人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

国民審査権

国民審査権

今度の衆院選には、もう一つ国民が選ぶべき選挙がある。

それが最高裁判所の裁判員を決める選挙だ。

選挙といっても、方式として罷免する裁判官だけにX印をつけるものだ。

この方式は、白紙投票なら信任したとみなされるようにできている。

本来なら一人一人によいか悪いか、選定していくべきだ。

でないと、安易によくわからないから、白紙でいいやということになる。

むしろ、それを目的としている。

現在最高裁裁判官が、国民の直接選挙過程を経て任命されてきていない以上、

罷免するか、しないかはきわめて重要な選択だ。

なぜなら彼らは任期期間を考えると、次にはでていない可能性が多い。

それと、対象者の情報があまりに少なすぎる。

どういう過程で、誰が任命してその人物がどういう判決を下してきたか

国民目線で公平に判決を下しているかどうか。憲法の基本を厳守しているかの情報が少ない。

ネットである程度拾えるかもしれんが、それが客観的事実か判断するのは、きわめて難しい。

この問題に一石を投じる新聞1面の意見広告がでていた。

イーウーマンという会社の社長が弁護士と対談している形式だ。

それは、住んでいるところにより1票の差別が生じていることを、

是正しないで容認した裁判官の氏名を公表していることだ。

この会社の思想的背景も、一人一票実現国民会議という団体も不明だが

親切にも裁判官の一覧表までついて、これを切り取り参考にするようにとしている。

現在、東京1区では衆議院0.5票、参議院にいたっては0.2票にしかならないとしている。

これには、小人区制も関係しているが、大都市ほど1票の価値が低い。

これ自体は、早急に是正すべき問題だ。2名を罷免しても、それだけでは問題は解決しないだろうが

国民審査権行使という点を気づかせてくれたことは事実だ。
by forceyoshi | 2009-08-28 03:34 | 政治、ニュース

ネットの選挙活動

ネットの選挙活動

公職選挙法では、ネットによる個人応援などの選挙活動は、現在公示期間中できない。

こんな、遅れている国は先進国では日本だけだ。

法律が現状に追いついていない典型だ。次期政権ではすぐに改正すべき事案だ。

アメリカのオバマ大統領が、選挙期間中ネットでの個人献金により、影響力がでてきた例を見るように、

いまやネットでの選挙活動は、公職選挙法の金のかかるシステムとはいえない。

芸能人呼んだり、テレビCMのほうが資金の優位性が露骨に表れ、公平性からいって問題だろう。

もちろん、これは大手WEBサイトのCM枠でもいえることだ。

有権者である国民は、いまや派手にCMをかますのを信じるほど馬鹿ではない。

だが、立候補者の言動や履歴、誠実に国民のために働いていたかどうかを

評価するシステムは無い。せいぜい表向きの情報収集くらいだ。

したがって、公人として行政も含め、そのような評価システムを組めるのは、ネットが非常に有効だ。

それは一定の恣意的な組織ではなく、まったくの個人個人の生活者の目線で評価するような

システムで始めて意味を持つ。
by forceyoshi | 2009-08-22 04:10 | 政治、ニュース

テレビ報道のあり方

テレビ報道のあり方

今、テレビは報道機関の公共性よりも、より利益追求の方向に走っている。

それは、24時間単位でのCMの挿入量の多さでもわかる。

テレビ離れという、お家の事情はあるだろうが、

バラエティなどは、3分単位で分断し、何の脈絡のないスポットCMを分裂症的に

これでもかとぶち込んでくる。人間の頭は、そんな支離滅裂、強制的に送られる電波の暴力に

耐えられるようにできていない。それに加え、TVショッピングが通常番組の枠に徐々に進出している。

肝心の報道は、ほとんどが相変わらず時事通信、共同通信ニュースの使いまわしだ。

どのチャンネルを見ても、同じ映像だ。

報道陣としての誇りはないのか? 他人の素材であっても検証するのは

自分たちのカメラで目で見て、しろ。

確か、これではTV離れが進むと各局、独自取材に力を入れるのではなかったか。

これでは、大金を出しているスポンサーや、その源泉である視聴者に対しての

裏切り行為だ。

又連日のように、のりぴー報道をワイドショー的扱いで大々的に取り上げているが

芸能人であろうと一般人であろうと法の元では平等だ。多感な息子の年代を考えると

報道の仕方に人間的配慮というものが必要だろう。

心理学者や、元鑑識まで使っていじり倒すのは、本質からずれまくっている。

覚せい剤は、それを売る組織があって成立する犯罪だ。入手ルートと組織の情報把握のほうが

よほど重要だ。覚せい剤使用者は、ある意味犯罪の被害者でもある。

過去に起こった阿片戦争の歴史的原因を見れば、明らかだ。

報道機関を名乗るなら、六本木のクラブの地回りでもして徹底取材しろ。

バンキシャの例もあるようにガセをつかまないには下請けに丸投げせずに、自分たちで行え。

選挙CMも自民党、民主党のみ多大な時間が割かれている。

他の、野党全部も公平な時間配分をし、CMをすべきだ。

これでは、金のある政党だけを扱うことになる。上限を設け平等に時間を割り当てるべきだ。

このような選挙活動は通常のCM枠と別にするのは、報道機関の公共性からいっても必要だ。

民放連は、総務省の「選挙当落早期報道自粛要請」などのばかげた越権行為介入に反対したのは

当然だが、それなら一層、早急に公平性ある対策を実行すべきだ。

テレビの最大の顧客は、有権者である視聴者であることを忘れるな。
by forceyoshi | 2009-08-20 16:29 | 政治、ニュース

地震国

地震国

日本は改めて地震国だということを、今回の東海沖地震ではわかった。

東名高速道が地すべりを起こすなんて、まったく想像してなかった。

日本はほぼ全土、地震が発生する。まさに地震の巣窟だ。

地震の危険度を示すマップがあるが、実際の地震は予期せぬ形で起こる。

地震予知システムが作動したか知らんが、明け方強い地震でたたき起こされるのは

体にはよくない。地震ではショック死が多いが妙に納得してしまう。

地震の前日にも、午後8時ごろ地震があった。そのときは、回転寿司屋にいたが

相当ながくつづいた。

うちに帰り、ヤフーで調べると東海沖で震度4だった。その日は他地方でも震度1が多数あった。

東海沖だけ震度4なのは、何かあるかもしれないと感じたが、それが翌日的中したわけだ。

われわれ人間は、自然にはほとんど無力だが

何かあると直感が働いたときは概ね、そのとおりになるときが多い。

これは人間の脳の原始脳、爬虫類だったときの脳が記憶し警告を発しているとの、見方もある。

虫や鳥、雲の動きなどの自然現象にも気を配れば、諸葛孔明には及ばないが

多少の気配は感じられるかもしれない。

ちなみに、山では「観天望気」といって、山の天気を予測し把握することは非常に重要だ。

登山経験をつんで実際の雲の動きと、湿度を把握できるようになれば行動変更に役立つので

身につけるとよい。

で、我が家だが地震後、PC&オーディオルームの引き戸が開かないではないか。

隙間から見ると、CDケースが散乱している。どうやら、引き戸の隙間にCDケースが挟まってるらしい。

窓は当然中から鍵がかかっている。明け方なので当然頭は不活性化している。

窓をカチ割るか、考えていたところに、もうひとつ引き戸があったことを思い出した。

いまや、スピーカーに占拠され開かずの扉になっていたが、廊下から回り込んで

あけてみた。開くではないか!面倒だがスピーカーの結線をはずし

重いスピーカーをどけて、何とかスペースを作り入り込んだ。

CDを元の位置に片付け終えたのは、たっぷり2時間後だった。

常日頃、何気なく行き来する部屋がある日、地震により戸が開かなくなったり

閉じ込められたりする。それは、風呂場だったり、トイレだったり、窓のない部屋だったり。

そのときどうするか、日常の時間に考え対策を用意することも、地震国では必要だ。
by forceyoshi | 2009-08-14 04:00 | 事件、事故

政策実効力?わらうしかない

政策実行力?笑うしかない

さて、衆議院がやっと解散してから、8月だというのに台風は来るわ、地震はくるわで

国民はとんでもないことになっている。

それでも、能天気に政策実行力は自民党とTVCMをやたら打ったり、民主などの野党批判を

露骨にやっているが、これは非常にみっともない。

反省がうわべだけだというのを証明しているようなものだ。

「あんたには言われたくない」と思われるだけだ。

まず、さんざん国民をコケにし官僚天下を延々と放置していたのは、どいつだ。

民主が中心の政権が誕生するかもと、駆け込み天下りを放置しているのは、どこの党の大臣だ。

その後も、ちゃんと温存できるようにポスト替えを許しているのはどこの党だ。

各省庁の大臣は人事権があり、当然拒否できるにもかかわらず放置した。

国民ではなく、経団連に真っ先にマニフェストを説明するところに、自民のお先真っ暗さ加減が出ている。

年金や介護、格差社会、国民生活に直結する事柄を、これを許し放置していた政治的責任は、

きわめて重いといわざるを得ない。しかも、どれひとつ解決していない。

ということは政策実行力は、まるでないということだ。

これを、わからせるには国民の「投票実行力」でレッドカードを突きつけるしかない。
by forceyoshi | 2009-08-13 04:44 | 政治、ニュース