人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

地デジ問題とPC対処

地デジ問題点とPC対処

一方的に、旧自民の天下り確保のための地デジ化だが、そのまま継続し

いよいよ来年7月から本格移行する。

関東の大部分は、まだ地デジ化していない。それは買い替えのテレビとの

タイミング、アパートなどの集合住宅の遅れなどもある。

又、当初はテレビさえ買い換えればよいみたいな報道だったが、実際には

UHFアンテナ工事などの付帯費用が発生することもわかった。

いやみったらしいアナログテロップもなんだが、今や標準年収200万以下世帯化した

日本では、単に家計にの余計な負担が増えるだけだ。

結局、基本的な減税をしないで無理やり買わそうとするからこうなる。

一家に2台以上あればなおさらだ。

さて、地デジ化しても、今まで使用していたDVDレコーダーは、方式の違いで

使用できない。地デジチューナーにHD機能がつくのが出るから、そちらの

方が懸命かもしれん。

この際テレビ離れしてしまう方もある。PCの時間のほうが多い人は

下記のようにP2P技術を使ったWEBテレビの方法もある。

key hole TV だ。http://www.v2p.jp/video/ ここからダウンロードすれば見れる。

画面は小さいが、結構地方の番組も見れるので良いかもしれない。
by forceyoshi | 2010-10-09 02:51 | 経済

小沢問題の茶番

小沢問題の茶番

法律では、推定無罪の原則がある。

これは、疑わしいことがあっても、それを立証するほうは明確な証拠がない限り

法的に不利益な立場の被告人を、罰することはできないということだ。

「疑わしきは被告人の利益に」の原則だ。

だが、最近扇情的な意図したストーリーによるマスコミ報道や地検特捜部の

あるまじき捏造問題を見るにつけ、この鉄則がないがしろにされていると考える。

伊坂幸太郎作の「ゴールデンスランバー」は、意図的に無実の人間を犯人に仕立て上げていく

放送映像の暴力を描いているが、テレビ報道必ずしも真実ではない。

今回の小沢の土地購入問題は、突き詰めると記述記載の間違いだ。

こんなことは、修正申告ですむことだ。又2度にわたる検察の調査でさしたる証拠がないのに

検察審査会で強制起訴したのは、どのような法的根拠に基づいているのか

はなはだ疑問だ。ひも付きのマスコミは、ヒール役としての小沢問題を面白く脚色すれば、

視聴率や週刊誌が売れると判断しているからだろうが、彼はまだ有罪でもなんでもない。

政治家だろうが一般人だろうが、家族も友人もいる。「一個人」としてその人権は

尊重されなければならない。国民の血税が、今すべき問題が山積みなのに

このようなことで長く浪費されるのは、無駄というものだ。

「きっこのブログ」http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/ では、

検察審査会の選ばれたメンバー年齢の統計的不自然さと

アドバイザーの誘導的発言に言及しているからのぞいて見るのも良いだろう。

政府は、この問題を拡大材料にして攻撃する事に惑わされること無く

国民の最大関心事の「景気対策」を優先させるべきだ。

又「国民の声」サイトは、今年いっぱい延長し生の声を拾い上げるべきだ。
by forceyoshi | 2010-10-08 04:18 | 政治、ニュース

内閣府 国民の声

昨日、菅は所信表明で有限実行をうたったが、それとスピードと期日も大事だ。
まあ、国民に対する実行日だ。あまり宣伝してないが、下記の「国民の声」を
内閣府が募集している。無駄なルールやこれからの産業、年金対策に対する
アイデア、どれだけ実行できるかぶつけてみればわかるだろう。

アドレスは以下の通り。
http://www.cao.go.jp/sasshin/kokumin_koe/uketsuke.html

例えば、車関連なら自動車税など暫定税率撤廃、免許更新制度の廃止
車検制度の廃止、軽自動車搭載エンジン規制
撤廃。海外旅行ならパスポート更新制度の廃止。
年金関連なら年金補助のリバースモーゲージに
アメリカ同様の保険導入により不動産満額担保の銀行の取り扱い。
世界ワースト2位の起業改善のための新規政府保証のエンゼル制度など
日ごろ矛盾に感じてるものや、こうしたらよいのにと思うことをぶつけて
みるのも良い。

今日二人の、知人と話したが両者に共通しているところは
それぞれ経営者、講演者とも日本の経済的問題が多かった。
特に中小、零細企業対策は待ったなしだ。
その声を、ネットが公表していけば良い結果がでるだろう。
by forceyoshi | 2010-10-02 04:31 | 生活

地球上に線を引くのは人間だけ。

地球に線を引くのは、人間だけ。

地球を宇宙から見ると、どこにも国境はない。青く美しい星があるだけだ。

その青い海の生物は、どこに行こうが自由だ。

鯨は1年かけて地球を一周する。そんなことをよそに、人間だけが

相変わらず精神的進歩もせず、勝手に地球上に架空の線を引き争う。

些細ないざこざが、格好なファシストのえさになり、やがて多くの人の生命を犠牲にする。

そうして又、なんて愚かなことをしたんだと気づく。が、そのときはすべてが失われた後だ。

領海で勝手に人間がいがみ合っても、取られる魚にとってはどっちも敵でしかない。

神は、あえて他の民族の言語を分かち意思の疎通が不便なようにしたという。

だが、ネットの翻訳ソフトは、その壁を日々崩しつつある。

その気になれば、地球の裏側の人とも知り合える。

そもそもネットに国境などない。他の国の文化を理解し、他を憎むより敬う。

地球の資源が有限で、他の生物の尊い犠牲の上に人類が

この先生きていくには、国家エゴという概念がいかに無意味なことがわかる。

だから世界中の平和を祈る、国境無きネットの住人よ。

何が本当に大切かを、彼らにわからせよう。
by forceyoshi | 2010-10-01 04:33 | 政治、ニュース