人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

どうした、トヨタ

どうした、トヨタ

トヨタが迷走のうえ、やっとリコールを行った。

発端はアメリカだったが、実は日本でも苦情が何十件も寄せられていた。

このブログを始めたころ、だいぶ前になるが消費者の一定の法則というのがあり

1件だったら誤りといえないが、数十件単位の場合企業側の重大な誤りにつながると書いた。

企業はでかくなりすぎると、一消費者の動向に鈍感になる。

なんだかんだいっても、結局乗り物全般、特に車と鉄道は好きなだけに、残念だ。

特に今回の新型プリウスの場合、アクセル、ブレーキといった車の安全に関わる問題だった。

アメリカの消費者は、消費者団体や消費者権利の歴史が長く、消費の国だけあった非常に強い。

そこを、真摯に対応すべきだったところを、甘く見てたところがある。

日本でも、消費者センターにどれだけ苦情が言っていたか解らないが、もっと早く対応すべきだった。

しかも、その後の会見がまずかった。企業の顔は社長のはずなのに、出てこず

「感覚的な問題」で片付けようとした。言っておくがドライバーは自分の車の動向には敏感だ。

ブレーキが利かず、崖から転落しそうになった事例もある。

それを、ドライバーの不注意で済まされるわけが無い。

私は日産サニーGXから始まり、トヨタセリカXX、セリカ、ポルシェ911、アウディ

ホンダレジェント、セフィーロ、日産Xトレイルと

いろんなメーカーの車を乗り継いできたが、ポルシェの頑丈さ、精密度は別格としても

トヨタのボディ精度の高さにはいつも感心していた。きれいにツライチだし、内装の精度も半端じゃない。

昔、セリカの流面形に乗っていたがエンジンは普通だがロータス仕込みのサス回りがよく

ハンドリングが実にクイックで快適だった。又、知人のベンツS600とセルシオと乗り比べてみたが

かなりのところまで肉薄していた。特に室内の静けさははず抜けていた。

ハイブリット車でもホンダインサイトとともに、けん引役となるはずだったのに残念だ。

原因は電子デバイスのプログラムにあるとの事だ。

機械というのは、部品点数が増えるほど問題の起こる確率も上がる。

ブレーキを昔は油圧が機械式にコントロールしていたが、コンピュータが介在し

より複雑な制御をするようになった。だが、よく考えれば人間が操作する機械式のほうが

人間の意思が容易に反映されるともいえる。

昔の車が楽しいのは、そういうダイレクトな感覚かもしれない。

それにだ、コンピュータ部品の寿命は車の寿命より短いし、電磁的誤作動の危険性が常にある。

だから、コンピュータが誤作動を起こしたとき瞬時に機械式に変わる設計にしたほうが

よいのではないか。

もうひとつは対応の悪さだ。後手後手の対応が信頼を失ってきた原因だ。

だが組織を変え、もっと消費者の声を反映させる組織にすれば、修復可能だ。

だから、トヨタよ、社長以下今後の対応をユーザーに対し、過剰にサービスするくらいの心構えでやれ。

私含め、トヨタ車や日本車を愛している、世界中の車ユーザーへのこれは義務だ。
by forceyoshi | 2010-02-12 06:15 | 事件、事故