人気ブログランキング |

<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

東電、甘すぎる対応

東電、甘すぎる対応

昨日東電会長、勝俣の会見があった。社長は、依然入院という名の雲隠れ中だ。
そこで、原発状況は安定していると、まったく見当違いの発言をした。
内閣府の原子力委員会と政府は、すぐこれを批判したが当たり前だ。
状況はぜんぜん前に進んでいない。むしろ汚染水満タンの問題がでてきて
大変な状況だ。池上のぬるすぎる解説番組の認識の甘い御用学者と同じ、
論拠のない自身の希望的見地でしかない。
まったく事故で破壊された場合のことを考えてないようだ。
拡大した事故現場写真を見ると、水素爆発のすさまじさが解る。
ちゃんと、現実を直視しろ。福島県とその周辺の東北、東京を含む関東の人間が
でたらめな対応にどれだけ怒っているか、少しは退化している感受性で考えろ。

原子炉破損>温度上昇による融解>放水による冷却>水溜りによる汚染
近づく満タン>タンクの移し変え、そして行き場のない汚染水をどうするか
というきわめてアナログな問題の状況だ。
案としていくつかでているのがこれだ。
本来ならこの水が冷却に使えればいいのだが、汚染水の濃度がさらに
あがることになるし、現実に循環できるかが問題だ。

1.タンクを持ってきて、そこに一時ためる。
1万トン以上たまるタンクがすぐ調達できれば良いが、
そんな巨大なものどうやって運ぶのかが問題だ。

2.ドラム缶に入れる。
莫大な数と気の遠くなるような手間が必要だ。
運送は簡単なので、その後処理ができればよいだろう。

3.タンカーを接岸していれる。
まず、接岸できるかが問題だ。次にタンカーのオーナーが提供するかだが
東電買い上げになるだろう。国際法上では、汚染物質をタンカーで運んではいけないこととなっている。次にそのタンカーをどうするかだ。

上記いずれも日々、放水により汚染水増加は避けられない。
この最終処理ができるかだ。

トレンチ出口に、チャコールフイルターで塞ぎ、汚染濃度を少し和らげて
海に垂れ流す方法もサイアクあるだろうが、環境悪化は避けられない。

タービン建屋を排水しなければ、冷却装置が生きているか
コネクトの作業はできない。
いたちごっこのような作業だが、放水されて流れ込む水の経路を
何らかの方法で変えるか放水、排水のタイムラグでの作業をするしかない。
それで初めて次の段階に進む。
安定とは程遠く、予断を許さない状況が続いているのが真実だ。

それから建て屋をフイルター布で覆う案だが、周辺住民には良いだろう。
が、建て屋内に、汚染物質が充満し濃度がさらに上がり、
そこでの作業は困難になる。汚染濃度により考察すべきだ
by forceyoshi | 2011-03-31 02:06 | 事件、事故

体内被曝とは何か。

体内被曝とは、何か。

原発ノプルトニウムの土壌での検出は、燃料棒融解か
使用済み燃料の融解を意味する。一部でコバルト65が検出されたことも
問題だ。こうして日々、地震から毎日ひたすら放射性物質が放出され続けていくのが
現状だ。

一方テレビでは、相変わらず東電から5億もの寄付をもらっている東大の教授や東工大教授
大スポンサーの東電に対して、当事者なのにいつの間にか第三者的発言に終始している。
もちろんテレビも東電は、大スポンサーだ。
参考までに、純丘教授のコラムを記す。
http://www.insightnow.jp/article/6430、東大への寄付一覧データつきだ。

で、国民の目が厳しくなり、鋭い突込みを入れるメディアも出てきた。
一方、より重要な体内被曝に関して、でたらめな報道が多いので
伝えておこう。
体外被曝と体内被曝をごっちゃにするアホ教授とメディアが多いがまったく違う。
体外では紙で遮断できるアルファ線も体内では,強力な放射線を出す。
残存期間は2万4千年といわれている。つまり一生分以上だ。
もちろん他の放射線もダメージにおいては同じだ。
これらは、放射線を出し続ける放射性物質で
花粉とは根本的にわけが違う。
直接遺伝子レベルで細胞にダメージを与える。
それが人により、10年後か20年後にガンとなりでてくる。
アメリカでは、原発近辺の乳がん発生率が異常に多い。放出された放射性物質を吸い込み
発病したと考えられる。体内にナイフを持ったグレムリンが暴れているようなものだ。

我々が生活上、注意すべきことは以下の通りだ。

放射性物質は、粒子が細かく野菜の葉の裏につきやすく洗っただけでは、あまり効果がない。
もちろん煮ても効果がない。よく、テレビ報道で汚染された野菜を1年間食べてもまったく
影響ないといっているが、癒着構造の教授は論点を取り違えている。
それはあくまで指針であり、放射性物質を体内に入れて良いわけない。
大丈夫だといっている教授には、ぜひ1年間食べてもらおうではないか。
出荷と摂取がダメな理由は、被曝量が増大するからだ。
それは体外被曝とは違う次元だ。
雨の日とその翌日は要注意だ。
特に風の強い時は東北はもとより、関東近県は十分注意が必要だ。
マスクはつけないより、付けたほうが良い。
200ベクレル以上なら乳幼児に水は飲ませないほうが良い。
大人もなるべくなら、お茶やそのほかの飲料を勧める。

体内被曝に関して文献があるから参考にしてもらいたい。

琉球大学、矢ケ崎氏の文献
http://www.cadu-jp.org/data/yagasaki-file01.pdf#search='体内被曝'
by forceyoshi | 2011-03-30 05:25 | 事件、事故

国会議員は現地へ行け。

国会議員は、現地に行け。

相変わらず、いい加減な数値ばかり出している原発問題だが、
やっとテレビで東電の謝罪文がでた。遅すぎる。
その間、議員たちは何をやっていたかというと、夏の電力不足を考えて
値上げを検討だと。こんなに国民に大迷惑をかけといて何をぬかしているんだ。
あまりのデリカシーの無さにあきれるばかりだ。国民をなめきっている。
今はそんなことを言っている場合か。それより、国民全員に損害賠償しろ。
日々どうなるか解らん原発の恐怖と対応の遅さにうんざりしているところに
これだ。
まず、国会議員全員、給与の2/3を被災した市民たちの義援金にしろ。
会期が無くても金が入る仕組みを作ってるのだから当然だろう。
それから、選挙のときだけ地元に帰って、肝心の時に地元に帰って
ボランティア活動しないとはどういうことか。
被災した地方自治体の県知事や市長たちからの要求がないと、
物資も送れないとはどういうことか。
今、市民によるNPOやNGO、それに生協やドラッグストアなどの企業のほうが
早く具体的に支援をしている。
報道に代弁させるのではなく、自分たちで現地へ行き、生の声を聞いて来い。
もう東北道は、走れるようになった。
その後避難区域に行った、国会議員と学者と称するものは、何人いる?
これが、政治の貧困というものを象徴している。
by forceyoshi | 2011-03-28 05:47 | 事件、事故

報道のうそと風評被害

報道のうそと風評被害

昨日、被爆者が180ミリシーベルトとの話が、しばらくして
400ミリシーベルトなった。そうなら先に話した内容は誤りだから謝罪し、
訂正するのが筋だ。が、それはしないで火傷して400ミリシーベルトですと報道した。
火傷は、、実はもっと重度の被曝だ。
昨日保安院は、これ以上東電と付き合っていられないと、
感じたのか、本来の行政の立場に立ち、東電に対し安全確保を徹底するように行政指導を出した。
保安院の会見では500ミリシーベルトだ。では、どれが正しいのか。
答えは、いずれも正しくないということだ。なぜなら、学者が計測器を用いて測定していないからだ。
このようなレベルの事故では、自分も確実に被爆をするので、誰も原発を推進していた学者は
近寄らない。御用学者が、テレビで水素爆発が相次いで起きた時、建屋がふっとんだ時
「大丈夫、放射能漏れはありません」と言い放った。あきれ果てたもんだ。
実際に現地に行きもしないで。
次に自衛隊が空中放水しかない事態になると、「自衛隊は専門訓練を受けていますから」
といった。が、既に調査済みの番組MCは「そんな訓練していませんけど」というと、グーの根も出なかった。
当たり前だ。誰も今だ経験したことのない事態に、遭遇しているのだから。
その間、こういったいい加減な報道を、国民が信用できなくなってきたのは当然だ。
これこそが、実は風評被害の原因だ。

NHKは、定点カメラを据え、まあましな報道をしている方だが、今日、ソフトバンクの
孫が話しに気を使いながら、実際自分で被災地に行ってみて状況を見ると
もっと安全圏に避難したほうが良いと発言した。賛成だ。
今起こっている事象と現実に物資が届かない状況、
一定に留まることによる放射能汚染していく事が明確だからだ。

共同通信は、既に東京にはいないし、外国人の多くは首都圏に避難している。
高濃度汚染している原発作業は、より慎重に作業しなくてはいけない。
燃料棒溶解や配管破損していると、そこを特定して修理し、それから通電作業となる。
回復はうまくいっても遅れるということだ。
スピーディによる逆算計算は、大幅的を得ているだろう。
農作物や元乳の出荷停止は、チェルノブイリの事故のとき子供に甲状腺がんが
多く出た事実を踏まえれば仕方ない措置だ。もちろん、農家も福島、茨城、宮城、岩手
何も悪くない、二重被害者だ。怒って当然だ。補償はもちろんだが、
放射能は日々天候、風向きで変化している。
現実的には、急に改善できないが原発のコントロールが復活し、測定値が落ち着いたら
国際機関による安全宣言を出してもらえるようにすれば、少しは持ち直すだろう。

私は、数年前東北道で福島の五色沼や会津地方を旅行したことがある。
神秘的なみな違う色の池や緑多い町は、時間がゆったりとして
リフレッシュするのに最適だった。こんなことで失いたくないのは確かだ。
by forceyoshi | 2011-03-26 04:40 | 事件、事故

原発被曝の状況

原発被爆の状況

今回の原発事故は人災だ。産学協同で原発推進した結果、
反対意見を排除し、自然を甘く見た結果だ。
今回のような事故があったら、想定外という言い訳を言うが
実は過程において想定されていたことだ。
従って、東電だけでなく、これを進めた当時の監督官庁責任者、政治家、
プラント業者、癒着追随した専門家と称する学者が、今回の大惨事の原因
を作った者たちといえる。

自然は人間の予想なんぞはるかに超える。
これは、私が長年登山や釣りといった自然相手のスポーツをしてきた結論だ。
天候の急変で登山道が流され、自力で道を作ったこともあるし、
防波堤で釣りをしていたら、突如高波が来てヒイラギという魚が
空から降ってきたこともある。

で、震災直後の作業員証言が新聞取材で明らかになった。
津波と震災で停電となりパニックとなり我先に逃げたとの事だ。
そのとき、機密扉は開けっ放しだ。私は彼らを責めはしない。
常時臨海を作り電気を供給する危険な作業をしている人たちだ。
パニクルのは当然だろう。いったん暴走すると人の手に負えない
原発を推進したほうに責任があるからだ。

昨日、170ミリシーベルトという高濃度の被曝が作業員にあった。
厚生労働省は今回に限り、作業被曝量を250ミリシーベルトに引き上げたが
これは通常1年間の値だ。1回で170ミリの被曝は原発内部とその周辺は
相当高濃度であるといえる。
原子力安全委員会はスピーディ(緊急時迅速放射能影響予測)というソフトシステムで
試算を発表した。

緊急といいながら今頃になったのは、原子炉建屋に備え付けてあったが
停電!!でコンピュータが機能停止したからだ。予備バッテリーくらい用意しとけよ。
で、観測データから逆算した結果、福島の原発から放出された放射性ヨウ素の総量が、
毎時10から400テラベクレルと発表した。テラは1兆!。
ということは、毎時400と大目に計算して24日までの総量は11万テラと推定した。
チェルノブイリの約1/3である。
試算では、屋外にい続けると周辺では100ミリシーベルトを越す恐れもあるとでた。

こちら http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=264&reqId=38495

原発事故から、もう2週間がたつ。その間、放射性物質はその性質上
出続ける。作業は、電源復活まで後1歩のところまで来ているが
4基も被害を受け、内部状況がわからないまま1進1退を繰り返している。
風向き、天候が大きく作用するが、政府は早め早めの対応が必要だ。

また、この期に及んで、規定に反するからと海外からの支援物資や
救助を断っている役所もあるという。
毛布のサイズまで指定するとは思考停止のバカか。
そんなことやっている間に、人命が危険にさらされる。
こういうバカが、政府の救助活動の妨げになるのだ。
政府は、救助妨害する役所を全て公表してしまえ。
by forceyoshi | 2011-03-25 03:54 | 事件、事故

ACとは何か。

ACとは、なにか。

毎日悲惨な震災と原発ののニュースばかりだが、これに負けじと異常に多いのが
AC広告機構のCMだ。
洗脳する気かというほど異常に多いCMが気分が悪くなると抗議が殺到している。
震災前のパチンコCMより多い。
そもそも、ACとはCM放映企業を基本会員とした組織だ。放映には税金も使われている。
広告で消費者が不利益を蒙ってないかを調査と助言を名目にしているが、
実際は大企業のスポンサーと監督官庁経済産業省の天下りと、
電通で成り立っている。
CM放映のテレビ局の枠は、テレビ局が持っていると思うかもしれないが、
実は電通が買い取っている。だからCMをテレビで打ちたい場合は、必ず電通を通す仕組みだ。
電通の株主には、ニュース発進の大手通信社もある。
この電通マンは知り合いが何人かいるが、上部人事はほとんど経済産業省はじめ各省庁の天下りだ。
ピンポイントのネット広告が上位を占めるに従い、いずれこの恐竜組織は、変革せざるを得ないだろう。
スポンサー企業の息子を何人も雇っているのでも有名だ。
有能な電通マンから見れば、何だ、コネかよの世界だ。

このような大震災では、スポンサーは自粛する。そこでしかたなくAC広告が穴埋めとして登場し
無駄な電力と視聴者に不快感を撒き散らしている。もちろん、電通を通してだ。
テレビ局は電通の言いなりだ。力関係はこうなる。

スポンサー=電通>AC>テレビ局 
だから抗議は電通、もしくは経済産業省にしなければ意味ない。

あまりに多すぎてチャンネルをNHKに変えられるより、電通はこうした方が良い。
各スポンサーを廻り、被災者に応援メッセージと具体的支援のメッセージをもって放映する。
ソニーなんかは被災者に、すぐラジオを送っている。電気通じてないけど。
まあ、極力、刺激しないように文書だけでよい。後は、少しずつもとのスポンサーになるだろう。
今の気が狂いそうなCM量よりましだ。
by forceyoshi | 2011-03-24 01:48 | 生活

放射性物質拡散へ

原発放射能拡散へ

今日も強い地震があり、あまり寝れない。
福島原発の中央制御室に電源が通じた。まずは、1歩前進だ。
だが、原子力の性質上これを沈静化させるのは容易ではない。
燃料棒を安定化させるのに最低2年もかかる。
今日は、黒い煙が発見され作業は中断された。詳細は不明だ。
まったく予断を許さない。保安院は500ミリシーベルトと公表したが
東電は否定した。こんないい加減で良いのか。
又、現場では実際どのくらいの放射能が出ているか、現場上空あわせて不明だ。
こうした情報不足が、適当な回答を生むことになる。肝心の発生源の数字が無ければ
正確な数字把握はできない。
多分、アメリカとロシアは独自調査で把握しているだろう。
実際作業員は把握しているのだから、東電と製作担当の東芝、日立、GEは
責任を持って公表すべきだ。でないと、国民に不信感がさらに高まる。
 
既に原発事故の尋常ではない被害拡大と、2次被害は、原発事故の恐ろしさ
と共に国民感情的に許せないところまで来ている。
水素爆発時点で、これは解っていたことだ。

さて、政府は福島、茨城県の葉もの野菜、原乳の出荷停止、摂取制限を要請した。
周辺海域の指標は出てないが、放射性物質が発見されているので、おそらく海産物も同じだろう。
東京都の水道からは放射性物質のヨウ素が基準値を超えて,出てきた。
この水道局は、江戸川水系との事なので、上流で雨によって混ざった可能性がある。
より福島に近い、埼玉、茨城、又神奈川県などもすぐに調べ公表すべきだ。
今回は、大人と乳児の間の値だが、乳児の基準の倍の200べクセルがでた。

放射性物質の基準は厳しく作られていて、摂取しても問題ないと学者どもは言うが
それほどいうならテレビなんか出てないですぐ、福島にとび、これらの野菜を半年ぜひ食べてくれ。

東京都は、乳児用に備蓄ペットボトル配布をすぐ決めた。
確かに基準では大丈夫かもしれない。だが、そもそも体内に放射性物質を微量でも
取り入れないことからの基準である。なぜなら、放射性物質は人体に有害な放射線を出している。
これを体内被曝という。乳児は甲状腺が未発達で、どう影響するかは未知数である。

原発が冷却装置が働き制御できるようになれば、放射性物質拡散は
収束に向かう。それが今後の被害がでるかどうかの鍵を握っているといえる。
by forceyoshi | 2011-03-24 00:47 | 事件、事故

野球は誰のものか

野球は誰のものか。野球の開催日を巡って紛糾している。
まだ、被災地にはライフラインさせ回復せず、物資も
届きつつあるが満足すべきレベルではない。
それに予断を許さない原発事故と余震もある。
それなのに、いい気なものだ。

私は親子2世代の巨人ファンだった。だったという過去形なのは
ナベツネ事、渡辺オーナーが長島、原や清原に行ってきた仕打ちが、
目に余るものがあったからだ。今はサッカーのほうが好きだ。
余談だが昨年末、友人の建築士がスペインへ行きガウディ建築を見てきた。
お土産に好きなレアルマドリッドの、グッズを買ってきてくれた。
日本が地震にあったら、レアルマドリッドの選手たちは
暖かい日本語のメッセージを送ってくれた。
遠く離れた国のメッセージは、なぜかすごくうれしかった。

それなのに、わが国ではこうなってしまっている。

今回のセリーグの開催日もナベツネの号令の元、決定した。
人は権力を持つと驕りで周りが見えなくなる。
戦後、いち早く野球をやってよかったという理由だが、
戦後すぐには野球はやっていない。
まだ、地震から2週間も立っていない。
本音は興行的に早くやったほうが金にはなるということだろう。
しかも、節電計画中にドームなどの大球場でおこなうのは、
それだけで6,000件以上の家庭電力がまかなえるのを妨げることになる。
つまり国民の直接的な損害になるということだ。
デーゲームもドームだと同様な電力消費になる。
選手会が常識を持ち4月開催を提案したのは、当然だ。
政府や文部科学省の要請も当然だ。
というか、セリーグのオーナーども、そのくらいいい年して理解しろ。

野球は、チーム自体はオーナーのものかもしれんが
ファンあってのものだ。
それでも強行するなら、ファン無しのガラガラの球場でやるんだな。
by forceyoshi | 2011-03-22 20:34 | エンタメ

東北以外の被災地域

東北以外の被災地域

先日、図書館に本を返却しに行ったら、やってなくて
職員が対応していた。
地震で本棚が崩れ、天井にひびが入り、当分使えないと話していた。
いつもの日常が壊れていくことは悲しい。
テレビではあまりに悲惨な惨状の東北地方が中心だが
首都圏も実は、地震や津波の被害は大きい。

茨城の沿岸沿い、依然行ったことのある那珂湊、お魚市場は
流されてしまっている。あそこのタコはその場で大きな釜茹でがあり
おいしかった。それが今はない。
千葉の沿岸沿い、これも地震津波の被害が甚大だ。
ディズニーランドで有名な浦安や最近高層マンションや新興住宅地で拡大した
東京豊洲は、埋立地の上に立っているので液状化現象による被害が
出ている。槌の水分が埋立地だから分離し、砂が浮き出てきて
水があふれてきている。水分を帯びた泥が車を埋め、電柱をなぎ倒し
家を傾ける。もともと地盤がゆるいから、簡単に傾いてしまう。
当然、水道などのライフラインは寸断されている。
避難している人も多い。
千葉の一部避難地域では、物資がいまだ入りづらいところもある。
政府や地方自治体は、こちらも放置することなく早急に対応してもらいたい。
by forceyoshi | 2011-03-22 19:32 | 生活

放射能被曝はどこまで安全か。

放射線被曝はどこまで安全か。PCは、電流が不安定だと具合がすぐ悪くなる。
今日も予備オールドPCからだ。
今、国民の最大関心事は、放射能拡散の行方だろう。
マイクロシーベルトレベルならさほど心配は要らない。
福島県から避難してきた人たちに宿泊拒否したところが出たそうだが、
人道的に振舞うべきだ。私はこんな薄情な施設には泊まらない。
多くの自治体は、私の地域含め受け入れ表明している。
安心して避難してほしい。

さて、報道でいくつか誤りがあるから、正しておこう。
まず、放射能には、ガンマ線、中性子線というのがある。
ガンマ線は木造の家を貫通する。中性子線は鉄筋コンクリートも貫通する。
衣服はもちろん他の線も貫通する。
だが、値がマイクロシーベルトなら問題ない。
1000倍のミリシーベルトからが問題となる。
それから放射線を浴びた衣服は水につけるかすぐ洗濯するなり、
居住空間におかないほうがよい。放射性物質が上記のガンマ、中性子線を
撒き散らしているからだ。これもマイクロ単位なら問題ない。
この前書いたように、被曝の量が問題となるのだ。
モニタリングポストの数値報道が正確でうそ偽りなく
マイクロシーベルト単位なら問題ない。
信用できないなら測定器で測るか、そういうサイトがあるかもしれないので
参考にすればよい。

一応目安を書いておこう。

1ミリシーベルト 日常生活上限
2.4ミリシーベルト 人が自然に浴びる量
50ミリシーベルト 業務従事者の上限
100ミリシーベルト がんになる可能性
500ミリシーベルト リンパ球減少
3から5千ミリシーベルト 50%死亡
7000ミリシーベルト 死亡

それから放射能汚染食品が出てきたが、すぐには問題ないと報道されている。
すぐにはということは後ではわからない。
汚染レベルによるが、女性、妊婦、子供には勧めない。
それ以外の人たちは、専門家と称するのが安全だというのだから
彼らが継続的に食したら、様子を見て判断すればよい。
by forceyoshi | 2011-03-21 06:36 | 事件、事故