人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

計ってガイガー!

計ってガイガー!

今のところ、今年一番の有用なサイトといって良いだろう。
「計ってガイガー!」 http://hakatte.jp/

政府が国民の血税で2桁億単位で作り、公表を遅らせた、遅いスピーディも
空中で計る役立たずのモニタリングポストも、恣意的に被害を少なく見せる
国民生命をないがしろにした行動のせいで、全て台無しだった。
権力を履き違えている、政府も官僚もメディアも信用できない状況の中
ここにきて市民のボランティアにより、ネットにおける個人のつながりが
有効な活動となって世界中で現れてきた。
逆に言えば、旧態依然の役立たずの制度は、全面見直しが必要だということだ。

リクエストに応じて実際ガイガーカウンターを持っている人が、ボランティアで計り
アップする。当然そのデータは私たちが暮らしている生活圏で重要度は限りなく高い。
しかも日々計測することにより、データは蓄積していく。
それが、安心にもつながるのだ。

福島県のある地域は今でも相当高い。これにどう真摯に対処していくのか
政府の行動力が試されているのだ。
by forceyoshi | 2011-10-11 04:25 | 生活

汚染マップ

汚染マップ

ここにきてやっと、東京、神奈川の放射能汚染マップが発表された。

いまさらという人も多いだろう。いまさらどうしろというのだ。

これによると、奥多摩は10万ベクレルの高い値だ。

おそらくその近辺、東京の水源の奥多摩湖も同様だろう。

その間何も知らされないで、住んでいたことになる。

チェルノブイリは、3万ベクレル以上立ち入り禁止だ。

当時の風の流れ、山の方角などにより同じ地域でも差が出る。

既に、疎開した子供でもサンプル調査で甲状腺に異常がある子供が出てきている。

この子らは、新しい治療法が見つかるまで、一生薬を飲み続けなくてはならない。

人が年を重ねるごとに、リスクが増える生活を強いるのはあまりに酷だ。

愚かな原子力村の人は、この子らにどう責任を取るのだ。

いまさらだが、スピーディの情報を早めに開示していれば、各自の判断で

一時的に避難できたはずだ。

福島、栃木、茨城、群馬などの山間部は除染モ困難なので、自然の雨による

流れに頼るしかない。もちろん、その水は下流に流れ汚染範囲を広げていく。

これを、どう処理するのだ。事故に対処できないのが原発だ。

ストレステストも良いが、まずこの現実にどう対処するのだ。
by forceyoshi | 2011-10-08 04:23 | 事件、事故

物事の順序

物事の順序

物事には順序というものがある。免許も無いのにいきなり路上で
運転するのは危険だ。免許を取ってから運転する。
政府は、20キロ圏内の非難区域を解除したが、除染が先だ。
でないと、安心して子供と暮らせはしない。
先日、代々木公園で6万人規模の大規模な原発反対集会があった。
道路にもあふれるくらいな盛況さだったが、これを報じたメディアは少ない。
だが、ネットでは当然のごとく知れ渡っている。
この、原発対応の怒りは氷山の一角でしかない。
調査機関は、保安院、電力会社、経済産業省のなれあいが、こうした事故を招いたとして
枝野経済産業大臣も厳しく対処するといった。
今後に期待したい。
福島の人を思うなら、この先汚泥処理もできないハイリスクの原発をミックスジュースならぬ
ミックスエネルギーにしようとする神経が全く理解できない。
曖昧なことは止めろというのが、この前の抗議行動だ。
又、電力料金にエネ庁の天下り機関の分が2000億以上、上乗せしたこともわかった。
ことごとく馬鹿にした話しだ。
今後は、厳しく政府管理化で徹底検証して国会の承認を得て
電気料金を決めるべきだ。
今、南相馬では市の住民が自ら危険な除染活動を行っている。
本来なら東電職員と国の行政機関の仕事だ。
これは政府率先してやる仕事だ。
汚泥処理も、前回も書いたとおり自治体のキャパは、いっぱいいっぱいだ。
これも遅れれば遅れるほど、収拾がつかなくなる。
無人島か埋立地か日本列島のどこに持っていくか、早く結論を出すべきだ。
これらすべてと、原発収束がみえてはじめて復興のステップができる。
増税論議もそうだが、まずやるべきことをやるというのが
物事の順序だ。逆はダメだ。
by forceyoshi | 2011-10-01 03:38 | 事件、事故