人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヘタリアか

ヘタリアか

昨日は、知人のHP作成のため、ロケハンで東京の門前仲町に行った。
歴史ある深川不動尊、富岡神社があり、駅にそってアーケード商店街が広がっている。
道路を挟めば、ビルだらけだけど、この一角は昔ながらの風情がある。
生活に必要な店は何でもある。帰りに、渋谷のカフェで打ち合わせをしたが、
いつの間にか、センター街、交番近くの酒屋が海鮮屋になっていた。
渋谷は、やはり変化が早い。
いつも変化している街と、変化しない街。どちらも、人が生活や労働の場、
娯楽の場で過ごすならありだ。

だが、地方のある農村や都市は、人が減っていく。高齢化もそうだが
政治改革を放置すれば、ギリシャやイタリアのようにもなりかねない。
原発事故も、産業空洞化もお手盛り天下りも、政治が無策だからだ。
TPP参加交渉も、野田は「美しい田園風景は守る」といっているが、
この環太平洋の自由貿易交渉は、統一のルールに基づく。
単に関税に留まらず、制度もだ。
具体的に、どう日本の医療制度、農業、水産、畜産などを守るのだ。
野田はダブルスタンダード的手法をしないで
国民に具体的なメリット、デメリットを提示すべきだ。
その上で交渉するなら良いが、さきに参加表明は本末転倒だ。
医療制度は、保険適用を増やし「生命を守る」事を最優先すべきだし、
農業も輸出できるくらい強い農業にするため、タイムテーブルに載せて
計画すべきだ。

AKB48のまゆゆ(渡辺麻友)が、好きなアニメにヘタリアがある。
これは、アメリカ、ドイツ、イギリス、イタリア、日本などを擬人化したゆるいギャグ系
アニメだが、交渉のへたれ具合が、まんまあてはまる。
ヤフーのGYAOで検索すれば、見れるから見てほしい。
あまりに、へたれすぎるじょう鍋では、国民が煮えちまうぞ。
by forceyoshi | 2011-11-19 04:43 | 生活

さゆみんday

先週もさゆみんdayがあったが、今日は、テレビ朝日でゴールデン午後7時から
「黄金伝説、1ヶ月1万円生活」に
さゆみんこと道重さゆみが、出演する。
収録時は、高橋愛卒業スペシャルもあり、多忙中のなか
挑戦していたわけだ。口内炎になり大変ななかでの挑戦。
午後10時からは、ネットのユーストリームで、
「モベキマスってなにっ!?」にメインMCで出演している。
この番組は、ゲストが退場して終わりに見せかけて
「サユストリーム」が始まる。
一人残ったさゆみん、サービス精神旺盛で、ここで本音が炸裂、時間延長も
関係なし。このゆるさは、ネットだからできる。
一昨日は、深夜NHKでAKB48のベストをやっていたが、これも良かった。
「かわいい革命」は確実におきている。

by forceyoshi | 2011-11-17 09:47 | エンタメ

TPPの本質

TPPの本質

TPPとは、自由貿易協定のことで、お互い関税を取っ払って自由に
貿易しようという意味だ。
これ事態は一見、何の問題も無いように見える。
だが、我々は資本主義の世界で生きている。
資本主義では資本力のあるところが勝つようになっている。
だから、保護したいものには高い関税をかけてきた。
輸出産業の場合、関税が取り払われればより安く物が売れる。
現在円高の車、家電、カメラなどの輸出産業はアップアップだから
経団連を通して政府に圧力をかけて、早く参加しろという。
だが、農業などの1次産業は海外から安い農産物が入ると
一気に崩壊するといわれている。
一方アメリカ産などのカルフォルニア米は、育てるのに必要な水が少ないので
生産量が限られているという意見もある。
農業に関していえばJAという巨大組織はあるが、農家自体はほとんどが個人農家で、
フランスや、アメリカのように巨大農場は育っていない。
昔は、米の生産高がその地方の豊かさを現していた。
加賀100万石などは、その例だ。
私は、自身の会社のサイトでも米を扱っているが、日本の米は世界一うまいと思っている。
海外でも米を食べているからこその感想だ。
私は、友人が丹精込めておいしい米を作ろうとしている努力も知っている。
安全性に人一倍気を使っているのを知っている。
まだ日本の米は、減反政策で逆に輸出するほど強くない。
が、中国にコシヒカリを売った実績もある。
サントリーのワインが世界1になったこともある。オンリーワンのものを作れば
十分通用できる要素もあるのだ。、
自由貿易であるからこそ、均等な貿易体制になるまで日本の農業を強くしなくてはならない。
それには、まだぜんぜん準備ができていないのが、日本の現状だ。
隣の韓国では批准しているが、肉などの畜産、農業はもちろん車の基準も大幅な見直しを
要求されている。資本力の大きいところが、常に勝つのが資本主義だからだ。、
既に超党派で、多くの国会議員がTPPに反対している。
最低限の食料を確保しないで、世界的な異常気象や海外の人口増加から国民を守れるのか。
海外から食料輸入がストップしたらどうするのだ。
他のあらゆる物が先物などの投機の材料にされている事実は、より不安定要素があるということだ。
自民の議員がTPPでプラスがあるなら説明せよと言っていたが、当然だ。
プラスとマイナス、各国の状況を判断する材料を国民に出し、それから判断すればよい。
by forceyoshi | 2011-11-09 18:31 | 経済

収束してない!

収束してない!

数日前の、福島の新たな核分裂が起きてる問題。

ダメで安定していたと思ったが、そうでもないらしい。
結局、原子炉下部の高放射能水浸し部分は、核分裂を起こしていた。
ホウ酸注入が、何よりそれを物語っている。
ホウ酸は、最終手段だからだ。これが、再臨海を迎えるかどうかは
その核分裂の規模で決まる。低温安定は、一部でしか過ぎない。
現在、施設周辺の放射能を測定値は、毎時620ミリシーベルト!ということだ。
これでは、作業は順調には行かない。
2号基だけでなく、1号基、3号基も危険と示唆したが、その政府への伝達は
相変わらずの遅さだ。全く国民生命をなんと考えているかだ。
人心一新以外、このとろさは無くならん。
既に国民は、政府や東電の隠蔽にはうんざりで、信用力0だ。

こんな状態なのに、九州では一部稼動させるそうだが、現知事が関与して
生活圏の住民がダメだといっているのに、不快感だけのポーズで放置してしまう政府は
もはや必要なしの烙印を押されてしまう可能性もある。
現状把握と、「国民のために汗を流す」なら、しっかりこの問題に対処する必要がある。
自民時代の負の遺産を引き継いだのなら、過去にさかのぼり、その責任を政府が取らせばよい。

もう一つ、どんどんたまる放射性償却物だが、東北関東の焼却場は、ほぼ満杯だ。
これに対しても、どこか一箇所に埋めるのか、分散して埋めるのか政府が
早急に指示する必要がある。
1地方自治体のキャパには限度があるということだ。
この問題の放置は許されない。
国民の健康に密接に関係があるからだ。
by forceyoshi | 2011-11-06 03:43 | 事件、事故

喪失と再生

喪失と再生

仕事仲間を失って、半月が過ぎた。ガンだった。

放射線治療もむなしくあまりにも若すぎる死だった。覚悟はしていたが、やはりショックだった。

もう10年以上の仕事上での付き合いになる。お互いプライベートの話しは

ほとんどしないが1月に何回か情報のやり取りや、近況などを飲んだりして話した。

現在、定期的に会う、仕事仲間の何人かは彼の紹介だ。

その彼が会社の精密検査でがん告知され、胃の2/3を切除して生還してから7年後の出来事だった。

当時、私は友人の学校理事長を同じくガンで亡くし、相次いで両親も無くした。

その葬儀でも彼は遠路はるばる来てくれた。訃報の知らせを聞いたとき私は風邪でダウンしていたが

今度は私が遠路車で、通夜に何とか行った。

人を亡くすということは、残ったものには絶え間ない喪失感を与える。

会いたくても会えないからだ。こういう経験が無い「いつも前向きで」はつくづく嘘臭い。

たちどまったり、後ろを向いたりしても「生きる」方向を失わなければよい。

そうすれば、大切な人は思いでのなかでは、生きている。

残ったものが思い出を胸に生きれば、記憶という場所で生きている。

そう思うことにしている。
by forceyoshi | 2011-11-05 02:26 | 生活