人気ブログランキング |

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アニメ箱物はいらん!

アニメの箱物はいらん!

相変わらず、アニメ文化といっている割には、発想が古すぎる

「アニメの殿堂」という名の国営マンガ喫茶計画。

いくら、箱物とはいえ117億は、どのような建設設計の積算だろうか。

はっきりいって、いまさらTV局や映像製作会社、電通などの広告代理店の著作権利を

国民の税金を使って、どうするつもりなのか、意味が解らん。

上記の映像関連会社は、飯の種だから十分独自で管理している。

まず、政治としての優先目的は国民の生活向上だろう。

それこそネット難民の住居や生活に困った人を助けるのが今は優先だ。

だから、民主の鳩山のほうが、正しい。

厚生労働省分割案も、その内容はわかるが実は読売ナベツネ発信だし、

麻生政府側はもっと詳細を煮詰めてから政策提案すべきだ。

で、紙媒体の漫画は、コミケの創始者がすごいコレクターで情熱を持って収集していた。

残念ながら、亡くなったので、その遺志は明治大学が漫画図書館という形で開架

することになった。もちろん一般の人も見れる。

一大コレクションがこういった形で多くの人の目に接するのは

遺族の漫画文化に対する理解があってからこそだ。

明治大学の英断とともに深く敬意を称したい。

このほかにも、日本国内で既にアニメライブラリーも数箇所ある。

それにだ、世界へ発信するならヤフー動画やギャオなどの動画配信サイトがあるではないか。

ということは、やっぱりいらんではないか。

維持費に莫大な税金が投入される無駄を考えるなら、配信サイトを充実させたほうがよい。

それから、これが肝心だが、アニメは勝手に出来上がるものではない。

アニメーターが安ーいギャラと、劣悪な労働条件の下に夢を売る作業をしている。

この環境を知ってて能天気に「アニメの殿堂」を建設族官僚と一緒にぶち上げるなら

正にサイアクだ。
by forceyoshi | 2009-06-24 03:16 | 政治、ニュース

エコポイントはエコか?

エコポイントは本当にエコか?

給与もボーナスも目減りしているのに、エコポイントというのをひねり出し

最近はやれ地デジテレビを買え、エコカーを買え、ついでに省エネエアコンを

買えと連日テレビでウルサイったらない。確かに大企業救済景気回復の

一環だろうがこれをひねり出したやつらは、多くの国民給与を知っているのか。

はっきりいって「そんな余裕はない!」

第一、大きな冷蔵庫や大きな地デジテレビを買うほうが、多くのエコポイントが

つくというのはどういうことか。エコというなら、より環境や資源に負荷のない

小さなものを買ったほうにつくのが本当のエコだろう。

これは、エコという題目を利用した単なる消費啓蒙活動に過ぎない。

第2に、何で今使えるものを、わざわざ使えないようにする必要があるのかと

いうことだ。PSEのときのドタバタを思い出す。

先日、高速を走っていたらロータスエランにでくわした。

山道では、シトロエン2VCとすれ違った。

どちらも、非常に古い車だ。でもこうやって、古い車を維持するのは

まさに余計な資源を使わないから、エコだともいえる。

もっと重要なことは、彼らは車文化を守っているということだ。

で、地デジに移行すれば、今のテレビはただの箱だ。そうなると、ドカーンと大量の

産業廃棄物が一気に出ることになる。回避するには、地デジチューナーを無料で配る

ことぐらいだ。

地デジカに対抗してアナログマが2チャンから出てきて話題だが

当然の成り行きといえる。

一方東京都多摩の「日の出町」町長は御年は80歳を越えているが、

税収を70歳以上の医療費無料、15歳以下の医療費無料に使った。

ブログ市長と呼ばれる人は、職員の給与明細を公表した。

実に年収700万でそれでも全国平均値で飛びぬけているわけではない。

国民生活第一の改革のやり方はいくらでもある。

旧態依然のやり方ではなく、まず国民の給与を上げる方策か、

所得税減税や消費税の一時撤廃のほうが実質効果は大きい。
by forceyoshi | 2009-06-07 03:29 | 生活