人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

総理が変わって

総理が変わって。

巷では、B級グルメ対決といった民主党「どんぐりの背比べ選挙が終わった。
単独では、海江田だったが過半数取れず上位2位戦で結局野田がなった。
野田は、ノーサイドといい挙党一致を掲げ小沢グループの輿石を幹事長にした。
全くのバタバタ選挙だ。
もともと民主内では主流も非主流もない。ただ当初の原点を大事にしているのは
小沢グループだけだ。失望しか与えないなら、早晩また選挙になるだろう。
それを避けたいなら、発言通りどれだけ国民のために汗をかけるかだ。
まだ、始まったばかりなので、定まった評価はしないが泥臭く一歩一歩
当初のマニフェストができるかと東北、東関東の復興スピードアップと原発対応だ。
もう、隠蔽は許されない。官僚のポチになるのではなく、愚直に開かれた政治を目指し
これ以上国民を失望させないで欲しい。
by forceyoshi | 2011-08-31 02:41 | 政治、ニュース

除染と最終処理

除染と最終処理

政府はやっと除戦の実行過程に入った。
遅すぎるが、何もしないよりましだ。
これで、ある程度は、線量が下がる。
だが、福島原発の3キロ圏内のある地域は、年間508ミリシーベルトと
極めて高い値だ。これは、リンパ球の減少という人間の免疫力を低下させ
がんの発生率が極めて高い状態となる。
従って、除染作業はいかに高濃度を下げるかにかかっている。
チェルノブイリでは25キロ圏内立入禁止だ。
レベル21の事故では、さらに汚染されている。
人間が当分住めない環境なら、住民に告知し政府は責任をもって
より良い住宅を提供する必要がある。
コミュニティとして必要なら、当然ブロックで対処する必要がある。
仕事も、同様な仕事を斡旋する必要がある。
それらを用意して、住民にお願いするしかない。その間、ひたすら除染するしかない。

もう一つ除染の最終処理の問題がある。
今、どこの汚水、汚泥処理場も一時汚染土を保管しているが、既に満杯状態だ。
業者も、運搬したがらない。
これは、政府と東電が処理すべき問題だが、現実にこのままだと限界なので
政府所有の土地に運ばなければならない。
これは、無人島に地中深く埋めるしかないのではないか。
全国分の処理ができるとは思えないが、画期的な薬剤が見つからない限り
河川や地下水を汚染させない方法は他にあまり見当たらない。
原発は人の手に余るということだ。
だが、これは今早急に取り掛かるべき問題だ。
by forceyoshi | 2011-08-25 08:18 | 事件、事故

新政権は、原点に帰れ

新政府は原点に帰れ。

散々自分たちで、小沢を葬り去ろうとマスコミ、官僚総動員して潰そうとしていたが
民主党内では最大派閥のため、最近、選挙の時は趣旨返している無節操さは
菅降ろしの時と同じだ。
国民はもともと、民主政権がマニフェストを実現すると考え政権を取らせた。
だが、蓋を開けてみると公約全てを反故にし、何一つ政権らしきことをせず
原発事故、震災対応においても隠蔽と相変わらず何もしないことで今に至っている。
この政権内の選択の誤りは、そのまま国民生活の不幸に直結している。
小沢グループは、政権時の公約を最大重要事項と考えている。
先の選挙で民主党が負けたのは、公約を軽く見て嘘をつく政権に嫌気が指したからだ。
ねじれ状態は自ら招いたに過ぎない。
国民は、特に原発事故以降の対応の遅さには、呆れ果てている。
民主党のマニフェストは、それ自体決して悪くない。
それを実現しようとする気概と誠実さがあるかないかだ。
政治主導で経済先行でやれば、実現できるはずだ。
取得権益にしがみつこうとする国民の寄生虫は、一掃しろ。
マニフェストト実現に全力を傾ける総理とブレーン、
及びしがらみのない若い実務官僚が組めばできるはずだ。
民主党は政権を取る前の緊張と責務を思い出すべきだ。
現政権の閣僚から、それを期待しても無理な話だ。対局にいるのだから。
今度の政権は、ちゃんと国民との約束を実現しようとし、
復興のスピードを上げるような政権でなければ、国民は許さんだろう。
by forceyoshi | 2011-08-22 05:32 | 政治、ニュース

気温の急変に注意

気温の急変に注意

一昨日まで、うだるような暑さだったが、ゲリラ豪雨の後、10度近くも下がった。
登山だと良く気温が急変するが、平地でこんなことは、過去あまりない。


さて、どうして私が熱中症になったかというと、よく行くチェーン店の古書店の
冷房が全く効いてなかったからだ。というか付けていたとしても、送風だろう。
節電という名の行き過ぎた節約は、客も従業員も体調を悪くする。
特に夜は50%くらいしか使用してないのだから、東電が破綻しないように
売上に協力すべきだ。現に、夜間は使ってくれとCMを打っている。
もちろん皮肉だが。

しばらく本を漁っていたが、急に気分が悪くなりこのままだと確実に視界が
暗くなって倒れてしまうので、車に逃げ込み冷房をかけ事なきを得た。
頭を触ると、熱を持っていた。家についても気分はしばらく悪かった。
熱中症と湿度は、実は関係がある。湿度が高いと同じ気温だと熱中症になりやすい。
取りあえず水分補給し、最近の水で冷えるタオルを巻くのが良い。
首の後ろ、額などに当てるだけでだいぶ違う。
もはや日本の気候は、夏は亜熱帯となりつつある。湿度が高い日は冷房の温度を
調節しよう。一昨日も3人亡くなっている。十分気を付けて欲しい。
予報によると来週前半まで、気温は低いようだから少しは楽になれるだろう。
先週、富士の本栖湖に行ったが、はっきり言って別天地だ。
熱地獄から逃げるには、時間があれば、高原や山に限る。
1日だけでも、リフレッシュできる。
天候が曇っていたかもしれないが、酸素密度と爽やかさが違う。
ここにはオートキャンプ場が隣接しているので、用意があれば快適に過ごせるだろう。
by forceyoshi | 2011-08-20 05:33 | 生活

泊原発再開の訳

泊原発再開の訳

熱中症になった。少し回復してきたのでボチボチ書く。


新聞によると、福島原発事故☢レベル7を認めた4月12日の翌日、13日に経産省と文科省が
原発交付金に対し、規則を全面改訂していることが解った。
普通こういう場合、記者会見するが内容が事故状況とま逆なため、官報告知
しかしなかった。オイオイである。
内容は、新規や増設には480億の32億増額、既存の原発は発電実績をもと算出される。
これは、停止なら金は出さないけど、増設なら出すよと言うことだ。
今だ、福島原発の収束ができず、福島の子供の甲状腺にセシウムが
見つかっている状況に、エネ庁中心にこういうことができる神経を疑う。
菅政府は脱原発を宣言しても内閣官房はじめこれでは、国民に嘘をついていることになる。
こうした国民の生命を脅かしたことで更迭された、経産省次官、松永和夫、
エネ庁、細野哲弘、保安院、寺坂信昭には、早期退職金
各千万が上積みされるとのことだ。だめだろう、これは。
国民感覚とは、ずれまくっている。だから順送りでは意味ないということだ。

で、現在停止中やこれから停止点検で原発稼働率が0になると、3割原発は
なんだったんだということになる。意味無いじゃんということになる。
だから急遽1基でも動いていてくれると、原子力村は助かることになる。

そこで白羽の矢がたったのが、北電の泊原発だ。
九電はやらせ問題で信用は地に落ちた。ついでに経産省安全委員会も地に落ちた。
では、北電と知事の関係だが、新聞によると、北海道知事の高橋は、経産省出身、
資金管理団体の「萌春会」には、北電役員から毎年個人献金が流れている。
「萌春会」の会長は元北電会長の南山英雄だ。腐りきって、べったりではないか。
それだけではない。道幹部が北電や関連会社に天下りをしている。
確か、天下りは閣議決定で、禁止されているはずだが。
だから、原発依存率は4割だ。
ストレステストも、あらたな活断層が見つかったことも無視して、稼働していいのか。
もちろん市民団体は抗議活動を行なった。
当然だ。国民の命を危険にさらして良い訳がない。
by forceyoshi | 2011-08-19 04:53 | 事件、事故

経産省はうまれかわれるか。

経産省は、生まれ変われるか。

経産省関連の3幹部、経産次官、保安院長、それにネット監視を企てたエネ庁長官だ。
原発人災の大きな部分の責任は言うまでもない。
海江田は、後任人事を順送りにしたが、それでは前任者の息がかかっている以上
人心一新とは言えない。
それでは、ほとぼりが冷めた頃、天下るのが関の山だ。
国民がきっちり監視する必要がある。
菅が、経産省に不信感を抱くのは当然だ。

そのへんの経緯は、以下のブログに詳しい。

http://news.livedoor.com/article/detail/5763250/

テレビで勇気をもって発言していた、部下の方がまともだ。
そのほかにも、若い優秀な人間は沢山いるだろう。
私にも、ある会合で知り合った経産省の人間がいたが、いやけが
さしたのか若いのに退職していた。
脱原発にしても自然エネは新しいほど、予算がなく体力のない企業ばかりだ。
それをバックアップするのが、経産省の役目だ。
腐った癒着は、人の心まで腐らせる。それが一連のヤラセだ。
本当の意味で、人心一新ができ若い人間に活躍の場を与えれば、
経産省は生まれ変われるはずだ。
by forceyoshi | 2011-08-07 05:25 | 政治、ニュース

被災地に必要なもの

被災地に必要なもの

先日、久しぶりに横浜在住の友人にあった。友人と言っても
年は私よりかなり上だ。
だが、ニューヨーク支店に長く居たので、基本的に陽気で、なぜかうまが合う。
その彼だが、実家は宮城で自身の津波で、家族をいっぺんに失った。
御遺体は、なかなか見つからず葬儀を終えたのは7月の20日だったとのことだ。
私も、既に両親はいないが家族を失う悲しみは、当事者でなくてはわからない。
いくら心の中の思い出はあっても、実態がない喪失感は、ずっと続く。
で、そこで遭遇したのが相変わらずの役所仕事だということだった。
戸籍謄本ひとつ取るにも、わざわざ他の部署にいかなくてはならない。
今どき、PCを使えばワンストップで、できる。
義援金もまだ支払われていない。
唯一救いは、船舶振興会の日本財団が現金持参で、簡単な手続きで
現金をもらったことだという。
性善説に立てば、多少のリスクよりスピードだ。
今被災地に必要なのは、当座の生活費である現金だ。
義援金を出した、国民は早く被災者の手元にわたることを祈っている。
役所そのものが流されたところもあるが、それは県が代行してやればよい。
今、公債法を野党は政局の材料にしているが、成立の遅れは被災地住民を苦しめるだけだ。
せっかく地震や津波を生き延びたのに、自殺者が増えていることをどう考えるかだ。
まず、被災者の声をよく聞き希望を叶えることから始めるべきだ。
国会議員は、一時的に国民が信託したに過ぎない。
政局の駆け引きはやめて、一刻も早く法案を成立させ原発被災者含め、支援に当てるべきだ
by forceyoshi | 2011-08-06 01:32 | 生活

こめ検査

コメ検査

福島原発は、今だ毎時1万シーベルトという数十分で死亡率100%の箇所が
配管部分で見つかっている。ほかの部分もある可能性が高く、これ以上
作業員を被爆させないためにも、作業箇所の測定強化が必要だ。
食料汚染も、地方自治体が主食であるコメの検査に着手した。
これは、藁を飼料にするケースが多いことも関係している。
収穫時検査は収穫前と収穫後に実施される。
今度は、出回って我々が食べる前に実施される。
少しは、牛肉の教訓から学んだわけだ。
いくら、米離れが進んだとはいえ、年間40から60キロは
食べているわけだから重要だ。
実施自治体は以下のとおり、当然もっと増えるだろう。

青森、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、
新潟、山梨、長野、静岡、京都、兵庫、東京は実施の方向。
by forceyoshi | 2011-08-04 03:08 | 事件、事故

やらせの日常化

昨晩、また大きな地震があった。
今度は駿河湾沖震源で、伊豆や神奈川、長野、山梨など広範囲で揺れた。
こちらも、蛍光灯の揺れはそうとうひどかった。
またかと思った人も多いだろう。

そんな地震だらけの中、ヤラセ問題も、またかの一つだ。
以前、原発事故の際、保安院は東電のスポークスマンでしかないことを指摘した。
それは、監督官庁と原発推進が同じ経産省の管轄だからだ。
既に、2007年まだ自民党政権時にIAEAの問題点指摘を翻訳せずにいた。
その延長線上に、原発誘致市への保安院のヤラセがあるのだ。
つまり、保安院の存在とは、原発稼働の認証追随意外なにものでもない。
まともに検査すれば、地震の際、地盤や海水面以前に配管などがもたないことは
解っていたはずだ。だが、そういう都合の悪いことは、ないことに御用学者共々
してしまった。
だが、自然の猛威の前では、そんな詭弁は通用しない。
広島の20個分の原発事故となる結果を招いた。
今も避難生活を強いられている人、曖昧な自主退避区域の人たち、
東電の人間は、曲がりなりにも謝罪に行った。
だが、推進音頭をとっていた彼らはどうだ。
ヤラセが発覚して、まず謝るべきは原発放射能を浴びた東北都、東京を含む
関東の人たちにだろう。
こういったやらせ日常化を、なくすには全く関係ない市民から無作為に選ぶのが当然だ。
もちろん監督官庁は、内閣府か厚生労働省の方が人の命にかかわるから良いだろう。
最低限のルールさえ守れないなら、もはや組織の意味はない。
by forceyoshi | 2011-08-02 05:14 | 事件、事故