人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

車の未来は明るい

車の未来は明るい

すっかり白物家電化した車だが、最近になって俄然新しい次元になってきた。
一つは、電気自動車の実用化だ。
家庭の電源で走る電気自動車は、CO2も出ない。
基本モーター駆動だから構成部品も少ない。
これから電池の小型化と、コンビニなどで電気供給できれば、航続距離も
相当伸びるだろう。
日産と三菱が先行しているが、トヨタ、ホンダも黙ってないだろう。
相当コストダウンした、より良いものができるだろう。
しかも、家庭で太陽パネルから充電し、高効率のソーラーカーと組み合わせれば、
電気の自給自足ができる。
日産リーフが目指しているのは、こうしたスマートグリットだ。
もう一つは、レーダー機能を使った衝突回避機能だ。
これは、スバルやベンツなども量産車で採用しだした。
トヨタは、もっと先に行って自動運転が実験で実現できている。
リモコンや携帯で呼べば、迎えに来るなんぞペット以上に愛着がわきそうだ。
これからの高齢化社会で逆走など、勘違いする老人ドライバーを見据えてのことだろう。
コンピュータも壊れるので、もちろん手動で今までどおり操作できることは
残すだろうが。
自動車には繰る楽しみがあるから、これは、絶対残しておかないとだめだ。

で、高速などで事故を誘発するトップは、トラックだ。
しかも質量が大きいから、大惨事になる。
以上の技術は、まずトラックやバスで実用化してもらいたい。
ただ今後の課題は、不要なわけの解らん自動車税の全廃と車検の廃止だ。
これが購入者にとって非常に負担となっている。
車を使わなくても、日々税金がかかっているなんて国際的に見ても前時代的だ。
これでは、いくら良い技術が生まれても、購買意欲をそぐ。
資本主義社会は、しょせん消費してなんぼの世界だ。
合理的な経済観念の若い世代には、いらねえやということにもなる。
これはTPPがらみになるが、アメリカ並みにすればよい。
もはや、白物家電同様なのだから、買ったらすぐ乗って帰りたいだろう。
トヨタの社長が、空洞化を防ぐにはそれなりの国の支援が必要だといっていたが
全く新しい技術や制御で車を進化させるには、それも必要だろう。
大手メーカーは、今やどこでも車を生産できる体制にあるのだから。
近い将来、音声認識でロボットのように賢く考える車ができるだろう。
声をかければ、よってきて目的地も声で認識する。
車の不具合は車のAIが自己診断して、修理工場やメーカーにデータが転送される。
そんな時代は意外と早い気がする。
by forceyoshi | 2011-12-18 05:35 | 生活

原発事故の今

原発事故の今

どうも、原子力村と政府は相変わらず事態の深刻さを、見て見ないフリしているようだ。
「冷温停止状態」などとわけのわからん造語を作っているが、「状態」とは
現状の状態が、下はメルトダウン進行中だけど、とりあえず炉は、低温だよ。って
過小に自分たちが評価しているに過ぎない。
水素爆発時、多くの人を屋内避難させてれば、外部被曝は防げたはずだ。
だが、彼らは事態を歪曲過小評価し、うそをついて国民の命を危険にさらした。

本当は、かろうじて原子炉内が低温状態であるに過ぎない。
建屋からは、汚染水は染み出しているし、例え宣言したところで、安全とは程遠い。

メルトダウン3基で、今もコンクリートを溶かし進行中、地下建屋の高濃度汚染水は
人が入るのは現時点では、不可能だ。
そこのどこが、安全だといえる。いえんだろう。
しかも、最近になって、ホウ酸注入、窒素注入を行っている。
ホウ酸は、原子炉事態がふっとばないための、最終手段だ。
窒素も、水素量を抑えるための手段だ。

先日、東京杉並区で養生シートに9万ベクレルという、とんでもない数値の
セシウムが見つかったが、いまだに山林とかは高い放射線量だと思ったほうが良い。
それと、山林の放射性物質は、川となり、最終的に海に注ぐ。
当然、海にもホットスポットがあり、貝や海底に生息する魚を、汚染することになる。
下水処理場にたまった償却汚染物質も、限界キャパだ。

これらを解決するには容易ではない。なんせ、想定してないのだから。
だから現実を見れば本当の収束なんか、そう簡単にできるかわからんのだ。
by forceyoshi | 2011-12-17 01:35 | 事件、事故

契約違反と消費税

契約違反と消費税

全く久しぶりの更新だ。リア充ではないが、WEBの仕事と頼まれごとが、重なり多忙だ。

昨日は、私が紹介した仕事に取り組んでいた、癌で亡くなった知人の引継ぎ業者の

接待で飯田橋のとある大学の倶楽部で飲んだ。

そこで役所特有のかばい合い体質も話題になった。問題がおきるとその担当をはずすが

本質はなんら変わらない。

橋下が大阪維新の会で、市長選に出て圧勝したが、これは規制のシステムへの警告だ。

日本国の経済活動と社会活動を著しく阻害している、いわば癌のような二重、三重の

無駄な行政体制が1,000兆の赤字を生み出しているからだ。

一昨日、民主党の小沢が「消費税を上げないといっていたのに契約違反だ」といっているのは

政府や国の行政が橋下のような具体的にシステム再構築を、試みないからだ。

言ったことは守る。それで当選したことを忘れているようでは、ダメだ。

国民の中に入って泥臭くどころか、官僚のポチでは信用されない。

大方の民主党員も納得しないだろう。

有識者会議も消費税上げのアリバイだといわれるのは、行政管理費を削らないからだ。

国会議員と官僚のの定数と収入削減、年金含む官民格差の解消なくして、

国民が納得するはずは無い。

野田政権は自分の考えより、国民生活を良くするにはどうしたらよいかを、具体的に実行しろ。
by forceyoshi | 2011-12-15 04:04 | 生活