人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

スロー・ダイ

スロー・ダイ

直ちに危険ではないが、確実に命をちじめる。これがスロー・ダイだ。
タバコ、アスベスト、そして原発による放射性物質もそうだ。
「ただちに」は、便利な言葉だ。時間がたって被害が顕在化したとき
「ただちに」害は無かったでしょうと方便を言うことができる。
言い訳メイビーだ。

放射性物質は前記事のように、ヨウ素とセシウムだけでない。
1号機に1,100ミリシーベルト毎時出ているようだと他は押して知るべし。
とても建屋で作業はできない。2時間も要れば確実に死ぬ。
当然、より毒性煮の強いストロンチウム、プルトニウム、コバルトは放射されている。
それは福島の土壌を確実に汚染する。
そこで福島の学校では、土壌を削ったわけだがその処置を考えてなかった。
考えていたとしても結局は処理するところがない。
これが放射性物質の怖いところだ。
現在は、ブルーシートをかけて山積みのまま校庭に放置されている。
親が怒るのは当然だ。中和剤も全部除去できないがないことはないので
東電、行政の責任で処理するしかない。その間も空気中に放射し続ける。
体内被曝も同様に、蓄積していくとスロー・ダイになる。
千葉で、基準値を超える野菜を知っていて出荷した農家がいて
市場に出てしまったが、金のために消費者を欺いていいことには
決してならない。産地偽装と同じ理屈だ。
又、学校での現在の基準20ミリシーベルトは、あくまで原発時のレポートに過ぎない。
通常は、1ミリシーベルト。都合で基準をあげても危険が増すだけで何の意味もない。
特に発育期の子供は危険だ。
周辺のデータは、そんなにスローでなく、ガンや白血病を発症する。
広瀬隆氏の著作や関連データを見れば明らかだ。
放射線は目に見えないだけで、体内に取り込まれると細胞のDNAを破壊、
骨や筋肉にも蓄積する。間違った基準の野菜を食べて、
子供たちが5年後、10年後ガンになって、今の行政責任者がそれまでいるか。
一時の感情や、意図された誤った報道で子供を危険にさらしたくなかったら
自分で考え、調べて、行動することだ。
by forceyoshi | 2011-04-29 08:37 | 事件、事故

スロー・ダイ

スロー・ダイ

直ちに危険ではないが、確実に命をちじめる。これがスロー・ダイだ。
タバコ、アスベスト、そして原発による放射性物質もそうだ。
「ただちに」は、便利な言葉だ。時間がたって被害が顕在化したとき
「ただちに」害は無かったでしょうと方便を言うことができる。
言い訳メイビーだ。

放射性物質は前記事のように、ヨウ素とセシウムだけでない。
1号機に1,100ミリシーベルト毎時出ているようだと他は押して知るべし。
とても建屋で作業はできない。2時間も要れば確実に死ぬ。
当然、より毒性煮の強いストロンチウム、プルトニウム、コバルトは放射されている。
それは福島の土壌を確実に汚染する。
そこで福島の学校では、土壌を削ったわけだがその処置を考えてなかった。
考えていたとしても結局は処理するところがない。
これが放射性物質の怖いところだ。
現在は、ブルーシートをかけて山積みのまま校庭に放置されている。
親が怒るのは当然だ。中和剤も全部除去できないがないことはないので
東電、行政の責任で処理するしかない。その間も空気中に放射し続ける。
体内被曝も同様に、蓄積していくとスロー・ダイになる。
千葉で、基準値を超える野菜を知っていて出荷した農家がいて
市場に出てしまったが、金のために消費者を欺いていいことには
決してならない。産地偽装と同じ理屈だ。
又、学校での現在の基準20ミリシーベルトは、あくまで原発時のレポートに過ぎない。
通常は、1ミリシーベルト。都合で基準をあげても危険が増すだけで何の意味もない。
特に発育期の子供は危険だ。
周辺のデータは、そんなにスローでなく、ガンや白血病を発症する。
広瀬隆氏の著作や関連データを見れば明らかだ。
放射線は目に見えないだけで、体内に取り込まれると細胞のDNAを破壊、
骨や筋肉にも蓄積する。間違った基準の野菜を食べて、
子供たちが5年後、10年後ガンになって、今の行政責任者がそれまでいるか。
一時の感情や、意図された誤った報道で子供を危険にさらしたくなかったら
自分で考え、調べて、行動することだ。
by forceyoshi | 2011-04-29 08:37 | 事件、事故

原発の数値

原発の数値

現在の原発状況は、あれからたいして進んでいない。
汚染水との格闘だ。
希望的工程表は、「ぜひ、その通り進んでほしい」と願う。

レベル7は、広く関東全体を放射能汚染したことを書いたが
実は基準値のベクレル単位が、はじめは10ベクレルで、
政府や原発族の関係者の都合で、急遽基準が引き上げられた。
何の科学的根拠も無く、急に一桁増えたわけだ。
人間の体は、本来体内被曝するようにできていないし、
急に放射能に強い体質にもならない。
基準をいくら変えて、安全側にふろうが、愚の骨頂である。
こういうことは、時間がたつにつれ明るみに出て国民の不信感を招くだけである。

国民がパニックを起こすからそうしたという発想なら、それこそ「エリートパニック」だ。
エリートパニックは、権力や権限を持つものが陥りやすく、今回のように全て民間や
ネット、及びNPOやNGOがが、はるかに早く優秀な動きをすると、
特権意識と嫉妬で、これを妨害、分断する行為を言う。
市民や国民はこういう事態でも、実際はパニックを起こさず、パニクっているのは
実は上記の政府や御用学者、官僚幹部連中だ。
前記事の仮設住宅問題、原発対応の遅れ、流通の停滞などきりがない。

だからこういうでたらめな数字で、国民に対し安全だという。体内被曝に安全はない。
これが風評被害を起こしているのだ。
ストロンチウム90、コバルト60、プルトニウムなど、もっと人体に危害を与える
数値も公表されていない。計らないから、無いことにはならない。
政府は原発に対し常に国民に真摯で、正しい情報を公開しなければ、全く信用を失うだろう。
「もしドラ」でもみて、最大の顧客は国民だということを、思い出せ。

武田教授のプログで、数値に関し鋭い指摘をしているので紹介しておく。

http://takedanet.com/2011/04/61_161b.html
by forceyoshi | 2011-04-27 04:12 | 生活

仮設住宅の実態

仮設住宅の実態

昨晩は、久しぶりに仲間内4人と新宿の居酒屋で飲んだ。
その席には、元東京のゼネコンで、現在群馬では大手の建設業の友人もいた。
そこで話を聞くうちに、いろいろな実態が見えてきた。
ぜひ、本当の実態をネットで知らせてほしいとのことなので
知らせることにする。
彼は、社長ではないが決済権のある立場なので、会社として原価で
福島のある市に住宅を作ることを提案した。
構造はRCでローコストを売りにしているので、仮設住宅というより一般住宅だ。
何度も福島に足を運び、折衝を重ね新しい街づくりの一環となった。
市もOKサインを出した。が、そこでストップしたままになっているということだ。

よくテレビで、土地が確保されない、インフラが寸断されているという報道が
なされているが、それも「言い訳メイビー」だということも言っていた。
一部を報道し、全部だと思わせる手口だ。
民間レベルでは、ダイワも積水も友人の会社もいつでもスタンバイOKだ。
もちろん上記の理由で建設できないところもあるだろうが、
土地もインフラも確保しているところだってたくさんある。
それでは、なぜ進まないか。


滞っている最大の原因は国から市に金が流れてこないからだ。
国ではこのような地震などの災害に対し、復興資金として金が出るように法で定めている。
今日国会で、阪神淡路大震災に比べ、いかに仮説住宅建設が遅いか質問していてたが
市に金がスムーズに流れないようでは、実際の建設は一向に進まない。
日銀は、被災県の銀行に緊急融資を行ったがそれだけではダメだ。
復興財源云々をいって会議をやっている間も、避難場所で50人以上の人が死んでいる。
地震や津波でせっかく生き延びた命を守るのは、政府と行政の責任だ。
予算でもたもたしているなら日銀引受でさっさと国債を発行して、
被災県や市に金を流すようにしろ。
又このことに関しては、与党も野党もない。
会議をいくつも開くより、まず行動だ。
仮設住宅を早急に造り、これ以上避難所で犠牲者を出さないようにすること
を優先させるべきだ。
by forceyoshi | 2011-04-27 02:43 | 生活

それでも、花は咲く。

それでも、花は咲く。_f0028256_483167.jpg

by forceyoshi | 2011-04-23 04:08 | 生活

警戒区域は柔軟な対応を

警戒区域には柔軟を

菅は避難区域20キロ県内の避難地区に訪問し、これから警戒区域になることを伝えた。
住民からは、当然ながら「もっと早くきてくれ」といわれた。
確かに全てが後手後手だ。だが行かないより行ったほうが良い。
住民一人一人と時間をとって話したことも良いと思う。
本来なら、まず東電社長と会長が謝罪することからが筋だ。
住民にすればこんな理不尽なことはあるかと、怒り、不安でいっぱいなはずだ。
それを頭でなく、心でわかることから全てが始まる。
そうすると、杓子定規の規制ではいけないことが解るはずだ。

警戒区域は、大幅な立ち入り制限がしかれる。
それは危険だからだ。雲仙普賢岳など主に天災が多いが、今度は人災だ。
放射能は、日ごとに蓄積される。
除染されていないので、当然放射能値は高くなる。
既に放射能汚染から1ヶ月たち、その間もずっと出続けている。
住民が早く収束しろというのももっともだ。だが、現状は工程表どおりに進む可能性は低い。
だから、立ち入り禁止はもっともなのだが、ここで考えねばならないのは、住民の権利だ。
東電は明らかに住民生活において物心両面でに莫大な損害を与えた。
防護服装備で住民に一時帰宅が許されたが、
住民からすればそもそも自分の家に帰るだけである。
生命の危険がある以上、短時間の帰宅であることは仕方ないが、罰金は不要だ。
いっておくが住民は100%被害者だ。それに罰金などは、ばかげている。

私はルーチンで住民が一定期間順番に一時帰宅できるようにして、
例え短時間でも何度か帰れるようにしたほうが、住民の精神上にも良いと考える。
避難住民には、国か県発行のパスか、遊園地の腕輪のようなもので住民とわかるようにする。
原発救助関係者、報道以外を規制すれば、泥棒の心配もない。
放射能値にもよるが、原発収束後帰宅できるように、定期的な町の洗浄は
やっておいたほうが、良いだろう。こういうケアで、少しは住民に安心感が得られる。
放射能が一向に減らない地域は、高濃度汚染地域で簡単には帰れない。
東電の賠償金はもちろんだが、政府は住民にも地震同様な被害扱いができるよう、
早急に法改正するとともに、住んでいた住宅同様な家の提供と仕事の提供を
保障することを明確に発表すべきだ。
by forceyoshi | 2011-04-22 01:50 | 事件、事故

本当は2割かよ、原発電力。

スポンサーの犬であるマスメディアの世論調査と発表は、
全く当てにならないことは以前述べたが、こんな数字まで
うそを言っていたとは・・・22%は四捨五入しても30%にはならん。

詳しくは、鈴木氏のコラムへ

こちら  http://news.livedoor.com/article/detail/5504013/?p=1
by forceyoshi | 2011-04-21 01:22 | 生活

政府は官僚の繰り人形か。

政府は繰り人形か。

最近の後手後手に回り情報を隠蔽し、国民生活を脅かすような政治手法を
見るにつけ、この政権はどこまで国民生活を考えているのか、
はなはだ疑問に思うことが多々ある。
ガソリン備蓄放出時期、原発対応どれを見ても、迅速に機能していない。
これは、菅だけが悪いのではない。情報をあげない東電、何も解らないのに
安全だと進言した保安院と斑目を長とする安全委員など、取り巻き連中も悪い。
この時期、ドサクサ紛れの政府内で持ち上がっている消費税論議も、
実は財務省及び財務省出身の与謝野らの官僚的発想そのものだ。
それには国民生活を豊かにする発想は全く無く、この震災を利用し支援する
人の心に漬け込み、そのままなし崩し的に官僚機関に金を取り込む
事しか考えていない。
政府は、面倒なことを全て官僚や官僚主導のでっち上げ組織に丸投げし、
なんら考えていない。
やたら多い、復興対策組織会議などその典型だ。
自分たちの権益しか考えない政治屋や、官僚たちの口車に乗ってはダメだ。
で、その結論を政府の考えとして摩り替えている。
これなら政府は単なる官僚の繰り人形でしかない。
もちろん、責任は現政府に押し付ける。
つまり一部の人を肥やすための、装置でしか国民を考えていないということだ。
現在、消費税は福祉目的税としているが、内実は全く不透明だ。
現在の不況の根は、バブル崩壊だけでなく消費税導入である。

1.消費税は、税率が上がるほど逆累進課税となる。
 現在一般国民平均年収は、大きく下がり300万だ。それに3%上乗せすると
 8%になり、余計に消費を控えることになる。
 一方1,000万以上の高所得者には、生活消費は一定なので大して響かない。
 
2.結果として、更に消費が冷え込み経済を悪化させ負のスパイラルが加速される。

3.被災者のための消費税なら、被災者から取るのは言語道断だ。
技術的に還付は可能としているが、全く実態を把握していないトリックだ。
とりあえず、国民から集金だけしてしまえという発想だからだ。
まず、個人がいくら消費したかを把握するのは不可能だ。
全ての領収書を取る人はいないし、精査する組織はない。被災者は全国に散らばっている。
友人や親戚の家に身を寄せている人もいる。
全部を把握する時間と金のほうが余分な役所の負担と出費だ。

4.自民、民主問わず族議員、官僚は、特に原発において多大な責任がある。
 既に東電役員は、一定収束後全員辞任予定だが彼らも辞任すべきだ。
 そうするとかなり、経費が浮く。
 公務員削減までは言わないが、せめて給与をカットすべきだ。
 それさえできないなら、国民の財布に手をつっ込む権利はない。

で、そんなことより、一般企業のほうがはるかに賢い方法で既に復興支援を始めている。
無能な政府と官僚は、無駄に国民の金を食うだけで不要だといっているようだ。
多くのスーパー、デパート、外食産業、コンビニ、弁当屋、外食産業、メーカー
カラオケなど多くの企業が、消費した中から数%を義援金として寄付する仕組みだ。
これは、実質消費からの義援金なので、誰でも支援しやすい。
コンビニで買ったり、弁当を買ったり、スーパーで食品を買ったり日常生活から
スマートに、しかも長期に支援できる。
これに、復興国債を発行して日銀引受で十分、可能だ。

現政権は、震災前から国民との約束であるマニフェストを破棄し、
官僚の言いなりになってきた。
震災後も相変わらず国民生活を脅かす、官僚の繰り人形に
成り下がった政府なら、不要だ。
本当に反省し、出直すなら今のうちだ。
そうでないなら、国民から支持されてないのだから退陣した方が良い。
by forceyoshi | 2011-04-21 00:29 | 生活

原発、工程表の課題

工程表の課題

東電は、遅まきながら政府野要請を受け、原発収束の工定表を発表した。
全体のタイムスパンは9ヶ月。実際は、早いほど良いに決まっているが、
この工程表、現場の作業員と実際綿密な打ち合わせをしたものか、
あるいは、避難民対策に過ぎないのかは、時間とともに明らかになる。

今現在も、各建屋の放射能放出量は、明らかにされてないが、
実際は把握してないのかもしれん。
現に、アメリカ製のロボットが、建屋に入って測定をした結果が
発表されているが、炉心近くではない。
2号機は、建屋内が水蒸気で覆われ、ロボットが故障するので引き返している。
つまり内部がどうなっているか、全くわからないということだ。
事故状況がわからないで、どこを修復できるのだ。
工程表は、とりあえずの対処療法と見ていいだろう。

1号機は、窒素注入を続けているが内圧は一時上昇したもの下降している。
格納容器自体が損傷している可能性が高い。
建屋内の放射線量は、毎時200ミリシーベルトの強い値だ。
とても作業できる状態ではない。
原発収束には、電源回復して建屋内に入り、外部冷却装置を設置する必要があるが
これを、どうやるかは大変な困難が伴う。
燃料棒は冷却が進めば時間とともに、徐々に温度は下がる。
発する放射能レベルも小さくなる。
だが、放出し続ければ、蓄積の度合いも高くなる。
武田教授は、今すぐ福島を洗浄しろといっている。
これには、賛成だ。すぐ取り掛かるべきだ。
それなのに政府内部では、ドサクサ紛れの今までも
不透明な消費税をさらに上乗せする案をもくろんでいる。
復興支援目的といいながら、東北や関東の被災者からも
消費税を取るのか。ありえんだろう。
政府はレベル7時に国民を命の危険にさらした。
少しは国民の役に立つことをしたらどうだ。
by forceyoshi | 2011-04-20 04:24 | 事件、事故

復興財源と賠償金

復興財源と賠償金

相変わらず、高濃度汚染水処理からなかなか進まない原発事故だが
1ヶ月がたち、通常なら少しは燃料棒の温度が下がったはずだが、ぼこぼこ
温泉みたいに気泡が出ているのをみると、予断は相変わらず許さない。
ただ外部電源をさらに確保できたこと、汚染水を浄化し再度循環させるように
準備していることは、これが機能すれば、収束時期が具体化できるだろう。

それと東電賠償と復興財源だが、16日の東京新聞取材記事に的を得たのが
載っていたので紹介したい。
それは、原子力関連法人に眠る3兆円の積立金だ。
公益財団法人、「原子力環境整備促進・資金管理センター」という
やたら長ったらしい名前の団体だ。使用済み核燃料リサイクル実施を前提とした
電力会社の積立金管理を主にしている。
役員は電力会社OB、経済産業省出身者など、評議会も原子力関係者だ。
現在は、法律で使途が決まっているが、法律を変えこの先リサイクルが
どうなるかわからない現状なら、被災民賠償に使うべきだという主張だ。
自民党の河野太郎のブログにも同様な意見だと載せている。
私も同感だ。東電の一般社員をリストラさせクビを切るより
はるかに良い。

実は、原発に限らずダムや防波堤などぶら下がり
天下り公益法人は省庁の数だけあらゆる分野である。
復興名目で法律を変更し、全部溜め込んでいる金をはき出すようにすれば良い。
これと日銀買取の復興国債でやってみればよい。
放射能が蓄積していく今、時間をかけて経営能力のない専門家と称するものに
聞いている時間はない。
未曾有の災害には、今までの経験など役に立たない。
現政府は、ただの権益省庁の繰り人形になるなら、それで終わりだ。
国民から搾り取ることばかり考えないで、少しは頭を使え。
経営者的発想からすれば、良いことは即とりあえず試す。
自民にも協力者がいるのだから、今度は遅いといわれないように即決断して
法を変更し、そして実行あるのみだ。
それなら、応援するぞ。
by forceyoshi | 2011-04-17 05:48 | 生活