで、そもそも議員になる資格なんぞ最初からない

エリート主義崩れの差別主義者に過ぎん。

中山ほどでないにしろ、麻生も岡崎市の問題をとっても国民のためと言いながら

何度も同様な発言を繰り返しているところを見れば、

国民の事を考えているとはとても思えん。

人をアルツという前に自分たちこそ、それにあたる。

小渕大臣は談合による指名停止処分を食らった企業から停止中にも拘らず

政治献金を受けていた。発覚したから返せばいいと言う問題ではない。

資質と良識の問題と言う事だ。

国民の命を危険に晒しながら、まだ懲りずに

こんな事を繰り返しているから、建築偽装や汚染米のようなことが起きるのだ。

良識ある国民はとっくに見切りをつけている。

さっさと解散し、政権交代して一から出直せ。
by forceyoshi | 2008-09-28 02:47 | 政治、ニュース

アフラトキシンB1

アフラトキシンB1

三笠フーズの事故米の中にまだ解明されていないメタビドボス以外の

毒物がある。「アフラトキシンB1」実にラット実験で肝臓ガン発生率100%だ。

そこでおなじみユーチューブでこんなのが出ていた。

こちらだ。   http://jp.youtube.com/watch?v=fW8Zn39D6z4

汚染米分布と肝臓ガン発生地域が重なっている。

20代から40代がもっとも多い。

それが原因か特定できないが、弱い毒物でも毎日摂取すれば発病する。

米の自由化1993年以降、どれだけ消費されたかわからないが

確実に国民の体内に蓄積され続くたことは事実だ。

コンビにおにぎりまで含まれていたと言う恐るべき事実に及んで

これを放置していた歴代政権と政府、農水省の責任は極めて重い。

やはり政権含めシステム自体を根本から変えねば、だめだ。

国民の命を何だと考えている!
by forceyoshi | 2008-09-20 01:28 | 事件、事故

リーマンとAIG

リーマンとAIG

リーマンが破綻した。原因は一般的にはサブプライムと言われている。

私は仕事の一部として、とあるリート会社に関わりがある。

そのときライバルとして必ず登場するのが、リーマンやゴールドマンサックスだ。

当時からリーマンは不動産取得やM&Aに積極的で、且つ決済スピードが速かった。

そうして得た東京の銀座や新宿の1等地がけっこうある。

リーマンやゴールドマンが関与している日本の土地は非常に多い。

これらの資産売却の影響はよいにつけ悪いにつけ、これから出てくるだろう。

日本の多額な国債の引き受け手にもなっている。

そのリーマンに付随して保険会社のAIGグループもヤバイという話が出ていた。

AIGは毎日必ずと言ってよいほど登場する「月々の掛け金と保障額を明記した」

CMで有名な、通販保険のアリコもグループの一部だ。

今まで日本の保険会社は、あいも変わらず行政の認められたリーフレットと

縁故とオバチャントークで成り立っていた。

そこに月々幾らでというダイレクトセール方で明確で解りやすい

保険料提示で進出してきたのがアリコだ。

元々保険商品は家族が怪我、死亡したときに残された家族の生活を守ると言う

キリスト精神から発生した金融商品だ。

金融商品というのは、そうして客から預かった金を運用しているからだ。

日本の生保が軒並み不払いから金融庁の指導と客離れを起こしているのに

反比例するように業績自体は伸ばしている。ガ、その運用先にサブプライム債権が

入っていて連鎖的に保障と言う性格の商品から破綻していった。

FRBがぎりぎりの判断で公的資金導入に踏み切ったのは、仕方の無い事だ。

なんせ、この会社がつぶれると文字通り世界中の保険契約者にとって

とんでもない直接的損害となるからだ。当然連鎖して銀行もスッ飛ぶ。

日本の保険契約者や従業員雇用にも莫大な被害を及ぼす。

リーマンが野村の3倍の日本の国家予算ほどの資産をパーにしようが

AIGが世界中の国民への直接被害を及ぼし、アメリカ経済の信頼を失ってしまうことだけは

避けたかったのだろう。

昨日はそれで持ち直したが、今日は又値を下げたが。

では、アメリカのバブル崩壊は日本のように失われた10年となるのか?

日本は実際のところ一般国民生活給与から言えば10年どころか

ずーーーと失われぱなしだが。

私は、アメリカ経済に関しては意外と楽観視している。3年くらいは低迷するだろうが

事、金融商品の開発に関してアメリカ人やイギリスを初めヨーロッパ人の柔軟な頭のよさに

かなうものはいない。株式市場も資本主義経済も彼らが作り出したものだからだ。

だから、きっと不死鳥のようによみがえるだろう。
by forceyoshi | 2008-09-19 03:40 | 経済

汚染米の経路.2

汚染米の経路.2

三笠フーズに端を発した汚染米流通は、通常流通経路に流れたので

現在わかっているだけでも、350社以上に及んだ。

一時農水省は、我々国民が食べてしまっているかしれんのに

公表を五月雨式にしか流さなかった。

その機能しない行政と三笠フーズは同罪と言える。

これに業を煮やした福田内閣は、調査を内閣府管轄する事に決めた。

調査は消費者庁担当の野田と第三者機関だ。

これを受けて、農水省は公表せざるを得なくなったわけだ。

無策で終わる福田内閣だが、唯一まともな政策は消費者庁の創設だ。

政権が変わろうと、こんなにも国民や消費者をないがしろにする社会では

横断的な権限を持った消費者を守る組織が必要だ。

一時消費生活センター自体をなくそうとした、とんでもない動きが行政側にあった。

これを覆したのは、福田だ。その点は素直に評価できるが、問題は手足のように動く

協力者に恵まれなかった事だ。

公表された業者には、家族経営的な零細企業の和菓子メーカーや菓子メーカーもある。

彼らもまた悪徳業者と農水省の被害者だ。政府は細かい救済措置が必要だが

同時に一番の被害者は、何も知らないで長年口にしてきた我々国民だ。

当初脳薄い大臣、いや農水大臣は「たいしたことない」と言っていたが基準値の6倍の

メタビドボスを長年摂取してよいわけないだろう。

こういう人でなし閣僚がいるから、国民は政府を信用しなくなるのだ。

毒物は体内で排出されず蓄積され臨界点に達しいつか発病する。

相変わらず総選挙むけに税金使って自民候補者は全国遊説ショーしているが

その前に、自分たちの管轄で福田や消費者庁に「何が協力できるか」

具体的に行動したらどうだ。
by forceyoshi | 2008-09-18 01:08 | 事件、事故

ツェッペリンよ、新作を出せ

ツェッペリンよ、新作を出せ!

レッドツェッペリンの紙ジャケが、又出た。

「紙ジャケをぶっ飛ばせ」と過去記事で書いていながら、

ついつい業と言うのかツェッペリンは買ってしまっている。

特に今度のは初版のターコイズジャケで中袋も同じ、しかもビニールコーティング

してあり、マニア心をくすぐるすべを製作者は知っている。

中身のCDも英国版初期と同じだ。

だが、購入した動機はもうひとつ、液晶用の新素材を使ったCDであることだ。

LPもそうだが、素材の質は大きく音質に影響を及ぼす。

早速聞いてみたが、相当音の奥行きなどLPに近くなってきている。

ノイズが無いだけよいとも言える。

だが、しかしこうしてベストや再発版をループのように聞くのもいいが

ページよ、プラントよ、ジョンジーよ、O2アリーナであんだけできたのだから

そろそろ新作を出したらどうか。ドラマーはボーナムの息子でいい。

ストーンズもポールマッカトニーも新作を出し続けているんだ。

彼らに出来ないわけが無い。

ファーストやセカンドアルバムのように飛び切り切れたロックな魂と

アキレスラストスタンドのようなソリッドな音楽は彼らしか出来ない。

全世界のツェッペリンフリークたちよ。出来れば英訳し、

多くのファンが新作を待望している事を伝えてほしい!
by forceyoshi | 2008-09-15 03:47 | エンタメ

汚染米の経路

汚染米の経路

今回の騒動になっている汚染米流通は、本来行政機能が正常に機能していれば

防げたはずのものだ。いわば人災だ。

なあなあの事前報告検査で、チェックすらできないなら、そんな組織は必要ない。

先の記事にも書いたように、最早農水省含め官僚システムは制度疲労を起こしている。

これと似たような事件が何度も繰り返されている。エイズの血液製剤事件、

C型肝炎の血液製剤事件、省庁は変われども大手企業との天下りによる癒着構造

解明が後手後手になる長年の腐った政治、官僚システムがそもそもの元凶だ。

システム自体変えなければ、今後も同様な事件は続く。

泣きを見るのはいつも一般国民というわけだ。

一般国民が監視チェックするシステムにすれば、こうした事件は防げるはずだ。

三笠フーズは、農水省のメタビドボス+2種有毒農薬入り事故米を農水省から

打診され安く買い、それを食用に偽装した。

それをいくつもの仲介業者を通し、どんどん価格を吊り上げ販売した。

毒入り中国餃子と同様に悪質極まりない。むしろ、企業犯罪なのでより悪質だ。

大手だから安心は最早過去の話だ。昔は大手と言えば品質に誇りと自信を持っていたが

それを逆手に取るモラルハザードしちゃった経営者を見ると

今や小さいほうがまともに商売やっている気になってくる。

それを知らないで買わされた焼酎メーカーや菓子メーカー、病院食を作っている企業は

裏切られた思いを察すると誠に気の毒だ。

老健施設の老人や保育園の園児では最早消費してしまっているケースも多い。

そもそも、何で事故米なんかを買っていたのか。元をただせば国民の血税だ。

今後事故米は返品すると農水省は発表したが、遅すぎるって!

初めからいかなる理由があろうと、そんなものは買わずに返品しろ。

今後農水省が己の愚かさと保身のため小出しにしている、菓子メーカー公表へと

発展するだろう。

それらのメーカーは当然被害者だから三笠フーズや農水省相手に

当然損害賠償を請求すればよい。

だが、最終的に口にする消費者のためを思うなら、一刻も早く自主的に公表し回収すべきだ。

もちろん被害こうむった病院も保育園の保護者も知らずに毒を食べてしまった消費者も

当然損害賠償の権利がある。

人災である以上必ず、三笠フーズ社長にとどまらず農水省にも当然犯人はいるが、

システムを見直さなければただの犯人探しで終わる。

再発防止にはシステム自体を変えるしかない。
by forceyoshi | 2008-09-14 02:52 | 事件、事故

茶番はいらん!

茶番はいらん!

超久し振りの更新、お元気でしたか?

さて、自民福田は臨時国会を前に、又も放り出し内閣となった。

無策のまま放り出し、無責任ここに極りだがいまさら始まったわけではなく、安部のときと同じだ。

最早自浄能力も無ければ政策能力もないのが今の自分勝手党に

なっり下がった自民党だ。

なにしろ、この無策の結果は全員担当政党の責任があるはずなのに、

そんな事はきれいさっぱり忘れて、総裁選の茶番ショーで図々しく誤魔化そうとしている。

テレビも連日取り上げているが、いい加減公共の電波を使ったちょうちんは辞めろ。

益々、国民はこの出来レースから離れていく。

今度の顔ぶれは、全て小泉時代から福田までの閣僚関係者にしか過ぎない。

福田内閣の時、ちゃんとしたサポートや政策を打ち出さなかった輩が、

厚かましく出ているが、そんなのは単なる延命にしか過ぎない。

第一、国民の命をないがしろにして平気で汚染米をばら撒くような体質の

緩みきった官僚と政治家の癒着システムでは、存続の意味はない。

公明党も庶民の政党を謳っているなら、あまりにかけ離れている今の自民とは

はっきり決別すべきだ。

国民は今の格差社会の元凶や物価高の無策はどの政党がやっていたか

総裁選があろうと無かろうと身にしみて、しっかり覚えている。

さっさと解散して、国民の信を問い政権交代したほうが少しはましだ。

だが、政党が代わっても官僚組織がそのままなら、社会はいっこうによくならん。

そこで、市民団体もしくは一般市民からから事務次官クラスをだし、

2年任期でバッチリ消費者と国民のためになる調査をすれば良い。

少なくとも、なあなあの癒着検査で有害な食物や商品が流通する事は減るはずだ。
by forceyoshi | 2008-09-12 23:44 | 政治、ニュース